関西のグルメを呑み食べ尽くし!

私は大の炭酸飲料好き。
小さい頃から、コーラは大好物でしたし、
ジンジャーエールを一番最初に飲んだ時には、
こんな美味しいジュースがあったんかって思ったくらいです。
なので、大人になってからもビールはまあ基本ですし、
スパークリングワイン系も大好き。
で、スーパーでこんなのを見つけました。

ピエトロ ランブルスコ ロッソ[PIETRO LAMBRUSCO EMILIA](赤ワイン・弱発泡・イタリア)

なんと値段は500円台!!
弱発泡性の中甘口ワインです。
こりゃジュースっぽく飲めるし、アルコール入ってるから酔える。
その日の晩酌のメインとして購入、「ピエトロ ランブルスコ ロッソ」です。

まずは私定番の閉店間際見切り品、刺身盛り合わせ。
ピエトロ ランブルスコ ロッソ[PIETRO LAMBRUSCO EMILIA](赤ワイン・弱発泡・イタリア)

480円のが半額の240円。
これでまぐろ、鯛、サーモン、イカの4種でこの値段ですからね。

揚げだし豆腐。
ピエトロ ランブルスコ ロッソ[PIETRO LAMBRUSCO EMILIA](赤ワイン・弱発泡・イタリア)

私、豆腐系大好きですが、揚げだし豆腐はこういう酒のアテには一番ええな。

チーズ巻フライ。
ピエトロ ランブルスコ ロッソ[PIETRO LAMBRUSCO EMILIA](赤ワイン・弱発泡・イタリア)

スーパーの惣菜ですから、まあこんなもんでしょう。

で、今回の弱発泡赤ワイン。
ピエトロ ランブルスコ ロッソ[PIETRO LAMBRUSCO EMILIA](赤ワイン・弱発泡・イタリア)

アルコール度数は7.5%とちょっと低めです。
飲んでもさっぱりした甘口ですっごく飲みやすい。
ただ、逆に言うと、水臭さを感じますね。

渋味がないので、赤ワインが苦手な方でも安心して楽しめます。
これは相当冷やして飲みましたが、そうした方が正解。
もしぬるければ、非常にボケた味わいに感じると思います。

これでもし、1000円近くすれば結構厳しい評価になったと思いますが、
500円ちょっとですから、全く文句はないです。
お酒が苦手な方でも飲みやすいタイプなので、そういう方におススメですね。

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
ビールを飲んだあとの週末家呑みでよく登場するのがワイン。
焼酎とか買ってもいいんだが、どうしてもその味ばっかりになりますよね。
それがワインなら、毎回、違った銘柄を選ぶのが楽しい♪
1000円以内の予算でも、いろんなスーパーに行けば、
相当な種類がチョイスできます。
今回もそういう観点から選んだワインです。
イタリアの白ワイン、パスクア ビアンコ・デル・ヴェネトです。

パスクア ビアンコ・デル・ヴェネト[PASQUA BIANCO del VENETO] 2010(白ワイン・イタリア)

スーパーでの購入価格、700円台でした。
ポイントしては、やや辛口、白はドライ辛口好きなんでこちらチョイス。

まずはブリの刺身。
パスクア ビアンコ・デル・ヴェネト[PASQUA BIANCO del VENETO] 2010(白ワイン・イタリア)

魚の刺身では一番好きかも(^^)
あ、トロも好きだけど、高くてあんまり食えないからね。
はい、脂いっぱいが大好きです。

その後は丼もので。
パスクア ビアンコ・デル・ヴェネト[PASQUA BIANCO del VENETO] 2010(白ワイン・イタリア)

めっちゃ手抜き。
これも刻み穴子をご飯にのっけて、山葵醤油で和えたもの。
最近、忙し過ぎて、まともに料理してへんねんな~

さて、今回のワイン。
パスクア ビアンコ・デル・ヴェネト[PASQUA BIANCO del VENETO] 2010(白ワイン・イタリア)

バランス良くまろやかな味わい。
このタイプはよく飲む白ワインなんやけど、これはええね~
値段考えるとかなり頑張ってると思います。

こういうワイン呑むと、
外でイタリアン系のバルで飲むのがバカらしくなります。
今後もワインは家でよく飲みますので、登場しますよ(^^)

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
本日は先日の阪神ワイン祭りで購入したワインです。
私はウィスキー系の洋酒は苦手だが、
あとはなんでも美味しくいただけます。
料理も本日は洋風に合わせました。
そんな晩酌の一コマです。

ナターレ ・ヴェルガ モスカート スプマンテ 白 甘口 8%(イタリア・スパークリングワイン)

買ったスパークリングはなんと私には珍しい甘口。
普段はドライ系の辛口を好むのだが、
この日はねっとりと甘口タイプを舌が新鮮に感じてました。
ナターレ ・ヴェルガ モスカート スプマンテを購入。
お値段はなんと!840円の破格値購入です。

まずはこの日はこんなのより。
ナターレ ・ヴェルガ モスカート スプマンテ 白 甘口 8%(イタリア・スパークリングワイン)

ホタテとブロッコリーのサラダ仕立て。
前菜としてはこんなのが適当。

そしてメインはピザ。
ナターレ ・ヴェルガ モスカート スプマンテ 白 甘口 8%(イタリア・スパークリングワイン)

下の土台生地のみ購入してきて、
上のトッピングは独自で組み上げる。
舞茸、ブラックオリーブなど野菜中心のピザである。

そしてシーフードパエリア。
ナターレ ・ヴェルガ モスカート スプマンテ 白 甘口 8%(イタリア・スパークリングワイン)

これ、簡単にフライパンでできるのが、
酒とアテのデパート「やまや」で売ってました。
値段は350円くらいやったと思います。
大阪梅田「やまや」堂島プラザ店の記事はこちら!

これがね~なかなかインスタントタイプには思えない。
ナターレ ・ヴェルガ モスカート スプマンテ 白 甘口 8%(イタリア・スパークリングワイン)

ちょっとピラフっぽいんだけれども、
シーフードの風味がよくついています。

で、今回のスパークリングワイン。
ナターレ ・ヴェルガ モスカート スプマンテ 白 甘口 8%(イタリア・スパークリングワイン)

マスカットの香りが感じられ泡立ちはクリーミー。
最初、まったりした甘口の口当たりなんだけれども、
後味がすっきりしているんですよね。
アルコール度数8%で、非常に飲みやすい。

このお値段からすると、非常に美味しい。
倍の値段くらいはするだろうってお味です。
私の持論だが、ワインはこの800円台前後に、
掘り出し物がごろごろ転がっていると思いますね。
今日もええ感じに酔っ払うことができました。

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン