関西のグルメを呑み食べ尽くし!

なんでこんなに話題になるのか?って思う酒の話を一つ。
日本でのボージョレー解禁日フィーバーなんですけど、
そんなに騒ぐほどのワインか?ってのが私の意見。
人それぞれ好みがありますから、
このワインの味が好きだって人が解禁日に買うのは分かりますけど、
普段、ワインを飲まない人間まで、
こぞって買うのはなんやねん?って思いますね。

まあ、私もそりゃ、どれだけ旨いねん?って思って、
過去、解禁日にスーパーへ仕事終わりに向かったことはあります。
しかし、私の口には合わないワインなんですね。
で、何年か前に、
この年のボージョレーは過去最高の出来って年あったやないですか。
その時でも購入してみたんですけど、味の印象は全く一緒。

なので、2012年も全く購入する気なかったんですよ。
ジャック・バラール ボージョレー・ヌーヴォー 2012(パスタをアテに♪)

なんで買ってるねん!って声が飛び交いそうですけどね~
私が買ったもんやないんですよ。
家呑みするんで、赤ワイン買ってきてって言ってたら、
これやったんですね。
ジャック・バラール「ボージョレー・ヌーヴォー」2012です。

この日の晩酌は、この1種類を使いました。
ジャック・バラール ボージョレー・ヌーヴォー 2012(パスタをアテに♪)

Hachi(ハチ)の激安パスタソース。
業務スーパーでの購入で1袋80円台。
・オリーブと完熟トマトのアラビアータソース
・3種のチーズのカルボナーラソース
・ほぐし蟹と完熟トマトのかにクリームソース
・生クリーム仕立てのたらこクリームソース
ネーミングがこの値段の割に、めっちゃ美味しそうでしょ(^^)

この日使用したのは、「オリーブと完熟トマトのアラビアータソース」。
ジャック・バラール ボージョレー・ヌーヴォー 2012(パスタをアテに♪)

辛い系好きな私は、アラビアータは大好きなパスタ料理。
本来ならショートペンネでもっとソースを絡みやすくするんが好きですけど、
家にはないので、普通の乾麺パスタで。
食べてみて・・・この値段のレトルトソースやなって印象。
まーったくコクがなくって、さらにタバスコを大量投入で味を誤魔化しました。

こちらが、「ほぐし蟹と完熟トマトのかにクリームソース」。
ジャック・バラール ボージョレー・ヌーヴォー 2012(パスタをアテに♪)

私がもしイタリアンランチを食べに行って、この4種の中から選べるとなれば、
必ずこのネービングのパスタを頼むやろうなってソース。
味の印象は・・・アラビアータと一緒です。

そして、カルボナーラ。
ジャック・バラール ボージョレー・ヌーヴォー 2012(パスタをアテに♪)

最後のもう一つは写真を撮る気さえ起こりませんでした。
今後このシリーズは購入することはないでしょう。
100円ちょっとの大手メーカーので、私は満足できるから、
今後はレトルトパスタソースはこういうのを購入しますね。

で、2012年ボージョレー・ヌーボーの感想は?
ジャック・バラール ボージョレー・ヌーヴォー 2012(パスタをアテに♪)

あ、ちなみに今回のはペットボトルです。
スーパー売りで1000円を切るお値段。
ボージョレーは毎年思うんやけど、フレッシュさは確かにそう。
しかし深いコクのある味わいかと問われたらノーなんですね。
私は赤ワインではフルボディ系のちょっとクセのあるようなんを好むので、
こういう果実味そのままのフレッシュさって合わへんのよな~

もう今年で飲まへんぞって思うんですが、毎年なんやかんやで飲んでるな(^^;)
果たして、今回で最後になるでしょうか?
(おそらく、どっかで飲む機会あるやろな~)

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
今回、こちらのスパークリングワイン5本セットを購入。

2本空けてみたんですけど、思うのは、
ビールと同じ感覚でがぶがぶ呑んでいると、相当酔いが廻るってこと(^^)
そりゃ、アルコール度数が全然違いますもんね。
ビールが5%で、スパークリングは12%前後。
単純計算で、同じ量呑んでも、倍は酔いが廻ることになります。

さて、今回はこちらのスパークリングを飲んでみます。
ドゥジャン・エ・フィス リュット・ブラン・ド・ブラン メトード・トラディショナル(フランス・スパークリングワイン)

ドゥジャン・エ・フィス リュット・ブラン・ド・ブラン、
メトード・トラディショナルです。
こういうワイン系はこんな長ったらしい横文字ばかりなのが嫌い。
私のような物覚えの悪い人間は過去に飲んだワインの名前なんて、
全く覚えておりません。

