関西のグルメを呑み食べ尽くし!

天満昼呑みはしご酒、5軒目。
4軒目の記事はこちら!

って、既にもう夕方18時になっているので、夜呑みに突入(^^;)
ここまで、串カツ→たこ焼き→和ダイニング→焼肉と、
様々なジャンルをという課題的にはまあええ感じで進めてきました。
そして、最後はイタリアン!
天満市場近くのビニシーのお店に向かっておりました。
私が目指していたのはちっちゃいお店やったので、なかなか見つからない。
すると同行者の一人が、勝手に違う店に入っていくではないか。
「その店ちゃうちゃう」って言っても聞かぬ存ぜぬ。
ってことで入ったのはこちらのお店、
イタリア酒場「炎LAVITA 」天満店です。

イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

このビニシー界隈でも非常に大きなお店で目立ちますね。
どっかのチェーン店なんでしょうか?
席もゆったり感あって、落ちついて飲める雰囲気です。

こちらがドリンクメニュー。
イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

プレモルの逆三角ジョッキ生で380円ですから、
こういうイタリアンバル系としては、安いイメージ。
ワインもかち割りジョッキワインってのが480円やもんね。
大衆酒場的なイタリアンのお店です。

私らは3人での訪問でしたので、ワイン頼むならボトルの方がええでしょと、
フルボトルの値段を聞くと、全て2500円均一なんで、
冷蔵庫からどれでも好きなの選んで下さいとのこと。
そして本日5回目の乾杯♪
(しかし、ボトルもグラスも写真なし。。。
前の店のホッピー濃いん飲んだのが効いてた^^;)

付きだしでは、この海老が出てきた。
イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

こっからワインをさらにがぶ飲みした記憶しかなく、
これも食ったんかいな・・・記憶にない。

あと、アテに何を頼んだのかも写真が残っていないので定かであらず。
ぐるなびのお店サイトを見てみると、大体パスタで800円くらい~
一品で600円前後~ってとこみたいなので、
こちらのお値段は極々平均的か。

しかし、後半からよー飲んだ(^^)
この5軒目でお一人帰られました(ここはちゃんと記憶がある)

イタリア酒場 炎LAVITA
住所:大阪市北区池田町6-16
電話:050-5796-9507
営業時間:月~木16:00~翌2:00 金~日・祝前日16:00~翌3:00
定休日:不定休(年末年始など)

そして、2人で6軒目。
イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

私の大好きな、落ち着く「酒の奥田」です。

ここでは、写真また撮ってる。
イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

何話したかも、ちょっと記憶が復活してます。
これはどて焼きですな。
あまり甘くないどてで、七味多くふってやると、めちゃ旨い。
他の店では、甘すぎてどて焼きはあまり頼まないけど、ここのは好き。

酒の奥田
住所:大阪市北区天神橋4-12-22
電話:06-6351-9514
営業時間:10:00~13:00 15:00~21:00
定休日:日曜・祝日

で、大体19時半くらいに解散。
後半4軒目から飲みペースをターボ化させたんで、
帰りの電車で乗り間違えやっちまった・・・
あやうく宿泊地探さなきゃいかんかと思った。
しかし、記憶とばしても気がつけば家に帰ってるって人が羨ましい。
私は絶対、家に辿り着けませぬ・・・

こんな私ですが、飲みはしご一緒にしてくださる方、
おつきあいいただけたら嬉しいです(^^)
よろしければメールください。
bkyugourmet@yahoo.co.jp

さーて、次はどの街ではしごいたしますか!

↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
本日は天満駅周辺での昼呑みはしご酒。
この日、はしご酒初参加の方もおられたので、
いつもの如く、激しい移動、
とんでもない軒数は避けるように計画(^^;)
まずはビールから始めるのがセオリー。
となると、大瓶ビールが安い天満なら、
どこに入るか迷うとこなんですけど、
以前に行って、串カツのソース風味が好みだったこちらのお店へ。
串かつ専門店 串泰(くしやす)です。

串かつ専門店 串泰[くしやす](大阪天満)大瓶ビール330円!

なんと言っても、こちらのお店のウリは、
瓶ビール大が330円なのだ!!
通年、サービスタイムでなく、この値段設定は、
天満では「銀座屋」と並び最安値段である。
大阪天満「銀座屋」の記事はこちら!

但し銘柄は、アサヒスーパードライのみである。

こちらが店内奥の様子。
串かつ専門店 串泰[くしやす](大阪天満)大瓶ビール330円!

