関西のグルメを呑み食べ尽くし!

さて、今日のランチは・・・百番のランチは結構ボリュームあるので、
重宝しています。若干高いですけどね。

100banlunch0.jpg

さあて、今日のランチはと、店頭の陳列を眺めていたら、
ステーキが目に付いてきました。
サービスAランチで、ステーキにオムレツがついています。
これで780円なら、まあいいかと決めて、中に入る。

カウンターに通されましたが、やはり中の造りは居酒屋ですな~(^^)
100banlunch1.jpg

百番ではしばらく飲んだことないですが、どうなんでしょうね。
最近チェーン居酒屋に行かなくなったので、
ちーっとメニューとか、並んでいる酒を眺めて、楽しんでおりました。

出来上がってきました、サービスAランチ!(780円)
100banlunch2.jpg

思っていたほどのボリュームがないです・・・
ステーキが高いんでしょうか。

これがそのステーキ。
100banlunch3.jpg

付け合せのスパゲッティの方が量が多く見えます。
味的にもまあ普通・・・
こりゃ、今日のランチは失敗したかな~と後悔・・・

これならば、同じ千里中央のチェーン洋食ランチでも、
フォルクス[VOLKS]のステーキにでもすりゃよかったかなと思いました。
あっちなら、サラダバーかもしくはスープバーつけて、
お腹的にも、満足でけたと思います。

フォルクス「ハンバーグランチ」の記事はこちら!
萩之茶屋商店街で、一番アテの力が非常に強いと感じられる店は
ここではないだろうか?
このディープ界隈で、魔法のレストランにも取り上げられたことのある店
「なんばや」である。

nanbaya0.jpg

見た目は本当に正統派の立ち飲み屋って風情である。
「難波屋」って漢字の店も近くにあるが、ここは入りやすい雰囲気ありますね。

さて、アテは「ユッケ」(400円)
nanbaya002.jpg
そしてこちらは「生レバー」(400円)
nanbaya003.jpg

お肉の生系でまず攻めてみました。
いや~これは素晴らしい出来栄え♪
すごく美味しいですね~
特にユッケは立ち飲みだからこそこの値段で提供できるって感じ。

ちっとボケ気味だが「かつおたたき」(450円)
nanbaya001.jpg
これも旨い!やはりこういう生もの系はここは非常にいいですね。

最後に変わったものを「マーボー豆腐」(350円)を
nanbaya004.jpg

うん、豆腐が際立つお味といえば聞こえがよいが、
辛さがちょっと足らないな~
いかにも自家製マーボー豆腐って感じ。

立ち飲みとしてのアテの値段は高いけど、
それだけの旬のものを美味しく出してくれるという点では、
文句ないです。
春夏秋冬、季節に1回は訪れたいお店です。
今日の会社ランチは・・・おっ和風だ♪
それもメインは「かす汁」である。
こういう味噌汁の具が豊富に入ってるのは俺大好きなんですよね。
「けんちん汁」など色々あるが、一番代表的なのは「豚汁」ですな。
ご飯に豚汁をおかずにして食べるなんてのも、なかなか旨くて、
よくやります。

それに竹輪磯辺揚げを加えた今日のランチ(346円)です♪
kasujiru_tikuwaisobe.jpg

かす汁はやはり旨いですな~
ホントに体がよく温まる汁であり、野菜も大根等ふんだんに
使われており、体によさげ・・・(^^)
酒かすにはたんぱく質やアミノ酸、ペプチド、ミネラルなどが豊富に
含まれているのだそうな。

それから竹輪磯辺揚げ・・・
これは簡単にできますね。
レシピに残しておきます。

(竹輪磯辺揚げレシピ)
竹輪・・・3本

・水   ・・・大さじ3
・天ぷら粉・・・大さじ3
・青海苔 ・・・小さじ1
チーズ  ・・・適宜

(1) 竹輪を縦に半分に切る。
(2) 竹輪の中にチーズを入れる。
(3) 衣を合わせる。
(4) 竹輪に衣をつけて、170℃の油でさっと揚げる。

熱々のかす汁に、ほかほかのご飯、冬に食すのにいいですな♪
COCO壱のカレー・・・無性に食べたくなる時があります。
カレーライスという食べ物は日本人には、子供の頃からずっと、
親しまれている料理ですからね。
家でもカレーが食卓に並ぶことって多いし、レトルトで手軽に食べることもあるし、
そとでレストランでも、カレーが必ずメニューにあったりと。

cocoichi00.jpg

あ、そうそう、それで古い話を思い出しました。
東京ディズニーランドが開園する時に、何から何までアメリカのディズニーランドと
違わないサービスをって言われたらしいのですが、一つだけ譲れなかったこと・・・
それは何かと言うと、レストランのメニューにカレーライスを入れてさせて欲しい
ってことだったそうです。

話が大きく逸れてしまいました(^^;)
それだけ日本人に親しまれているカレーですが、
今回「エビカツカレー」(700円)にしました。
エビカツって揚げ物が大好きだってこともありますが、
トンカツよりも値段が安めってのも魅力です。