フランスのフレッシュ辛口系の泡です。
ドゥジャン・エ・フィス リュット・ブラン・ド・ブラン メトード・トラディショナル(フランス・スパークリングワイン)

ブルゴーニュ地方から、東方に位置するジュラ山脈、
その懐に抱かれて、ヴァン・ジョーヌで有名なジュラの生産者さんたちが、
グループを組んで、伝統的なワイン作りにこだわって作った、
美味しいシャンパン製法のスパークリングとのこと。

その日のアテはこんなので開始!
ドゥジャン・エ・フィス リュット・ブラン・ド・ブラン メトード・トラディショナル(フランス・スパークリングワイン)

はい手抜きです、一切調理不要の晩餐(^^;)
スーパーで買ってきたネギトロ巻。
寿司系に合うかなと思ったがビミョー・・・
寿司に合うのは、日本酒かビールだな~

お豆腐屋さん、お店手作りの揚げ出し豆腐。
ドゥジャン・エ・フィス リュット・ブラン・ド・ブラン メトード・トラディショナル(フランス・スパークリングワイン)

豆腐好きなんで、こういう素朴さのある揚げ出し豆腐は大好物。

で、今回のスパークリング。
ドゥジャン・エ・フィス リュット・ブラン・ド・ブラン メトード・トラディショナル(フランス・スパークリングワイン)

さっぱりドライの味わいは、今まで飲んだのと同じ印象。
もうちょいフルーティさが欲しいとも思うが、
なんせこの価格(1本800円弱)ですもんね。

さあ!これで残り2本。
まだまだ、酔いの廻る晩酌が続きますね。

↓今回こちらで購入!↓

【1本あたり796円!】送料無料・64%OFF!1本あたり796円!すべて本格シャンパン5本セット
この度、楽天にてお酒を購入。
ただ、私が通販で購入する酒は、まあ大概が日本酒です。
その私が今回、浮気しました。
それはシャンパン(スパークリングワイン)♪
炭酸系が好きなので、泡系も大好き。
そのシャンパンが5本セットで安く売られているのを発見。


1本あたり800円弱ですから、
この値段でスーパーで泡を捜すのはなかなか難しいですよね。
なので、今回購入を決意。
まず1本目をご紹介しますね、
ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット(DEPREVILLE BRUT)です。

ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット DEPREVILLE BRUT(フランス・シャンパン)

フランスの白泡、コクのある辛口系です。
ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット DEPREVILLE BRUT(フランス・シャンパン)

この日の晩酌はこんなので。
ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット DEPREVILLE BRUT(フランス・シャンパン)

トマト。
味付けは黒胡椒と塩とオリーブオイルのみ。
野菜の中でもトマトは私は大好き。
特に生のまんまで食すのがいい。
あまり野菜は好んで食べない私なんですけど、
たまにフレッシュトマトは無性に食いたくなるんです。

馬刺しのたたき。
ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット DEPREVILLE BRUT(フランス・シャンパン)

こちらはスーパーの見切り品で購入。
450円のが半額で売られていました。
この値段の馬肉なんでさすがに柔らかいとは言えません。
ちょっと噛み切るのに時間がかかりますけど、
生肉を食える環境が崩壊していってる世の中ですから、
こういうのをスーパーで安く売られているのを見ると、
私は即購入してしまいます。

で、今回の白泡スパークリング。
ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット DEPREVILLE BRUT(フランス・シャンパン)

この金色ラベルは高級感ありますね。
輸入元希望小売価格は、2100円の品です。
シュナン・ブラン40%、コロンバール30%、ユニ・ブラン30%で、
白ブドウ品種だけを使ったブラン・ド・ブランです。

飲んでみた感じは非常にさっぱりとした風味。
ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット DEPREVILLE BRUT(フランス・シャンパン)

果実感や花の香りのような味わいもよく、
泡も非常にきめ細やかで飲みやすい。
ただ、その飲みやすさでぐいぐいといっちゃうと、
すぐに酔いが廻ってきます。
アルコール度数が結構高く、15%もあるんですもん。
ビールの3倍やもんな。

いや~この値段なら大満足。
美味しいし、酔いも廻る。
もし、後の4本も美味しかったら、
ここの泡ワインはリピートしてみたいと思えますね。

↓今回こちらで購入!↓

【1本あたり796円!】送料無料・64%OFF!1本あたり796円!すべて本格シャンパン5本セット