関西のグルメを呑み食べ尽くし!

紀伊半島を国道沿い走っていると、いくつもの道の駅があります。
その中でも、私が一番おすすめできる道の駅がここですね。
道の駅「くしもと橋杭岩」で休憩タイムをとります。

奇岩を目の前に車中泊ができる道の駅「くしもと橋杭岩」(和歌山串本)天然まぐろメンチカツ

見てのとおり、非常に綺麗。
2013年の完成ですから、ホントごく最近ですね。

なんと言っても、おススメなのはこれ。
奇岩を目の前に車中泊ができる道の駅「くしもと橋杭岩」(和歌山串本)天然まぐろメンチカツ

目の前に、奇岩「橋杭岩」が眺められるんですよ。

説明書き。
奇岩を目の前に車中泊ができる道の駅「くしもと橋杭岩」(和歌山串本)天然まぐろメンチカツ

いわゆる火山活動の結果、成り立った風景です。
マグマが噴き出して固まったもの。

こういうゴツゴツ感がたまんないよな。
奇岩を目の前に車中泊ができる道の駅「くしもと橋杭岩」(和歌山串本)天然まぐろメンチカツ

奇岩って私大好きで、いろんな海の傍の風景を見てきておりますけど、
抜きん出て、独特な自然の驚異を感じますね。

そしてもう一つ、おススメできる理由。
奇岩を目の前に車中泊ができる道の駅「くしもと橋杭岩」(和歌山串本)天然まぐろメンチカツ

もう1枚。
奇岩を目の前に車中泊ができる道の駅「くしもと橋杭岩」(和歌山串本)天然まぐろメンチカツ

非常に、ご当地グルメが充実しているんですよ。
海鮮焼きを中心に、海産物の加工品が色々とあります。

ポンカンソフトクリームもあるんですけどね。
奇岩を目の前に車中泊ができる道の駅「くしもと橋杭岩」(和歌山串本)天然まぐろメンチカツ

売店が、レジのトラブル出たらしく、閉まっておりました。

そんな中、私が購入したのがこちら。
奇岩を目の前に車中泊ができる道の駅「くしもと橋杭岩」(和歌山串本)天然まぐろメンチカツ

天然まぐろのメンチカツ(200円)。
ただ、お肉のミンチカツとは違いお魚ですからね。
四国に渡ると「フィッシュカツ」ってご当地もんがありますけど、
それとよく似ております。

厚さもこんな感じ。
奇岩を目の前に車中泊ができる道の駅「くしもと橋杭岩」(和歌山串本)天然まぐろメンチカツ

ただマグロを使っているだけあって、分厚さはあります。

いただきます。
奇岩を目の前に車中泊ができる道の駅「くしもと橋杭岩」(和歌山串本)天然まぐろメンチカツ

お肉のメンチカツですと、ジューシーさ、肉汁じゅわって表現が出てきますが、
あくまでこちらはさっぱり(^^)
肉肉しさは、全然感じません。
ただ、注文後に揚げてくれますから、サクッとした揚げ物らしさは、
軽い印象で調和とれています。

とまあ、車中泊するにも、橋杭岩に向かって車を停めることができますので、
もし日本一周で紀伊半島を周るときは、ここで車中泊できるように、
調整されるのもいかがかなって思いますね(^^)

住所:和歌山県東牟婁郡串本町鬮野川1549-8
電話:0735-62-5755
営業時間:[1月~3月・10月~12月] 9:00~17:00 [4月~9月] 9:00~18:00
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
和歌山市駅付近での飲み会2軒目。
1軒目がちと期待外れであったので、確実に満足できるお店にすることに。
以前、こちらのお店で、ええ日本酒、焼酎をいただいたのに、
お値段はそこそこやったんですよ。
ってことで向かったのがここ、「あっちむいてホイッ」です。

acchimuitehoi01_20140223204138e73.jpg

はい、以前の記事はこちらご参照ください。

こちらが、焼酎、日本酒の代表的なメニュー。
居酒屋 あっちむいてホイッ(和歌山市駅)

ここに載っていないのも、数多く入荷により取り揃えておられます。
で、日本酒好きな方なら、憧れの酒、蓬莱泉「空」(1000円)
を常時、置いているように、その店主のこだわりがわかりますね。
(前回は飲ませていただきました^^)

そして、こちらがアテの定番メニュー。
居酒屋 あっちむいてホイッ(和歌山市駅)

見てのとおり、座り大衆酒場値段です。
和歌山はどこも値段高いとこ多い中、これは嬉しい。

そして、本日の魚。
居酒屋 あっちむいてホイッ(和歌山市駅)

もう1枚。
居酒屋 あっちむいてホイッ(和歌山市駅)

見事に地元で揚がった魚を取り揃えておられるんですよ。
お造り、煮付け、塩焼き、唐揚げと様々に調理してもらえますし、
こっちも値段が抑えられています。

海鮮系食べたかったんですけどね~
1軒目で結構お腹いっぱいになっており、こっちは喉に通らず・・・

で、こちらのお店、特色をもう1点。
acchimuitehoi06.jpg

メニューにも書かれていますが、カウンター上の焼酎どれもが、
ワンショット300円!
このサービスはずっとやられているらしく、これまた嬉しい。

こっから3杯チョイスしました。
acchimuitehoi07.jpg

廻し飲みして、色んな味を楽しみたかったので、
芋、麦、梅酒と3種類を選びました。

あ、これ付きだしです。
居酒屋 あっちむいてホイッ(和歌山市駅)

この手羽元と大根の煮物も非常に優しい味付けで美味しいんですよ。
ここの魚の煮物なんて食べてみたいよな。

今回、非常に悔しい想い。
絶対、今度和歌山で飲む機会があれば、
ここを1軒目にやって来たいです。
ええ店ですね。

まだまだ飲み足らない3人衆(^^)
次いきましょうか、こちらのブログで続きます。

住所:和歌山県和歌山市杉の馬場1-42
電話:073-402-3948
営業時間:18:00~
定休日:日曜日

↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
和歌山、白浜旅行からの帰り道・・・
「100%の雨予報をくぐり抜け 湯快リゾート7800円 後編」の記事はこちら!

加太に立ち寄りました。
こちらに以前から行きたかった神社があったんです。
淡嶋神社を参拝いたしました。

淡嶋神社(和歌山加太)人形供養の社・B級珍スポット

どこにでもある神社ならば、信仰心のない私が立ち寄ろうとは思いません。
淡嶋神社(和歌山加太)人形供養の社・B級珍スポット

こちらの神社が全国的にも珍しいのは、人形供養をしており、
ご不要となったお人形さんを、奉納される神社として有名なんですよ。
この日も、おっきな紙袋いっぱいにお人形を入れて、
来られている方が結構いてました。

まず、蛙さんがいっぱいいてます。
淡嶋神社(和歌山加太)人形供養の社・B級珍スポット

そう人の形だけでなく、動物の姿の置物もいっぱいあります。

私はこちらが怖いんです・・・
淡嶋神社(和歌山加太)人形供養の社・B級珍スポット

市松人形ですね。
家でなんて絶対に飾りたくない。
それにこんだけ勢揃いされると、夜なんて見たくもないな。

しかし、スペース余すことなく飾られております。
淡嶋神社(和歌山加太)人形供養の社・B級珍スポット

逆に親近感が湧くのがこちら!
淡嶋神社(和歌山加太)人形供養の社・B級珍スポット

ぽんぽこ狸の置物です。
私と体型が似てますから、どうにも親しみやすい(^^)

木彫りの熊に象。
淡嶋神社(和歌山加太)人形供養の社・B級珍スポット

昔、北海道土産に木彫りの熊ってイメージがありましたが、
今でも買って帰る観光客って多いんでしょうか?

にゃんにゃん。
淡嶋神社(和歌山加太)人形供養の社・B級珍スポット

招き猫がいっぱい。
これだけいてると、ざっくざっくお金が舞い込んでくるかな?

かえるの親玉。
淡嶋神社(和歌山加太)人形供養の社・B級珍スポット

蛙はなぜか好き。
かえる顔の女の子も好き♪

で、自分と同じ体型なのもね。
淡嶋神社(和歌山加太)人形供養の社・B級珍スポット

布袋さんがいっぱいいてます。

お稲荷さん。
淡嶋神社(和歌山加太)人形供養の社・B級珍スポット

そして、またまたかえるさん。
淡嶋神社(和歌山加太)人形供養の社・B級珍スポット

なぜか蛙が多かったな~

思っていたほどは大きくない神社でしたけど、
ちょろっと参拝するには、充分でした。
スペースはわずかで、短い時間しか停められませんが、
無料駐車場もありますし、参拝料も無料で、
この独特な雰囲気を持つ神社は珍しいですから、
加太に来られたら、一度はご訪問されるのもよいかもです。

住所:和歌山県和歌山市加太
電話:073-459-0043
営業時間:9:00~17:00(人形供養受付~16:00)
定休日:無休
拝観料:参拝料無料
駐車場:無料(12台)
↓お勧めリンク↓

【送料無料】世界も驚くニッポン旅行100