関西のグルメを呑み食べ尽くし!

冬場になると、家で飲む頻度が高くなるのが、日本酒。
純米クラス以下で熱燗にできるってのもあるんですけど、
純米吟醸の冷酒も、なんかまったり落ち着けるんですよね。
それに貯蔵が冷蔵庫に入れなくても、ベランダに出しておけばええので、
かさばらなくって楽です。

今回、海鮮物を中心に晩酌を準備したので、
それに合う純米吟醸を購入。
「よしのとも 純米吟醸 雄山錦」です。

よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

富山の酒造さんです。
デパ地下の酒屋さんで四合瓶、1500円。
北陸方面の酒は淡麗辛口傾向が強いんですが、
こちらの蔵元は、芳醇系を中心に取り揃えておられるのだとか。
しかし、この純米吟醸は淡麗辛口を意識して作ったんだそうな。
どんな味なのか楽しみ♪

まずはこちらより。
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

せこがに~
この冬全然食べていなくって、年明けてお初です。

だいたいスーパーで安いとこやと、380円で売られていますね。
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

せこがには足はほとんど食べるとこないですけど、
なんと言っても、内子ですな~
日本酒と相性抜群の珍味。
これだけは他のどんな酒にも譲れませんね。

そして、こちらも冬の定番。
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

鱈白子ポン酢です。
ただいつも思うんですが、湯がき具合加減がどうも難しい。
今回も湯がき過ぎでちょっと固くなりすぎました。

メインには手巻き寿司。
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

マグロ、カンパチ、サーモン、鰹タタキ、たらこを準備。

ボリュームたっぷりなんで、次の日の朝昼ご飯も手巻きでした(^^)
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

で、手巻き寿司にするときは、
私はたいていブロックになってる見切り品買います。
その方が量が、カットされているのよりもあるし、
手巻きするのに適当な大きさにカットできますもんね。
値段も安く、今回のこの手巻きネタだけで、800円しかしてません。

あ、あと、もう一品あった。
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

鯛のあら煮もいただきました。

そして、今回の純米吟醸。
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

淡麗辛口を意識して飲んでみたんですけど、意外とまったりした酒。
純米吟醸って感じはしないですね。
辛さもそれほどでもなく、どっしりと腰を落ち着けた風味です。
精米歩合も55%ですから、純米の味として楽しみました。

この酒やったら燗してもよかったかな。
また、今度は冬場の海鮮水炊き鍋に合うような、
純米吟醸クラスの日本酒をお取り寄せしてみたいな。

酒造:富山県 吉乃友酒造
原料米:富山県産雄山錦100%
原材料:米、米こうじ
アルコール度数:15%
精米歩合:55%
日本酒度:+3
酸度:1.9
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
北陸をずっと東へ横断の旅をしておりました。
その日は午後ずっと健康ランドで過ごし、
車中泊地の道の駅に向かうまでに、
何か適当な飲食店があれば、そこで晩御飯をと思ってました。
しかし・・・ない。
これはと思うところがなく、そのまま道の駅に到着。
どうしようかと思ったが、仕方なく近くのスーパーでなんか買うことに。
道の駅「ウェーブパークなめりかわ」近くにあるYELL(エール)です。

白エビと山菜炊き込みご飯 富山滑川市 YELL(エール)

買ったのはまずここの名物。
白エビと山菜炊き込みご飯 富山滑川市 YELL(エール)

白エビです。
ちょうど閉店前で半額になっておりました。
どうやって食べようかって、車の中ですから、
かき揚げにするわけにもいかず、そのまま醤油つけてばくり。
う~ん、ちょっと殻が口の中でチクチク刺さって、
少し食べづらかった。

そして山菜の炊き込みご飯。
白エビと山菜炊き込みご飯 富山滑川市 YELL(エール)

これも半額見切り品です。
これがどうやって味付けしたん?ってくらいに味がない。
前述の白エビをのっけて、白エビまがい丼にして食いました。

車中泊旅んときはいつも思うんですけど、
どうしても節約をと、晩御飯にスーパーで買ったもんで、
済ますことがあります。
真っ暗な車の中では、どう調理するわけにもいかず、
すっごく侘しいんよな。
あらかじめ調べることができる限り、
安い飲食店をチェックするべきですね。

↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング