関西のグルメを呑み食べ尽くし!

株主でもあります、「吉野家」。
年に2回、3000円×2の優待券をいただくことができるので、
ずっと売り買いすることなく、ホールドを続けております。

吉野家のアタマの大盛りは並盛&大盛りと比べて果たしてお得なのか?

私は大概、牛丼並盛(380円)をいただくので、
優待券(300円)に差額80円出して利用するのが通常なんですけど、
今回、ちょっと違ったことをしてみようと思いました。

頼んだのは、牛丼でもアタマの大盛り弁当(480円)。
吉野家のアタマの大盛りは並盛&大盛りと比べて果たしてお得なのか?

吉野家では、裏メニューが色々と存在します。
誰でもご存じなのは、「ツユダク」ですよね。
他にも「肉下」と言って、具材をご飯の下に敷いたものや、
「ねぎ抜き」と玉葱を抜いたものや、
「赤多め」と牛肉の脂身部分少なめって注文もできます。

この「アタマの大盛り」も実は、裏メニューやったんですよ。
並のご飯量に、大盛りの具材をのせたものなんですけど、
そういう注文をされるお客さんが多く、
メニュー表に今ではちゃんと明記されております。

牛丼並を店内で食べたのが、このボリュームです。
吉野家のアタマの大盛りは並盛&大盛りと比べて果たしてお得なのか?

確かに、牛肉のボリュームが違うなってのが分かりますね。
私自身、いつも並盛では、ご飯と牛肉のバランスが悪いと思ってました。
なので並弁当で持ち帰った時は、キムチを加えたり、
生卵を加えて食べることが多かったです。

しかし、この量ですと充分ですね。
吉野家のアタマの大盛りは並盛&大盛りと比べて果たしてお得なのか?

ご飯が見えるように、牛肉を寄せてみるとご覧のような感じ。
そこで、その値段はお得なのかを検証してみたいと思います。
牛丼(並盛り):380円
牛丼(アタマ):480円
牛丼(大盛り):550円
牛丼(特盛り):680円
※2016年6月末現在の価格です。

アタマの大盛りは並盛りよりも100円アップ。
けど、現在の牛丼大盛りって高いんやな~
まだ20代の若い時は、大盛り注文が多かったけど、500円以内で食えた。
なので、この中で一番お得感が少ないのは、大盛りやと思います。
アタマの大盛りから70円アップで、ご飯の量が多くなるだけでしょ?

というわけで、アタマの大盛りは今回いただいてみると、
今後もこの頼み方にしようかなって思ったのは事実です。
しかし、優待券が300円単位なので、その差額払うのがどうもってとこ・・・

牛丼業界でも、吉野家の牛丼の味が一番好きなので、
優待券いただいてもすぐに使っちゃいますけど、
またいずれ、他のメニューにも挑戦してみますね。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
吉牛の大ファンである、わたくしめ(^^)
年間2回(計6000円分)の株主優待もいただくために、
その株価の上げ下げに関係なく、吉野家HDの株はずっと保持しております。
(業績悪化で今年1月に大幅に下げたままやけど、関係ない^^)

その吉野家が、4年ぶりに「豚丼」を復活させましたね。
その最初の期間限定んときは、300円というお値段で販売されました。
そして現在も330円で販売を続けております。

私、吉野家の豚丼って、あんまり、ええイメージを持ってないんですよ。
BSEによるアメリカ産牛肉輸入停止の影響で、
牛丼一筋の吉野家も、豚丼に手を出さざる得ない状況になりました。
その時に2回食ったんですけど、まあ、はっきり言って、美味しくなかった。
最初は、豚の臭みが全然消し去られていなかったんです。
その対策か、あとの1回は、ゴボウが投入されていましたね。

で、BSE問題も解決し、牛丼が復活!
豚丼は、私、それから一切見向きもしなかったんです。
けど、今回、その味がどんなもんか、1度食ってみたくなったんですよ。

そろそろ牛丼も食いたくなったし、株主優待を使うために「吉野家」へ。
「吉野家」の復活した豚丼と牛丼を食べ比べてみた♪

お持ち帰りにして、昼と夜とで、「豚丼」、「牛丼」を食べ比べてみましょう。
豚丼が330円、牛丼が380円、計710円、株主優待券(300円×2枚)を使って、
あとの差額110円を支払います。

