関西のグルメを呑み食べ尽くし!

阪神百貨店ワイン祭りに行くと、
無料試飲ももちろんのことだが、
安い掘り出し物のワインが大量に売られています。
イタリアンやフレンチ系の飲食店舗の方々が、
籠を2つ3つ使って、何十本も買って帰る姿もありますね。
そんな中で売られていた激安イタリア産赤ワイン。
こちらを今回ご紹介します。
レ・アルターネ[Sangiovese Del Rubicone Le Altane]です。

レ・アルターネ[Sangiovese Del Rubicone Le Altane](イタリア・赤ワイン)

1本のお値段は、なんと546円!!

レ・アルターネ[Sangiovese Del Rubicone Le Altane](イタリア・赤ワイン)

この激安お値段でフルボディのコクのある美味しさと書かれていたので、
購入を決意いたしました。

その日はこんなのから始めました。
レ・アルターネ[Sangiovese Del Rubicone Le Altane](イタリア・赤ワイン)

サーモンのカルパッチョ。
カルパッチョソースは大量に作って、
冷蔵庫に眠らせているので、簡単お手軽です。

そして菜の花の辛子和え。
レ・アルターネ[Sangiovese Del Rubicone Le Altane](イタリア・赤ワイン)

和食のもんですけど、これってイタリアン系の味とも言えるでしょう。

そして鉄板焼き。
レ・アルターネ[Sangiovese Del Rubicone Le Altane](イタリア・赤ワイン)

サーモンと牡蠣をジャッ!と焼き上げます。

メインはピザ。
レ・アルターネ[Sangiovese Del Rubicone Le Altane](イタリア・赤ワイン)

下の生地だけスーパーで購入し、トッピングは自家製。
野菜メインにハーフ&ハーフにしてみました。
半分はトマト主体にソーセージなどを加えたの、
もう片方は、オニオン主体に、アンチョビなど海鮮を加えたものです。

さて、今回の赤ワインですけど、
まず、品種はイタリアでは主流となっている「サンジョヴェーゼ」です。
これを充分に熟成させたフルボディで、スパイシー感もあり最高♪
とんでもないCP値のワインです。
渋みのある赤ワインは好みでないので、これは自身によく合いますね。

ただ、あまり、日本市場には出回っていない品です。
楽天でもお取り寄せできないかと散々探しましたが見つからず。

また次回の阪神ワイン祭りで、同じような値段で、
同じような掘り出しものを購入してみますね。

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
今日は心斎橋でのお買い物。
その買い物もようやく一段落、ちょっと休憩したいな。
って時にみなさん、どういう店に入りますか?
ファーストフード店がやはり一番多い意見だと思います。
けど、私は酒飲み・・・そんな私にぴったりのお店を見つけてたんですね。
ワイン酒屋 mista[ミスタ]にやってきました。

ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

店内のテイスティングマシン、エノマティック。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

以前にカードは作ったので、今回は1000円分チャージしときます。
あとは、このマシンにカードを差し込んで、グラスに自分でセルフで注ぎます。

簡単なイタリアンのアテもあります。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

これらは店頭でも販売しているもので、それを使っています。
基本、切ったり、レンジでチンする程度のもんですね。

では、まず白ワインからいきましょうか。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

マルクテンペ・アリアンス。

こんな説明書きが各ワイン載せております。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

量は、30ml、60ml、90mlでテイスティング可能。
値段は正比例で倍々となっていきます。
これは30mlで150円ってなお値段。

これがその30mlの量です。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

スタッフおすすめとあったので、これにしてみました。
慎重に飲まないと私なら1秒で空けちゃいますね。
で味ですが、きりっとした辛口を感じます。
しかし、ちょっと口の中に渋みが残りますね。

2杯目いきましょう。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

トリエンヌ・ヴァン・ド・ペイ・デュ・ヴァール・レ・ゾーレリアン2007。
こちらもフランスのワイン。

説明書き、30mlで100円の白ワインです。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

飲んでみて、あ、1杯目よりも味が単調・・・
値段的にはフルボトル300円しか違わないのに味の違いは顕著。
この値段差ならば、絶対1杯目の方を買います。

3杯目はちょっといいのにグレードアップしましょう。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

ドメーヌ・フジュレイ・ド・ボークレール、こちらもフランスワイン。

説明書き、30mlで200円のワインです。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

これが大ヒット!その豊かな香りと、芳醇な味が口の中に拡がる。
これがボトル2500円切っていれば、迷わず家用に即買いしておりました。

さーて赤ワインに移りましょう。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

ザ・フィクス・シラー。

説明書き、一番安い30ml50円のワインです。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

スタッフおすすめでしたので飲んでみる。
うん、スパイシーな味わいはもう1ランク上のワインにも負けていません。
しかし、どうにも渋い・・・後味がちょっと悪いですね。

