関西のグルメを呑み食べ尽くし!

この日はよく飲む同行者と難波で一緒でした。
1軒目でも結構飲んでいるんですが、まだまだ飲むぞって様子。

2軒目でさらに飲み放題の店にいくのもあれやし、
ならばドリンクがとんでもなく安い店がいい。
となるとまずここのお店が浮かびましたね。
はい、ビール100円の店、「肝どん」です。

肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

夕方17時やけど、店内を覗くも既に満杯状態。
軒先の立ち飲みスペースから始めます。
(雨交じりの天気でしたが、小雨でしたんでなんとかしのげました)

ドリンクメニュー。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

はい、決まってここでは100円ビールでしょ~

付きだし。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

安い店なんやけど、これが余計よな。
こんな枝豆いらない。

アテメニュー。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

もう1枚。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

炭火焼きの焼き鳥、焼きとんが主流のお店ですが、
沖縄資本の会社なんで、沖縄料理も揃っています。
しかし、沖縄の居酒屋って安い店多いよね。
いずれロングステイして、あちこち巡ってみたい。

これなんやったやろ、名前忘れた。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

鶏肉と大根を煮込んだもの。
居酒屋くると煮込み系を頼む率が私、高いですね。

で、ビールがばがば飲んでると店員さんがやってきた。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

「もう一品頼んで下さい」ですと。
あ、1人1品しばりね。このまま帰られると店も赤字やと思ったんでしょうな。
鶏天ぷら(350円)を頼みました。

そんで他にもお得そうなものを発見。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

この店すごいのは、ビールだけが100円やないんですよ。
他のドリンクも100円メニューが結構あるんです。
ウィスキー、泡盛、酎ハイも100円で飲めます。
ビールも飽きてきてたんでちょうどよかった。

そして昇格。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

店内の席が空くと、店外立ち呑み→店内立ち呑み→そして座りカウンターと、
どんどん空いてるところに移動させてくれるのも、この店のええところ。

しゃべっているうちに、かなり時間過ぎました。
肝どん 難波店(大阪ミナミ裏なんば)

お腹もじわじわ減ってきてたんで、もう一品。
タコスピザ(450円)にしました。

まあアテの旨さには期待できないけど、
それを補うドリンク値段は、相当魅力的。
難波にて飲み相手が底なしならば、また利用するお店ですね。
(念のため書いておきますが、値段表記は全て税別です)

住所:大阪市中央区難波千日前15-8
電話:06-6636-5501
営業時間:16:00~24:00(金・土・祭日前は翌2時まで営業)
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

せんべろ探偵が行く
冬の鍋・・・
家で色々とやってるので、今年は全く外で食べておりませんでした。
一度は食いたいな~と思っていると、
もつ鍋食べに行きましょうとのお誘いが。
ミナミにあります、もつ無奴「ゆまる」難波店にやって来ました。

もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

めっちゃめちゃ寒い日やったんで、
仕事終わり移動で冷え切った体を早くあっためたいとお店へ。
2階に位置しており、1階の別のお店も肉の焼き系のお店で、
ちょっと目立たないかな~と思いますね。

店内の様子。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

外観雰囲気と一緒で、こじんまりとしております。

そのもつ鍋のお値段。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

もうひとつ追加系。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

基本は白味噌ベースの鍋で1人前950円です。

焼き物系。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

一品系。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

そしてドリンクです。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

まあ、お値段的には高くもなく、安くもなく平均的。

とりあえずはビールで乾杯!
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

プレモルで、このグラスが400円。
あの逆三角形ジョッキでくるかなと思っていただけに、
1杯目この量は、酒飲みの私には少し不満。
しかしですね、すっごく泡のきめ細やかなプレモルで、
コクもふわっと口の中で拡がり、めっちゃ美味しいんですよ。

最初、鍋ができるまで、スピードもんで。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

ここの名物でもある「酢もつ」(480円)。
下処理がしっかりできているだけあって、
全くホルモン系の臭みがありません。
美味しいんやけど、この値段はね~あと100円頑張って欲しい。

そんではもつ鍋(2人前)いただきます!
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

濃厚な白味噌仕立てです。
まずはその鍋スープより味を一口。
白味噌の深い甘みが伝わってきます。
これは私の好みですが、
このままでは辛い物好きな私には合わない味付けです。
なので、卓上にあった、柚子胡椒、唐辛子で味を調えました。
しかし、ここの柚子胡椒、美味しいね~
こればっかり大量投入で食べてたかも?(^^)

キャベツ、もやし、ごぼうを中心に野菜もたっぷり。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

ただ、肝心のモツがこの値段やと少ないかな~と感じたの残念。
ちゃんぽん麺(320円)を〆に投入しましたが、鍋に麺は必須ですね(^^)

で、ここの名物の一つだと言われた、もつ焼き(780円)もいただく。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

プルンプルンのモツに甘めのタレがかかってます。
もっと脂がひつこいかなと思いましたが、
さっぱりと口の中でとろけていくモツ。
値段高いかなと思いましたが、その分、質のよさを感じます。

ビールばっかり呑んでましたが、ここで赤ワイン(420円)にスイッチ。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