家に持ち帰って、両方、蓋を開けてみました。
「吉野家」の復活した豚丼と牛丼を食べ比べてみた♪

左が牛丼(380円)、右が豚丼(330円)、あ、両方とも並サイズです。
肉の色合いが、こうやって一緒に撮ると顕著にわかりますね。

まず、お昼に豚丼からいただいてみました。
「吉野家」の復活した豚丼と牛丼を食べ比べてみた♪

食べてみた印象は、おっ、なかなかええやん♪
遙か昔に食べた豚の臭みは一切なくって、そのあっさり感がなかなかええ感じ。
しかし食べ進めると、物足りなさが顔を出してくるんです。
吉野家のツユって、他の牛丼チェーンと比べてあっさりめでしょ?
こうして豚丼にしちゃうと、非常に味気なく思えてきちゃうんです。
そして脂の味ばっかりが目立ってしまう。

そして、夜に牛丼をいただきました。
・・・全然、味わいが違います。
こうやって1日で食べ比べて見ると分かりますが、ダントツで牛丼が私の好み。
牛肉自体にしっかりとコクがあるんですよね。
そしてツユも、100%ばっちりと牛肉と相性抜群です。

吉野家で、今後浮気することはなさそうです。
牛丼並オンリーで、株主優待をずっと利用させていただきましょう。
(ただし、冬の牛すき鍋膳は例外^^)

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
牛丼チェーン店・・・
最近ほとんど食べることがなくなったのだが、
何ヶ月かに1回は食べたくなるのが「吉野家」。
その「吉野家」が、「すき家」、「松屋」と同じ価格帯に値段下げましたね。

吉野家 26号線紀ノ川店(和歌山)牛丼280円に値下げ後初

牛丼並盛280円!!
アベノミクスのデフレ脱却路線から外れますが、
大好きな吉野家牛丼がこの値段は非常に嬉しい。
和歌山、「26号線紀ノ川店」に購入に伺いました。

吉野家 26号線紀ノ川店(和歌山)牛丼280円に値下げ後初

その日の気分は休日の昼下がりに、ゆっくり家で過ごしたかったので、
牛丼にまったりビールでも飲もうかと思い立ちます。
ちゅうわけで、「並弁当2つ!」とテイクアウト♪
1個は晩ご飯にします。

ここでちょっと失敗したかなと・・・
吉野家 26号線紀ノ川店(和歌山)牛丼280円に値下げ後初

焼き鳥つくね丼って食べたこと無かったから、
1つはこっちにすりゃよかった。

家に帰って・・・
吉野家 26号線紀ノ川店(和歌山)牛丼280円に値下げ後初

お馴染みの持ち帰り容器。

少し冷めていたので、レンジで30秒だけチンです。
吉野家 26号線紀ノ川店(和歌山)牛丼280円に値下げ後初

まあ、お味としては、書くまでもないでしょう。
吉野家 26号線紀ノ川店(和歌山)牛丼280円に値下げ後初

牛丼つゆだくにする方も多いかと思いますが、
私は和食薄味好きなので、ちょっとツユは少なめの方がありがたい。
プシュッ!と缶ビールを開けて、牛丼がアテ。
なかなか、こういう休日の昼間もええもんやね(^^)

で、これずっと以前に撮ってた分ですけど・・・
吉野家 26号線紀ノ川店(和歌山)牛丼280円に値下げ後初

今回の記事に併せて、あげておきます。
吉野家のおしんこが、スーパーで売っているのご存じでしょうか。
半額になっていたので購入。

吉野家 26号線紀ノ川店(和歌山)牛丼280円に値下げ後初

液を切ってって書いてたので、その通りに。
吉野家 26号線紀ノ川店(和歌山)牛丼280円に値下げ後初

さっぱりした味わいが、ご飯のおかずにはちょっと醤油加えてもええし、
また日本酒ちびちびやるアテにそのままでもいい。

まーた、吉野家の牛丼の具、通販で購入しよかな(^^)

住所:和歌山県和歌山市向203-1
電話:073-457-2539
営業時間:24時間営業
定休日:無休

楽天最安&ポイント10倍&送料無料!お店の味をそのままに。何度食べても飽きないこの美味さ


吉野家 26号線紀ノ川店牛丼 / 東松江駅中松江駅紀ノ川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0