関西のグルメを呑み食べ尽くし!

元々、ウィスキーが苦手な私(過去、悪酔いの原因はほとんどがウィスキー)。
ですけど、ここ何年かのサントリーの戦略で、
ハイボールなんて飲み物がメジャーになりましたよね。
ビールの後に酎ハイってな順序が多かったことが多い私ですが、
この酎ハイにハイボールがとって変わられることが多くなりました。
炭酸系が大好きな私なんで、ウィスキー水割りよりも遙かに飲みやすい。
それに酎ハイよりも、酔いの廻りが早いですしね。

ただ、スーパーで缶で売ってるのって、
100円程度の酎ハイと比べて少し高くないですか。
トリスのハイボールでも大概150円弱してますよね。
しかし、びっくりするような値段のハイボールを見かけました。

神戸居留地 HighBall ハイボール(富永貿易)

お値段は89円!!
うぉ!80円台でハイボール飲めるん?
ってことでお試し購入でーす。
富永貿易が出している、「神戸居留地 HighBall ハイボール」です。

この「神戸居留地」ブランドって、私自身が神戸で生まれ育ったもんですから、
よく自動販売機で見かけること多かったですよ。
今では100円ジュースの自販機も多くなりましたが、
昔から50円~90円のコーラやコーヒー、お茶を売っておりました。
しかし、こんなアルコールドリンクを作っているなんて、お初に知りました。

この日の晩酌はこんなので開始。
神戸居留地 HighBall ハイボール(富永貿易)

鶏チリソース、スーパーの見切り半額品です。
実は海老チリソースと勘違いして購入したんですけどね(^^;)
食べるまで分からず、なんか変な形の海老やなあ~って思ってました。
食べてすぐに、食感で鶏肉混じっているやん!騙された!!って、
パッケージの商品名を見ると、ちゃんと鶏チリソースって書いてました・・・

そして、現在、めったに口にすることがない大好物高級品。
神戸居留地 HighBall ハイボール(富永貿易)

国産の鰻をいただきましたので、鰻丼に。
家で食べる鰻丼は、スーパー特売の中国産で充分な私なんですけど、
昔は一尾500円切っていたのが、今じゃ1000円軽く超えますもんね。
半年以上、鰻丼なんて食べたことなかったです。

さすがに国産鰻は旨いよな~
神戸居留地 HighBall ハイボール(富永貿易)

香ばしい焼き風味に、ふっくらした身の食感が舌の上で踊ります。
家では丼ご飯がお手軽でよくやる私なんですけど、
鰻は高騰するまでは、1ヶ月に1回以上はこうやって食べていたのですが、
今後、こういう機会はなかなか巡って来ないでしょう。

あ、関係ない話が続き過ぎましたね。
神戸居留地 HighBall ハイボール(富永貿易)

この安いハイボールですけど、サントリーの角やトリスと比べて甘い。
糖類の添加が多いのかな?熟成させたウィスキーの甘さではないと思います。
ただ、あまりウィスキー本来の味が好みではない私には、このくらいがちょうどいい。

確かにウィスキーの味はするし、この値段やし、
アルコール度数もきっちり7%あるので、私には満足できる品です。
しかし、本来ウィスキー好きな方が飲むと、なんじゃこれ?って思うでしょうね。

↓お勧めリンク↓

おつまみハイボール亭 [きじまりゅうた]
日本酒大好きなわたくし(^^)
しかし、よく立ち飲みで逆さになって置いているようなクラス、
添加アルコールたっぷりの日本酒は好きではない。
ただ、1、2杯は飲んじゃいますけどね。
しかし、せめて、醸造アルコールが混じってない純米クラス以上がええです。

そんな中、こういうのを見つけた。
ワンカップ オーゼキ ハイボール(大関株式会社)

涼しげなデザイン。
ワンカップの大関は有名ですね。
そのワンカップの中でも純米クラスをハイボールにしているのだ。
激安リカーショップで150円切っていたので購入。
ワンカップ オーゼキ ハイボールです。