なぜかはこれ。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

肉の焼き系も頼んだからです。
中落ちカルビ1本(160円)。
このボリュームでこの値段は、今回食べた中で一番のお値打ちもんでした。

もひとつ、牛ハラミの串焼き1本(210円)。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

カルビのお値打ちに比べると、こっちは肉に弾力性がなく、
カルビより値段が高いのが不思議。

牛テール塩焼き(1050円)。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

これも美味しいとオススメされましたので、いただいてみました。
確かにね、骨回りの肉の旨みの深さはかなりのもん。
しかし、食べるのに骨からそぎ落とすのが難しく、
かぶりついて引きちぎらなければならなかったので、
牛テールは、スープで煮込んで食べる方がええな~
するとこの肉の深い旨みもスープの旨みとして生かせるし、
柔らかくなって食べやすい。
これだけのええ肉ならそうして食べてみたい。

キムチの盛り合わせ(550円)。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

オイキムチ、カクテキ、白菜キムチの3種です。

このカクテキ、めっちゃ旨い。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

大根のシャキシャキ新鮮さを残しつつ、浅めの漬け方。
しかしですね、その調味料の旨みの配合が素晴らしいんです。
あと、奥にぼやけて写ってるオイキムチも、この浅めの漬け方ならば、
きゅうり嫌いの私なので、普段なら駄目なんですけど、これは食えた。
それだけ、味付けがしっかりできてるんですよ。

逆にこの白菜キムチは・・・
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

すっごくへなへななんですよ。
大根、きゅうりはシャキっとしてるのになぜ?

チヂミ(530円)。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

サクッと香ばしさのあるチヂミ。
こん時は、アルコールを芋のロックにしてたんですが、それと合う。
この日は同行者のアルコールチョイスに全部委ねさせてもろたんですけど、
この料理にはこれ!ってめっちゃ的確な方なんですよ。
普段から私も料理と酒の組み合わせには気を遣うんですけど、
それがきちんとできる方と飲んでると勉強になるし、すっごく楽しい。

いや~色々大量に飲んだし、大量に食った♪
お店の方の気配り方もすっごくよかったし、心地のええ空間です。
料理もほぼどれもが味のええもんばっかりでした。
ただ、値段的にこれは?ってのもありましたので、
その辺、見極めて頼むと、お得感が出てくると思います。

住所:大阪市浪速区難波中2-8-94 コスギナンバビル2F
電話:06-6643-0585
営業時間:17:00~24:00
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

香りが違う!最高の松阪牛を最高の料理で味わう!松阪牛(松坂牛)A5


ゆまる 難波店もつ鍋 / 難波駅(南海)大阪難波駅なんば駅(大阪市営)

大阪昼酒はしご酒6軒目、って既に太陽は沈みかけています(^^;)
前の日本酒系の立ち飲みで、少々欲求不満なわたくしめ。
こちらのお店です。

本来は難波を離れ、別の地に飲みに行く予定でしたが、
なんか気分がすっきりしない。
美味しいアテに美味しい日本酒を確実に合わせたいって我が儘言って、
すぐ近くのこちらのお店に飛び込みました、「丑寅」です。

丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

さーて、今日も何食べようかな~
丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

ここのメニューを見ると、どれもが食べたいものだらけなので、
めちゃめちゃ迷います、それにハズレもない。

まずは日本酒。
丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

紀土 夏ノ疾風、特別純米(和歌山)をまず私がチョイス。
そして、店員のおねえさんにこれとは味の違う純米吟醸系ってリクエストで、
渓流「楯野川」の純米大吟醸(山形)をチョイスしてくれました。
こういうええ日本酒を飲むと、ほっとするよな~

アテにはバーナーで炙る姿が非常に美味しそうやったんで・・・
丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

カツオ炙り(450円)。
ついそこで炙られた風味が非常にええ鰹。
さらに、にんにく加えて食べてみたい。

炙りええね~ともう一つ炙りもんを頼む私。
丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

貝柱炙り(350円)。
日本酒に合わすとなるとこの辺りが至福ですね。

もう1杯いきましょうか。
丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

一つは広島「雨後の月」の純米吟醸やけど、もう一つは何?
これは両方チョイスしてもらったのでよくわからん。
おそらく一つが純米吟醸やから、辛口系の純米をリクエストした気が。

白貝酒蒸し(350円)。
丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

貝はなぜか日本酒飲むと頼む頻度が高まります。
元々、貝のお刺身系大好きな私だからな。

さすがに、今回のはしご後半、日本酒をぐびぐび空けているので、
酔いがめっちゃ廻ってきてました。
喧嘩でもしたか、同行者とはここでお別れ~
(あ、すぐにごめんねってメール入っていたし、
ここがどこかわからんとも書いてあったので、ほんの些細なことで
泥酔状態にあったのでしょう・・・)

さーて、どうしようか・・・続けようか・・・
こちらのブログで明日続かせようかな・・・

住所:大阪市中央区難波千日前15-19
電話:090-8449-8530
営業時間:[月~金]17:00~23:00 [土]16:00~23:00 [日]16:00~22:00
定休日:祝日
↓お勧めリンク↓

せんべろ探偵が行く