奥に深い一直線のカウンターがあり、
こちらはテーブルってな構成。
立ち飲みっぽい店ですが、スツールが全席置いています。

こちらがアテ単品メニュー。
串かつ専門店 串泰[くしやす](大阪天満)大瓶ビール330円!

串かつは全品このように100円だったのだが、
新作のちょっと工夫したもんが130円、150円ってな値段で増えてました。

あとこんなセットメニューもあります。
串かつ専門店 串泰[くしやす](大阪天満)大瓶ビール330円!

もう一丁!
串かつ専門店 串泰[くしやす](大阪天満)大瓶ビール330円!

ジョッキでグビグビいきたいなら、こっちがお得ですね。
ひとまずは瓶ビール2本を頼んで3人で乾杯♪
ただ、一人はジョッキでいきたいとのことでしたので、
すぐにワンコインのAセットを追加しました。

サービスのキャベツは卓上に置かれています。
串かつ専門店 串泰[くしやす](大阪天満)大瓶ビール330円!

2度付け禁止のソースに浸けてポリポリと。

その4本のセットに、追加の串2本(牛とチーズ)。
串かつ専門店 串泰[くしやす](大阪天満)大瓶ビール330円!

4本の内3本は、茄子、ソーセージ、うずらやと思いますが、
もう1本はどなたかがすぐに食べたので不明。
揚げ加減はさっぱりめの串で、
この串かつ自体はどこの店でもお目にかかれるレベルやと思います。

さらに追加で頼んだ串。
串かつ専門店 串泰[くしやす](大阪天満)大瓶ビール330円!

玉葱と、あとは私が頼んだ蛸と餅。もう一つは不明。
ただ、この店の2度漬け禁止ソースが非常にスパイシーで旨い。
甘いとんかつ系ソースはこういう串カツには嫌いな私なので、
この辛さはホント好みです。

天満はしごは、まずビールから!って思っておられる方には、
これほど格好なお店はないのでは。
あと、立ち飲みではないのが苦手な方にはええやろし、
土日は早い時間からの昼呑みも可能。
非常に使い勝手のええ店ですね。

さーて、次の店へ行きますか。
こちら別ブログですぐに続かせますね。

住所:大阪市北区天神橋4-6-25
電話:06-6354-9494
営業時間:15:00~23:00 [土・日・祝]11:30~22:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

つまみで選ぶ、今夜のうまい店
この日は天満にて飲み会。
いちお、はしごする店は、大体思い描いてきました。
で、同行者にも予定通り何時に天満駅到着するからとメール連絡。
しかし、天満駅の改札口を出ても、いない・・・
で、電話かけると、我慢できなくなったから、
駅前すぐの「七福神」に入ったとのこと。
おいおい。。。何時ってきちんと時間ぴったり守って到着してるのに、
それに、串カツの店は今回他のお店で廻る予定やぞと、
ぶつくさ言いながら、後追いしましたでござる。

七福神 天満駅前店(大阪)串かつ

入ると、まだ彼んとこは、1杯目100円のプレモルしかきてへんやん。
串カツは今頼んだからって・・・
あと5分くらいは、駅で待ってて欲しかったのが本音。
こりゃ、私もここで飲まなければ。

ってことで100円のプレモルを私も頼むことに。
七福神 天満駅前店(大阪)串かつ

ここでこんな但し書きが書かれていることに気づきました。
七福神 天満駅前店(大阪)串かつ

350円以上注文せねばいけないのだ。
以前はこんなの書いてあったかな?
いっつも4本以上は串頼んでいるから気づかなかったのか。

さーて、350円分、何食べよ?
七福神 天満駅前店(大阪)串かつ

100円串2本と150円串1本で350円だが、
串カツは後ほど食べようと思っている私にはこちらはいらない。
そういえば、ここでどて焼き(350円)を食べたことないよなと、
そちらを注文。

ようやく落ち着いた(^^)店内を見渡す。
七福神 天満駅前店(大阪)串かつ

さすがに天満串カツの雄、賑わってますね~

やって来ました、どて焼き(350円)。
七福神 天満駅前店(大阪)串かつ

3本、串にささっています。
しかし、私には甘いなって思うタイプ。
大阪のどて焼きってまあこんなもんでしょう。
唐辛子を多めにふって味を調えます。

予定外に1軒目に串カツ屋となってしまったが、
そんじゃ本来予定してたお店に参りましょうか。

こちらのブログで続きます。

住所:大阪市北区天神橋4-12-1
電話:06-6353-5060
営業時間:12:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:当面無休
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