こういうのに合わせるのは、当然和食。
ワンカップ オーゼキ ハイボール(大関株式会社)

この日は海鮮と豚肉の水炊き鍋にしました。
鱈や海老、ホタテなども加えますが、
この日安かったのは鮭の白子。
珍味大好きな私ですので、思わず購入。

で、鍋はしっかり野菜もとれるのがいい。
ワンカップ オーゼキ ハイボール(大関株式会社)

特にキノコ類(えのき、シイタケ)とポンズの相性は最高です。

今回の鍋の主役。
ワンカップ オーゼキ ハイボール(大関株式会社)

鮭の白子は、さすがに鱈の白子のようなプリプリ感もないし、
河豚の白子のような濃厚さもないです。
すっごくのっぺり、あっさりって印象。
あまりたくさん食べると、飽きがきてしまいますね。

で、今回の「ワンカップ オーゼキ ハイボール」。
ワンカップ オーゼキ ハイボール(大関株式会社)

その純米酒は15%使用。
アルコール度数も7%と、こういう酎ハイ缶系ではお高め。
飲んでみると、これホントに日本酒ベース?って思えるくらいにすっきり。
はっきり言って、グラスに移して、濃いめの酎ハイやでって渡しても、
日本酒が混じっているって気づく方は少ないのでは?
日本酒ハイボールとしてではなく、濃いめの炭酸アルコール飲料と考えたら、
なかなかよく出来ていて、美味しいと私は思いますよ。

私はいつもこういうアルコール缶飲料を買う時にアルコール度数を気にするが、
その点、7%は全く申し分ありません。
ビールの合間に挟んだら、ちょうどええ感じに酔えますね(^^)

↓今回購入の品↓

大関 ワンカップ (ハイボール) 350ml缶 1ケース24本入り
ふっと電車の吊り広告を眺めていると気になる広告が。
まあ、世の中、サントリーの戦略で、ハイボールが大人気。
角ハイボールぐらいでしたら飲みやすくてよかったんですけど、
それより安い陳腐なウィスキーである「トリス」になると、
味的に、ウィスキーの誉れ高い香りもなんもあったもんやないです。
そんな中、キリンビールがこんなの出していました。
コンビニにほとんどいかない私は全く知らなかった。
コンビニ限定で出しています「I.W.ハーパー ハイボール」です。

I.W.ハーパー ハイボール(キリンビール)

まず、この缶のデザインがええですね。
ゴールドの煌びやかさがこの商品のコンセプトにぴったり。
お値段も少しお高く、198円しました。

アメリカンなバーボンのアテですから、こんなの。
I.W.ハーパー ハイボール(キリンビール)

ケンタッキーフライドチキン。
ケンタッキー州で生まれたバーボンですもんね。
これほど合うアテは他にあらへんでしょ。

その後は、ちょっと濃厚な鍋に。
I.W.ハーパー ハイボール(キリンビール)

冬場は鍋が多くなりますが、このハイボールに合うかな?
レタスが入るのがこの鍋の特徴。

調味料にはこんなのを使います。
I.W.ハーパー ハイボール(キリンビール)

沖縄「島ラー油」、激辛ハバネロ入りです。

その正体は?
I.W.ハーパー ハイボール(キリンビール)

餃子鍋を作成しました。
勿論、餃子は手作りで作成して冷凍してたのです。
中の餡のジューシーさが今回のハイボールに合いますね。
肉系の料理とは合います。

ただし。。。
I.W.ハーパー ハイボール(キリンビール)

雑炊を最後に作成しましたが、これとは完全なミスマッチ。

I.W.ハーパー ハイボールの味ですけど、
まず、口に含んで、その後味がサントリーの角、トリスと全く違います。
ふわんとええ香りが口の中に残るって感じ。
缶のトリスハイボールで140円台ぐらいでしょうか、
50円差でこの味の差ならば、絶対こっちですね。

ってことで、気に入りましたので、姉妹品であるこちらも購入しました。
「フォアローゼズ ハイボール」の記事はこちら!

↓お勧めリンク↓

缶つまデラックス