もう1ランク上げましょう。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

カルチェロ・D.O・フミーリャ。

説明書き、30ml100円のイタリアワイン。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

もひとつ、カルピネート・ドガヨーロ。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

これも30ml、100円のイタリアワイン。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

このあたりの味はあまり記憶にありませんね(^^;)

最後にちょっとええので〆ましょう。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

シエラ・カンタブリア レセルバ [2004]。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

30mlで300円と今回飲んだ中では高値です。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

まあ、この値段違いですから、その前に飲んだ3杯と味が違って当然。
このワインに使われているテンプラニーリョ種は、
スパイシーさがあって好みなんですけど、重厚感ありますね。
ただ普段使いとしては高過ぎますね

1000円でこれだけ堪能いたしました。
まあ、私にとってはどれも口を湿らす程度の量ですけど、
ワインに全く詳しくない私でも、結構楽しめます。
いつかは30ml2000円のシャトー・ムートンを味わってみたいな(^^)

住所:大阪市中央区東心斎橋2-5-27
電話:06-6211-3923
営業時間:14:00~23:00
定休日:日曜・祝日
↓お勧めリンク↓

旨安ワイン総集編絶対的本物の旨安ワイン極めつけのおすすめ30本
山梨で1泊する旅行に行ってきました。
山梨で飲むアルコールと言えば?
やはりワインを置いて、他にはありえんでしょう。
私は基本、アルコールで飲めないもんはありません。
中でもワインはどの料理でも合わせることができるので、好きですね。
そんな山梨、甲州ワインを1本購入して帰りました。
「シトラス セント[Citrus Scent] 甲州 2009」です。

シトラス セント[Citrus Scent] 甲州 2009(山梨甲府)白ワイン

やや辛口で地元、自園産ノンボルドー甲州種を使用しています。
シトラス セント[Citrus Scent] 甲州 2009(山梨甲府)白ワイン

アルコール分12%で、地元のスーパーで1500円程度やったかな?
限定5500本で生産されたワインです。

それに合わせた料理はやはりイタリアン。
シトラス セント[Citrus Scent] 甲州 2009(山梨甲府)白ワイン

タコのカルパッチョを作成。
カルパッチョソースも最近、作るのに慣れてきました。
これ一つ作ることができたら、いろんなイタリアン作るのに応用できます。
今回も刺身で食える蛸ブツと、ベビーリーフを購入してきました。
サーモンや鯛、まぐろ、牛肉たたきと刺身を変化させることで、
カルパッチョは色々できるから簡単♪

もうひとつもホント、簡単に。
シトラス セント[Citrus Scent] 甲州 2009(山梨甲府)白ワイン

パスタを湯がいて、ピエトロのレトルトパスタソースを利用。
絶望スパゲティ~鰯と香味野菜のペペロンチーノ風。
なんかすごい名前ついてますね(^^;)
どんなに絶望していても、ぺろりと食べることができる美味しさなんだとか。

こちらも食べてみる・・・うーんなんでレトルトってこうもまあ、
シャキっと感がないんでしょうか。
どうも味がボケてしまっているんですね。
昔、よく、オイルサーディン使って、パスタ作ったんですけど、
その方がよっぽど旨い。また作ろうっと!

で、今回の白ワインですけど、まず非常に香りがええんです。
ホワーンと拡がる甘い柑橘系の香り。
果汁を酸化させないように無酸素状態で搾汁しているんだそうな、納得。
かといって、甘口のワインて訳ではなく、シャキっと清涼感のある辛口に仕上がってます。
非常に完成度の高いワインです。

パスタソースは自分で作るのが一番旨い!!
しかし、ピエトロのレトルトパスタソースは今回ヒントをくれました。
オイルサーディンと蟹味噌を使うことで、美味しい海鮮パスタを作れそうです(^^)
今度チャレンジしてみます。

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン