関西のグルメを呑み食べ尽くし!

なんでこんなに話題になるのか?って思う酒の話を一つ。
日本でのボージョレー解禁日フィーバーなんですけど、
そんなに騒ぐほどのワインか?ってのが私の意見。
人それぞれ好みがありますから、
このワインの味が好きだって人が解禁日に買うのは分かりますけど、
普段、ワインを飲まない人間まで、
こぞって買うのはなんやねん?って思いますね。

まあ、私もそりゃ、どれだけ旨いねん?って思って、
過去、解禁日にスーパーへ仕事終わりに向かったことはあります。
しかし、私の口には合わないワインなんですね。
で、何年か前に、
この年のボージョレーは過去最高の出来って年あったやないですか。
その時でも購入してみたんですけど、味の印象は全く一緒。

なので、2012年も全く購入する気なかったんですよ。
ジャック・バラール ボージョレー・ヌーヴォー 2012(パスタをアテに♪)

なんで買ってるねん!って声が飛び交いそうですけどね~
私が買ったもんやないんですよ。
家呑みするんで、赤ワイン買ってきてって言ってたら、
これやったんですね。
ジャック・バラール「ボージョレー・ヌーヴォー」2012です。

この日の晩酌は、この1種類を使いました。
ジャック・バラール ボージョレー・ヌーヴォー 2012(パスタをアテに♪)

Hachi(ハチ)の激安パスタソース。
業務スーパーでの購入で1袋80円台。
・オリーブと完熟トマトのアラビアータソース
・3種のチーズのカルボナーラソース
・ほぐし蟹と完熟トマトのかにクリームソース
・生クリーム仕立てのたらこクリームソース
ネーミングがこの値段の割に、めっちゃ美味しそうでしょ(^^)

この日使用したのは、「オリーブと完熟トマトのアラビアータソース」。
ジャック・バラール ボージョレー・ヌーヴォー 2012(パスタをアテに♪)

辛い系好きな私は、アラビアータは大好きなパスタ料理。
本来ならショートペンネでもっとソースを絡みやすくするんが好きですけど、
家にはないので、普通の乾麺パスタで。
食べてみて・・・この値段のレトルトソースやなって印象。
まーったくコクがなくって、さらにタバスコを大量投入で味を誤魔化しました。

こちらが、「ほぐし蟹と完熟トマトのかにクリームソース」。
ジャック・バラール ボージョレー・ヌーヴォー 2012(パスタをアテに♪)

私がもしイタリアンランチを食べに行って、この4種の中から選べるとなれば、
必ずこのネービングのパスタを頼むやろうなってソース。
味の印象は・・・アラビアータと一緒です。

そして、カルボナーラ。
ジャック・バラール ボージョレー・ヌーヴォー 2012(パスタをアテに♪)

最後のもう一つは写真を撮る気さえ起こりませんでした。
今後このシリーズは購入することはないでしょう。
100円ちょっとの大手メーカーので、私は満足できるから、
今後はレトルトパスタソースはこういうのを購入しますね。

で、2012年ボージョレー・ヌーボーの感想は?
ジャック・バラール ボージョレー・ヌーヴォー 2012(パスタをアテに♪)

あ、ちなみに今回のはペットボトルです。
スーパー売りで1000円を切るお値段。
ボージョレーは毎年思うんやけど、フレッシュさは確かにそう。
しかし深いコクのある味わいかと問われたらノーなんですね。
私は赤ワインではフルボディ系のちょっとクセのあるようなんを好むので、
こういう果実味そのままのフレッシュさって合わへんのよな~

もう今年で飲まへんぞって思うんですが、毎年なんやかんやで飲んでるな(^^;)
果たして、今回で最後になるでしょうか?
(おそらく、どっかで飲む機会あるやろな~)

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン