関西のグルメを呑み食べ尽くし!

この日はよく飲む同行者と難波で一緒でした。
1軒目でも結構飲んでいるんですが、まだまだ飲むぞって様子。

2軒目でさらに飲み放題の店にいくのもあれやし、
ならばドリンクがとんでもなく安い店がいい。
となるとまずここのお店が浮かびましたね。
はい、ビール100円の店、「肝どん」です。

肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

夕方17時やけど、店内を覗くも既に満杯状態。
軒先の立ち飲みスペースから始めます。
(雨交じりの天気でしたが、小雨でしたんでなんとかしのげました)

ドリンクメニュー。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

はい、決まってここでは100円ビールでしょ~

付きだし。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

安い店なんやけど、これが余計よな。
こんな枝豆いらない。

アテメニュー。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

もう1枚。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

炭火焼きの焼き鳥、焼きとんが主流のお店ですが、
沖縄資本の会社なんで、沖縄料理も揃っています。
しかし、沖縄の居酒屋って安い店多いよね。
いずれロングステイして、あちこち巡ってみたい。

これなんやったやろ、名前忘れた。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

鶏肉と大根を煮込んだもの。
居酒屋くると煮込み系を頼む率が私、高いですね。

で、ビールがばがば飲んでると店員さんがやってきた。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

「もう一品頼んで下さい」ですと。
あ、1人1品しばりね。このまま帰られると店も赤字やと思ったんでしょうな。
鶏天ぷら(350円)を頼みました。

そんで他にもお得そうなものを発見。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

この店すごいのは、ビールだけが100円やないんですよ。
他のドリンクも100円メニューが結構あるんです。
ウィスキー、泡盛、酎ハイも100円で飲めます。
ビールも飽きてきてたんでちょうどよかった。

そして昇格。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

店内の席が空くと、店外立ち呑み→店内立ち呑み→そして座りカウンターと、
どんどん空いてるところに移動させてくれるのも、この店のええところ。

しゃべっているうちに、かなり時間過ぎました。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

お腹もじわじわ減ってきてたんで、もう一品。
タコスピザ(450円)にしました。

まあアテの旨さには期待できないけど、
それを補うドリンク値段は、相当魅力的。
難波にて飲み相手が底なしならば、また利用するお店ですね。
(念のため書いておきますが、値段表記は全て税別です)

住所:大阪市中央区難波千日前15-8
電話:06-6636-5501
営業時間:16:00~24:00(金・土・祭日前は翌2時まで営業)
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

せんべろ探偵が行く
この日の飲み会も既に深夜に突入・・・
さすがに19時始まりやと、終電では帰ることができないわたくし。
日に日に、酒飲んで翌日しんどい思いしてるのに、
深酒だけは永久にやめることはできないであろう。

鳥貴族 アメリカ村店(大阪心斎橋)焼き鳥

そんなこんなで3次会でやって来たのは、
まあ、ハズレがなく、安く済ませられますね。
「鳥貴族」アメリカ村店です。

店内の様子。
鳥貴族 アメリカ村店(大阪心斎橋)焼き鳥

って、トリキなんてどこも一緒やん・・・
酔っ払ってるから、ま、ご勘弁を。

ビールはなぜかプレモル?
鳥貴族 アメリカ村店(大阪心斎橋)焼き鳥

え?鳥貴族はキリン一番搾りやなかったか?
いつの間に変わったんやろ?
(ってそんなにトリキには通って行ってないが・・・
4年ぶりやったな^^;)

これ何?
鳥貴族 アメリカ村店(大阪心斎橋)焼き鳥

もうこの時点で腹いっぱいやったんで、
アテ系は全部他の方にお任せしときました。
とりあえず、塩の串だけ混ぜてってね。

なのに、これ、タレが目の前にあるな(^^;)
鳥貴族 アメリカ村店(大阪心斎橋)焼き鳥

細かいこと、気にせんで喰らいます。

で、うだうだしゃべってると、お一人の方が疲れたのでしょう、
座席シートに横になりました。
すると店員さんが、
「うちは寝る場所やないんで、そんなことされると困ります、
出て行ってもらえますか」と強い口調・・・
ま、確かにそうですから、こちらも、
「すいません、ちゃんと座ってますので、このままいさせてください」
とお願いします。
店員さん「ダメです、勘定して出て行ってください」。