さーて出来上がりです。
cocoichi02.jpg

これだけでは、辛さがイマイチなので、卓上にあるふりかけスパイスを
バサッバサッとふりかけます。

cocoichi01.jpg

結構これで辛さも丁度よく、スパイシーさも抜群♪

そしてエビカツ・・・
cocoichi03.jpg

中の海老のプリプリ感がなかなかよい海老カツです。
トンカツといい、カレーライスに揚げ物はやはり合いますな。

ただ「ココ壱」は若干値段が高いので、そうそう頻繁には訪れられないですね。
神戸三宮の丁度、北野坂と東門街の中央辺りの位置でしょうか。
通りをさらに路地に入ったところに扉を開けると、
すぐに2階にあがる階段があります。
その階段を上がるとすぐに店の中・・・(^^;)

kido0.jpg

そのために店の外観はとれず、上がってすぐのところの写真のみです。
ホルモン串焼きのお店「城戸」です。

カウンターに10人ばかし、あとテーブルが2つあって、こちらにも
10人ほど座ることができます。
土曜日とあって、18時にも関わらず、店の中は大盛況♪
この店の人気の高さが伺えますね。

さて何にしようかと思ったら、ここのオヤジさんのお任せで
やるとのこと。
ひとまず生中(500円)を飲みつつ、待つことにします。

すると出ました!これが城戸スペシャル(1500円)だそうです。
kido1.jpg

具材は「豚肉」「キムチ」「茄子」「豆腐」「うどん」というような感じ。
これを味噌煮込みしているようである。
んんんん・・・何?この味付けは・・・辛い・・・
キムチとかの唐辛子の辛さではないです。
赤味噌のような味噌辛さが唐辛子の辛さで倍増してる、かなりくどい味。
ちっと味付けがかなり棘棘しい。

kido2.jpg

うどんも味噌煮込みうどんのようなものと思ってくださいな。
俺はうどんはあっさりしたスープで食べるのがお好みなので、
この味は舌には合わない。
水気の多い茄子なら、この味付けでも大丈夫かな。

その後、店もかなり混雑していたので、串焼きを待つこと15分くらいかな~
ようやくやって来たホルモン焼き~15本♪串は1本120円?

kido3.jpg

レバー、タンやハツなどの豚ホルモンがどっさりと。
うう~っ、お待たせの串だ、いただくぜぇ~ってことでいただくが、
ん?何これ?ホルモンは下地処理が重要だが、そのカットなどの
前処理があまりに粗雑。
それゆえにタレの味がちぐはぐにホルモンに絡んできており、
浮いた味になってる。タレの味が染み付いてる部分と、
何もタレが絡んでこない部分が混合。

最後に自家製シャーベットがサービスで登場。
kido4.jpg

これはバナナのシャーベットでした。
あとヨーグルトの味もしたかな。

同じ豚ホルモンでも、天満「神戸マッスルホルモン」の出来に比べたらねえ・・・
大きさは「城戸」の方が大きくて、食べ応えはあるけどね。
値段的にもこれだけの料理と3杯ほど飲んで、5人で割り勘2800円くらいなので、
安いってこともないし。
ご主人の城戸さんが非常に個性豊かで、面白おかしくしゃべりかけてくれるので、
カウンターに座って、ご主人と楽しく飲むには最適かな。

住所:神戸市中央区中山手通1-9-6
電話:078-321-3267
営業時間:17:00~25:00
定休日:日曜
本町はさすがサラリーマンの街だけに、船場センタービルの地下を歩いていると、
非常に魅力的な安くて旨そうな店が目白押しです。
そんな中「立ち呑み処 さんと」に入ってみました。

santo0.jpg

奥に結構広くて、だいたい40人くらいは入れる、大バコの立ち呑みである。
奥のほうにはテーブルを囲めるようにもなっており、
4人以上の人数でも気軽に入れる感じだ。

まずはドリンクを・・・ビールが発泡酒であるが300円を切る値段。
それもしっかりとジョッキである。
やはり、1軒目はビールをぐびぐびいっちゃうんで、ビールは安くなくちゃね。

アテは以下の2種・・・
「モヤシとニラの和え物と、牛タンステーキ。
santo1.jpg

写真ボケボケ(^^;)
モヤシとニラは250円くらいやったかな?
牛タンステーキで400円ちょっとであったか。

あとは「どて焼き」とを注文しおあいそ。
今回は3人で入ったのだが、一人ビール2杯、一品注文して、
1人900円ってな割り勘でした。

料理はなかなか美味しいが、立ち飲みとしては、若干高めなので、
長居するには適切ではないが、軽く一杯1軒目としての利用は、
非常に有効である。

住所:大阪本町船場センタービル2号館B2
電話:06-6262-6664
営業時間:[昼]11:00 ~ 14:00 [夜]17:00 ~ 22:00
定休日:第2・第3土曜及び日曜・祝祭日
王将は月に1回くらい無性に餃子を食べたくなる時がやってくる。
餃子以外も油がギトギトなので、それはかなり体調がいいときなんですけどね。
そんな、王将で餃子が食べたい!と思った気分がやってきました。
車を王将へと走らせます(^^)

ousyoutyanpon0.jpg

さーてメニューを眺めていて、その日の気分は「焼きそば」♪
王将の焼きそばは、油ギトギト感の中にもあっさりさが味わえて結構好きです。
その「焼きそば」と「餃子」がセットになっているものを吟味すると、
「天津飯」を併せた「トリオセット」(930円)ってのがあるではないか。

