関西のグルメを呑み食べ尽くし!

大阪昼酒はしご2軒目。
1軒目はこちら針中野で寿司を食いました。

ちょっと抑えめにドリンクは飲んだので、
こっからピッチを上げていきます。
それにはアテが安くて美味しい店がええ。
ってことで針中野にいましたので、駒川中野までてくてく北上。
テイクアウト、立ち飲みのホルモン屋さん、「駒川ホルモン」にやって来ました。

駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

以前にテイクアウトはしたことありますが、店内で食べるのは初めて。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

10人は横並びで立てそうなカウンターがあります。
またお昼13時からやっているので、昼酒にも最適。

ドリンクメニュー。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

まあホルモンでは生ビール(350円)でしょう(^^)
ただ、こちらのお店、非常にドリンクの揃え方素晴らしいですね。
焼酎も魔王(600円)を始め、レアもん揃えているし、
日本酒も地酒が500円程度で、いくつか黒板に書いている。
ワインもフルボトル2000円~十何種類くらいありました。

料理メニュー。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

って言ってもシンプル。
豚のホルモン串のみです。
あ、ホルモン焼きそばも平日限定であるとは書いていましたけどね。
1本は60円~

まだまだビール飲めますぞ。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

生中(350円)を頼み、ホルモンを待ちます。

まずはアブラ(60円)。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

その名の通り、脂身のようなのっぺりとした食感。

基本のホルモン(60円)。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

こっちの方が味はありますね。

その日のサービス品、ガツミノ(60円)。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

コリコリっとした味わいが今回食べた中でナンバー1ですね。

もう1杯飲みましょう。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

気分転換に、トマト酎ハイ(300円)があったのでそれに。
しかし、氷たっぷりなんで、実際の量が少ないな・・・
さらにレモン酎ハイ(300円)も追加しました。

最後にキモ(60円)。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

もうちょいレア気味ならばなお可ですが、今の時代、ムリかな。

大阪はこういう店頭での鉄板焼き、
テイクアウトと立ち飲みのホルモン屋さん多いけど、
中でも、酒を充実させているし、串の値段も手頃なんで、
こちらの駒川中野をはしごの1角に加えるならば、
利用価値は非常に高いと思います。

またこちらのブログに戻り、明日続けます。

住所:大阪市東住吉区針中野1-4-3
電話:06-6700-2912
営業時間:13:00~22:00
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

せんべろ探偵が行く
大阪新世界、萩之茶屋近辺、昼呑みはしご酒。
その前の店で、この近辺のホルモンについて話題が出ました。
で、私が思っている、この地域での味付けで、
旨い店はここでしょうってことで、やって来ました。
「いわたや大衆食堂」である。

いわたや大衆食堂(大阪JR新今宮駅高架下)

ちょうど、JR新今宮駅の高架下にお店はあり、
同じような店舗が、3店舗ならびます。
そのいずれもがホルモン、
同じような味付けで非常に美味しいんですよ。
どこでも好きな店選んでくださいって言ったんですけど、
どこでもええよってお言葉やったので、
こちらの「いわたや大衆食堂」にしました。

店内は昼下がり、すいていました。
いわたや大衆食堂(大阪JR新今宮駅高架下)

まあ、こちらのお店は呑み屋っていうより、
下町の大衆食堂雰囲気。

そのメニュー。
いわたや大衆食堂(大阪JR新今宮駅高架下)

まあ、お酒も置いていますが、ホルモン系をおかずに、
ご飯食べるのが、本来のお店のコンセプトですね。
ただ、私らははしご酒途中ですから、瓶ビール大(480円)をオーダー。

まずは、まぐろすき身(250円)。
いわたや大衆食堂(大阪JR新今宮駅高架下)

この量で250円ですからね。
いつ食ってもお得感たっぷりです。

そしてホルモン煮やなく、ホルモン汁(150円)にしました。
いわたや大衆食堂(大阪JR新今宮駅高架下)

汁物をアテに酒飲める同行者やったんで、こちらに。
この汁がホルモンの旨みが染み出していて、めっちゃ旨い。
まさにジャンクフードの味わいなのだが、たまにはこういうのもね。
同行者もこの旨みを絶賛しておりました。

うん、やっぱりホルモン食うなら、ここの3店いずかでハズレなしです!
他の2店は以下のリンクを辿ってください。
立ち飲み「岩田屋酒店」。
ホルモン「権兵衛」

住所:大阪市西成区萩之茶屋1-1-11
電話:06-6641-5305
営業時間:8:00~20:00
席数:12席
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
別の場所で、和食のうまいところを攻めてきました。
次、どうするかなって考えたところ、
肉系、それも生レバーを食したい気分であったので、
安く食べることが出来るこちらのお店を思い出し十三へ。
下町のホルモン「十三 まるたけ」にやって来ました。

下町のホルモン 十三 まるたけ(大阪)

店内の様子。
下町のホルモン 十三 まるたけ(大阪)

以前、2年ほど前に来た時よりも店舗拡張していますね。
テーブル席が非常に多くなっています。
2人やったのでカウンターに座りました。
しかし野菜が山積みされており、ちょっと雑多。
ビニールの切れっぱしもあったりしました。

ドリンクメニュー。
下町のホルモン 十三 まるたけ(大阪)
下町のホルモン 十三 まるたけ(大阪)

うん、焼肉、ホルモンに合いそうなものが揃っています。

肉、ホルモン系に・・・
下町のホルモン 十三 まるたけ(大阪)

その他、一品物です。
下町のホルモン 十三 まるたけ(大阪)

この店も相当人気になりましたけど、この値段設定で、
そこそこ美味しいからな~

ドリンクはカミナリハイボール(390円)。
下町のホルモン 十三 まるたけ(大阪)

電気ブランのハイボールです。
ちょっと甘めだが、アルコール度数のきつさがぐっと頭に廻ります。

お目当てやった、生レバー(350円)。
下町のホルモン 十三 まるたけ(大阪)

以前より量が少なくなっているような・・・
まあ、えびすの食中毒問題で、どこも提供するのに苦労されていますからね。

ホルモンはマルチョウ(490円)をいただきました。
下町のホルモン 十三 まるたけ(大阪)

この脂じゅわっと溢れ出る感触は、ホルモンの中でも大好物。
下町のホルモン 十三 まるたけ(大阪)

それをさっぱりハイボールが拭ってくれます。

十三は焼肉系の多い町ではありますが、
値段と味のバランスでは、この店が秀逸でしょう。
週末、グループでの訪問はなかなか空いてませんから、
予約されることをお薦めしますね。

住所:大阪市淀川区十三本町3-7-47
電話:06-6885-2772
営業時間:17:30~24:00
定休日:日曜・月曜祝日
↓お勧めリンク↓

ビバ!ホルモン