関西のグルメを呑み食べ尽くし!

この日はよく飲む同行者と難波で一緒でした。
1軒目でも結構飲んでいるんですが、まだまだ飲むぞって様子。

2軒目でさらに飲み放題の店にいくのもあれやし、
ならばドリンクがとんでもなく安い店がいい。
となるとまずここのお店が浮かびましたね。
はい、ビール100円の店、「肝どん」です。

肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

夕方17時やけど、店内を覗くも既に満杯状態。
軒先の立ち飲みスペースから始めます。
(雨交じりの天気でしたが、小雨でしたんでなんとかしのげました)

ドリンクメニュー。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

はい、決まってここでは100円ビールでしょ~

付きだし。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

安い店なんやけど、これが余計よな。
こんな枝豆いらない。

アテメニュー。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

もう1枚。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

炭火焼きの焼き鳥、焼きとんが主流のお店ですが、
沖縄資本の会社なんで、沖縄料理も揃っています。
しかし、沖縄の居酒屋って安い店多いよね。
いずれロングステイして、あちこち巡ってみたい。

これなんやったやろ、名前忘れた。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

鶏肉と大根を煮込んだもの。
居酒屋くると煮込み系を頼む率が私、高いですね。

で、ビールがばがば飲んでると店員さんがやってきた。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

「もう一品頼んで下さい」ですと。
あ、1人1品しばりね。このまま帰られると店も赤字やと思ったんでしょうな。
鶏天ぷら(350円)を頼みました。

そんで他にもお得そうなものを発見。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

この店すごいのは、ビールだけが100円やないんですよ。
他のドリンクも100円メニューが結構あるんです。
ウィスキー、泡盛、酎ハイも100円で飲めます。
ビールも飽きてきてたんでちょうどよかった。

そして昇格。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

店内の席が空くと、店外立ち呑み→店内立ち呑み→そして座りカウンターと、
どんどん空いてるところに移動させてくれるのも、この店のええところ。

しゃべっているうちに、かなり時間過ぎました。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

お腹もじわじわ減ってきてたんで、もう一品。
タコスピザ(450円)にしました。

まあアテの旨さには期待できないけど、
それを補うドリンク値段は、相当魅力的。
難波にて飲み相手が底なしならば、また利用するお店ですね。
(念のため書いておきますが、値段表記は全て税別です)

住所:大阪市中央区難波千日前15-8
電話:06-6636-5501
営業時間:16:00~24:00(金・土・祭日前は翌2時まで営業)
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

せんべろ探偵が行く
天満の商店街沿いに100円ビールの看板が非常に目立ちますね。
串カツの店「七福神」です。

shitifukujin00.jpg

まず、100円ビールの正体ですが・・・
最初の1杯目だけが100円です、以降は350円ってのが通常値段。

メニューです。
shitifukujin01.jpg

shitifukujin02.jpg

串の値段は、100円、150円が中心なんで、ごく普通でしょうか。

さて、100円ビール♪
shitifukujin03.jpg

バックには、2度漬け厳禁のソースとサービスのキャベツが
写っていますが、しっかりしたジョッキのプレミアムモルツです。
これは100円では、完全に赤字でしょうな。

こちらは「穴子」と「きす」、両方とも100円です。
shitifukujin04.jpg

ちょっと小さいですね。
けど両方とも白身の魚ですから、あっさりしていて、
あっさりソースの味わいが濃厚に感じられて、美味でした。

そして「紅しょうが」と「れんこん」、こちらも各100円です。
shitifukujin05.jpg

紅生姜は大好物なので、もちろん、れんこん・・・これは大きかった。
ドボドボ、ソースにつけて喰らうとこれは美味しい。

この店の魅力は、やはり100円ビールなので、
このビール1杯、串3本くらい、15分ほどで退散しましょう。
100円串3本ですと、400円で飲み食いできますからね。
これは大きな魅力ですよ。
あと待ち客が結構いますから、早々の退散は必ずしてくださいね。

住所:大阪市北区天神橋5-7-29
電話:06-6358-3311
営業時間:13:00~23:00 土日祝11:00~23:00
定休日 月曜 ※祝日の場合は翌日