はい・・・イエローカードなくのレッドカードで一発退場です。
うーん・・・こっちも注意の上で改善なければ仕方ないけど、
これはきつすぎるんやないかな。

始発が始まるまでと思ってたけど、テクテク駅へ向かう。
けだるさが残る日曜朝であった・・・

住所:大阪市中央区西心斎橋1-8-15
電話:06-6251-7114
営業時間:18:00~翌5:00(LO4:30)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

割烹うまいもん 酒菜、酒肴、旬菜いろいろ
天満昼呑みはしご酒、5軒目。
4軒目の記事はこちら!

って、既にもう夕方18時になっているので、夜呑みに突入(^^;)
ここまで、串カツ→たこ焼き→和ダイニング→焼肉と、
様々なジャンルをという課題的にはまあええ感じで進めてきました。
そして、最後はイタリアン!
天満市場近くのビニシーのお店に向かっておりました。
私が目指していたのはちっちゃいお店やったので、なかなか見つからない。
すると同行者の一人が、勝手に違う店に入っていくではないか。
「その店ちゃうちゃう」って言っても聞かぬ存ぜぬ。
ってことで入ったのはこちらのお店、
イタリア酒場「炎LAVITA 」天満店です。

イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

このビニシー界隈でも非常に大きなお店で目立ちますね。
どっかのチェーン店なんでしょうか?
席もゆったり感あって、落ちついて飲める雰囲気です。

こちらがドリンクメニュー。
イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

プレモルの逆三角ジョッキ生で380円ですから、
こういうイタリアンバル系としては、安いイメージ。
ワインもかち割りジョッキワインってのが480円やもんね。
大衆酒場的なイタリアンのお店です。

私らは3人での訪問でしたので、ワイン頼むならボトルの方がええでしょと、
フルボトルの値段を聞くと、全て2500円均一なんで、
冷蔵庫からどれでも好きなの選んで下さいとのこと。
そして本日5回目の乾杯♪
(しかし、ボトルもグラスも写真なし。。。
前の店のホッピー濃いん飲んだのが効いてた^^;)

付きだしでは、この海老が出てきた。
イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

こっからワインをさらにがぶ飲みした記憶しかなく、
これも食ったんかいな・・・記憶にない。

あと、アテに何を頼んだのかも写真が残っていないので定かであらず。
ぐるなびのお店サイトを見てみると、大体パスタで800円くらい~
一品で600円前後~ってとこみたいなので、
こちらのお値段は極々平均的か。

しかし、後半からよー飲んだ(^^)
この5軒目でお一人帰られました(ここはちゃんと記憶がある)

イタリア酒場 炎LAVITA
住所:大阪市北区池田町6-16
電話:050-5796-9507
営業時間:月~木16:00~翌2:00 金~日・祝前日16:00~翌3:00
定休日:不定休(年末年始など)

そして、2人で6軒目。
イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

私の大好きな、落ち着く「酒の奥田」です。

ここでは、写真また撮ってる。
イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

何話したかも、ちょっと記憶が復活してます。
これはどて焼きですな。
あまり甘くないどてで、七味多くふってやると、めちゃ旨い。
他の店では、甘すぎてどて焼きはあまり頼まないけど、ここのは好き。

酒の奥田
住所:大阪市北区天神橋4-12-22
電話:06-6351-9514
営業時間:10:00~13:00 15:00~21:00
定休日:日曜・祝日

で、大体19時半くらいに解散。
後半4軒目から飲みペースをターボ化させたんで、
帰りの電車で乗り間違えやっちまった・・・
あやうく宿泊地探さなきゃいかんかと思った。
しかし、記憶とばしても気がつけば家に帰ってるって人が羨ましい。
私は絶対、家に辿り着けませぬ・・・

こんな私ですが、飲みはしご一緒にしてくださる方、
おつきあいいただけたら嬉しいです(^^)
よろしければメールください。
bkyugourmet@yahoo.co.jp

さーて、次はどの街ではしごいたしますか!

↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