関西のグルメを呑み食べ尽くし!

大阪、田辺付近で飲む機会があり、その際の2軒目として選んだのがここ、
「山海倶楽部」です。

sankaikurabu0.jpg

ふらっと地下鉄西田辺の駅付近を歩いていて、前情報もなく
飛び込んでみました。
結構、1軒目で飲み食いしていたので、あっさりしたものが
いいなということで、店頭に出ていたメニューが決め手でした。

まずは付け出し・・・
sankaikurabu1.jpg

ほうれん草のお浸しに柔らかい豆腐がのっています。
結構凝っていますね。

メニューを一通り眺めていると、値段帯は380円~680円辺りの
値段が多いので、まあまあの値段でしょうか。
ビールも生中450円ですから、ごくごく普通の居酒屋値段ですね。

そんな中から、本日の一番のお勧め「白子」をいただきました。

sankaikurabu2.jpg

冬はやっぱり白子いいですね~
濃厚な味わいが堪りません。
また値段もこれで348円ですから、かなりお得感があります。

こちらは豆腐サラダごまダレ(480円)。
sankaikurabu3.jpg

これもまあまあいける。
焼酎のアテには最適です。
焼酎も300円台で呑めますです。

そして、最後にこれ!
sankaikurabu4.jpg

なんだと思います?

アイスみるくせんべいです。
なかにアイスクリームが挟んでいます。
これがなんと!!5円!!!!!
最後の〆にデザートにこれはちょうどよい。

ふらっと入ったにしては、結構よいお店だったのでびっくり。
お店の方の接客態度もよかったです。
ここは普通に1軒目で使うこともでき、
また雑炊などあっさりめのものも多数おいていることから、
2軒目に使うもよし、オールマイティに呑める店やと思います。
ハーフスタンディングで気軽にフレンチを楽しめるお店
として有名です。
大阪堺筋本町にありますPetite Bouche「プティトゥ・ブーシュ」です。

petite0.jpg

ハーフスタンディングの名の通り、純粋なスタンディングではなく、
1本の棒のようなところに腰掛けて食事できます。

この店名はフランス語で「おちょぼ口」という意味を持つそうで、
その名の通り、小皿ではあるが一皿315円~という
リーズナブルな値段で出してくれるのだ。
(料金設定は基本315円、525円、735円の価格帯のようである)

ドリンクはビールがエビスにギネスが525円。
あとワインもフルボトルでも非常にリーズナブルな値段設定の分が
あるので、4人くらいで行くと、フルボトルで頼むのがお得である。
(しかしフルボトルを軽く1人で空ける俺やと2人で充分ですが^^;)

今回、総勢5人での来訪であったので、ひとまず315円皿は
全部制覇してやろうと、総オーダー!

うち写真を撮ったのはこんなのです。
petite1.jpg

左上は野菜の煮込み、右上がきのこのソテー、
左下がスパイシーポテト、右下がこれだけ525円で、そば粉のクレープです。

まあ、B級グルメの俺は、あまり本格的なフレンチは食べたことないので、
その辺の味の比較はご容赦くださいまし。
ただ、色々あちこち食べ歩いている舌には、
お味としてはまずまずってとこでしょうか。

しかし、本格的にこれだけの料理を食べて、ワインも呑んでとなると、
一人軽く5000円は超えるようなフレンチをわずか半額の2500円で
食べられるのは驚きの値段です。
フレンチをこれだけ手軽に食する機会があるってええですよね。
懐が寂しい時の小洒落たデートグルメにももってこいやと思います。

住所:大阪市中央区本町橋6-21シャンボール内本町2F
電話:06-6966-0880
営業:11:00~(L.O.14:00)、17:00~(L.O.24:00)
定休:日、祝休(年末年始休)
たこ焼きをメインにした、Barスタイルの店があると
伝え聞いてやってきた。
「玉子たこ焼きひよこ」である。

hiyoko0.jpg

店の造りはカウンターのみで、10人ちょっとも座ればいっぱいか。
なので、いつも満杯の状態なのだが、店頭にテーブルと椅子を
だしてもやっているので、大人数で来た場合、外で飲むのも一興である。
今回、5人での来訪であったが、外でテーブルを囲ませてもらいました。

ビールは生中400円、あとは酎ハイ350円で、焼酎、日本酒も
もちろんおいてある。
各々、ビールに酎ハイを頼む。

そんな中、やはりここに来たからには、たこ焼きを頼まなきゃですね♪
普通のソースたこ焼きもあるのだが、ここの名物は、
特製だし汁にチーズとネギをのせた「ひよこたこ焼き明石風」6個450円。
「ソースたこ焼き」6個300円と併せていただく。

hiyoko1.jpg

左が明石風、右がソースマヨネーズである。

生地にたっぷり玉子を使ってるのがよく分かります。
うん、ホント生地がすごく美味しい。
この玉子たっぷり生地にはこのだし汁がちょうど合うのだが、
俺はそのあっさり感に、チーズがあまりマッチしてるとは
思わなかった。チーズの濃厚さがどうも口に合わないのである。
ただ、逆にソースたこ焼きの方は非常においしく感じられた。
外がからりの中とろりが好きな俺であるが、この外がふんわりも、
結構いけたのである。

1軒目には向かないかもしれないが、他にもおでんや一品料理もあるので、
この辺りに会社がある人間には、仕事に軽く1杯ができる店やと思います。
また、〆にたこ焼きと1杯でもええですな。

HP:http://www.mm.em-net.ne.jp/~inouesa/
住所:大阪市中央区南船場2-10-21日宝サンキュービル1F
電話:06-6251-2384
定休日:日曜日・祝日
営業時間:
おひるごはん 11:30~14:30
たこやきBar  16:30~22:30
焼肉ならここが安くて、うまくて、ボリューム満点とのことで、
連れてきてもらいました、「浦江亭」です。

uraetei0.jpg

店頭の佇まいといい、中にはいった感じもいかにも
屋台の雰囲気を出しており、安くて入りやすい雰囲気を
漂わせている。
現に平日でも19時を過ぎてしまうと、待ち行列が
出来てしまうほどの人気だ。

メニューはこちら!
uraetei4.jpg

uraetei5.jpg

やはり安い!特にホルモン系の安さ、種類の豊富さが光っている。
また生もの、ご飯もの等、焼肉屋としてのメニューもかなり充実。

その中から今回は盛り合わせを選択。

こちらが赤身の盛り合わせ(1180円)
uraetei2.jpg

これで250gで野菜付き

こちらがホルモンの盛り合わせハーフ(640円)
uraetei3.jpg

こちらも250gとハーフでも結構なボリュームである。
この赤身とホルモン盛り合わせで2人なら充分なボリュームではなかろうか。

さーて、これを焼くぞ!
uraetei1.jpg

ご覧のような炭火でもくもく焼くのだ。
そして、ちょっとあっさりめのタレにつけていただく。
うん、うん、肉の旨みが伝わってきますなあ(^^)

値段の安さ、旨さ、ボリューム、全てがバランスよく、
そして、店の雰囲気が屋台っぽく、庶民的なつくりなので、
今日は豪快に肉を喰らい尽くすぞ!!って時にお勧めできるお店です。
特にホルモン中心に食べたら値段的にも納得いくでしょうな。

住所:大阪市福島区福島7丁目16-10 吉村ビル1階
電話:06-6453-6246
営業時間:17:00~00:00
定休日:火(火曜日が祝日の場合は、水曜日休み)