ちっと高いし、焼きそばにプラスして天津飯まで食べられるかってのもあり、
かなり躊躇したのだが、体調もええし、無理すれば食えるだろうと注文。

ousyoutorio1.jpg

おお!天津飯がでかい!!
天津飯、別に嫌いじゃないんですけど、焼き飯の方が好きやし、
今回メインに思っていた焼きそばよりもでかい。

ousyoutorio2.jpg

天津飯・・・やはりちょっと食べ切るのに閉口しましたです。
餃子はいつもと同じ味、王将の餃子はどこで食べても味統一されていますね。

そして今回メインの焼きそば♪
ousyoutorio3.jpg

はい、脂っこいけど、この焼きそばやっぱり大好きです(^^)

完食はしましたが、やはり量多すぎました。
その日は夜ずっと仕事しとりましたが、朝方まで全然お腹すかなかったです。
値段も1000円弱と高めやったし、王将は700円台の定食が一番バランスよくてええですね。

ホテル浦島は以前、メール会員特別価格で非常に安く泊まったことがある。
その時に温泉レジャーランドという風貌が非常に気に入っていたのだ。
そのホテル浦島の日帰り入浴は1000円で利用できる。
それにランチバイキングをつけても1500円なのだ。

urashimalunch0.jpg

ここのバイキングはあまり評判はよくなく、俺もモーニングバイキングの
出来から、お昼も期待できないと思ったが、500円ならま、いっかと
食べてみた。

見た目やはり取ってくるものが全然ない。。。
urashimalunch1.jpg

サラダやポテトなどで、肉系・魚系のメインになりそうな料理がない。
ひじきなどの、副食惣菜ばかり・・・

カレーはどこでもバイキングの定番ですな(^^)
urashimalunch3.jpg

ただ、このお味はなんとも・・・
今まであちこちのバイキングでカレーを食べてきたが、
その中でも最低ランクに位置するほど、味がイマイチ。

そんな中、ちっと美味しそうなもん見つけた♪
urashimalunch2.jpg

八宝菜である。
これをご飯にかけて、中華丼にでもしようかと思ったが、
ひとまず皿に盛って味見してみる。
うっ・・・見た目に反して、これまたよろしゅうない・・・
ここまでハズレが続くとは・・・

そこで一つ考えた!
美味しそうな塩昆布があったので、それでお茶漬けをしてはどうかと。
お茶漬けまで、まずいってことはないですからね。
その通り、これは美味しかった!さらさらと流し込む、しょっぱい昆布と
米の味わいはいい。2杯食べちゃいました。

もう一つ救いはこれ。
urashimalunch4.jpg

そうドリンクバーもついてるんですね~
ジュース、コーヒーも飲み放題だが、デザートにソフトクリームまで
食べることができる。
ま、コーヒー飲んで一服できたと思ったらね。

これで500円だと思えば満足です。
しかし1000円だと思えば、1000円で食える他のランチと比べると、
かなり見劣りがします。
自製昆布茶漬けが一番美味しかったくらいですから。


↑勝浦温泉 ホテル浦島の予約なら↑
よく三宮で飲んだ帰りに利用してた「金山園」・・・
今回も飲んだ帰りに利用です(^^)

kinzanen0.jpg

金山園ラーメン(汁そば)記事はこちら!

今回は、まだお腹に余裕があったので、まずは「焼きそば」を。
kinzanen02.jpg

これがもうめちゃめちゃ旨い!!
麺は汁そばと同じ中太の平麺ですけど、このもっちりとした旨みは
他ではなかなか食べられないでしょう。
油も結構使っているように思うが、あっさり感もある旨さ。

焼きビーフンと共に人気のある餃子(420円)をいただく。
kinzanen01.jpg

餃子は外側がぱりっと焼かれていて、中にぎゅっと肉野菜が詰まっています。
ただもちもち感のある「ひょうたん」の餃子タイプが好きな俺は、
ちょっと焼きすぎかな~って印象。
ニラの味も結構きついんで、焼きニラ肉団子って感じかな。
これだけで420円って値段と共にイマイチ感が・・・

あと水餃子もいただきました。
kinzanen03.jpg

色々食べると値段が結構高いですから、かなり金額がいっちゃうのが難点ですが、
これほど旨い台湾料理を出す店はなかなかないですから、
一度ラーメン(汁そば)だけでも試してみる価値は太鼓判押します。

そして、どうやら裏メニューにあった「汁なしラーメン」(630円)が
メニューとして加えられているようですね。
今度は是非、この「汁なしラーメン」を食べに行きます。

住所:神戸市中央区中山手通1-9-5
電話:078-331-2372
営業時間:18:00~翌3:00
定休日:日曜 祝日
さて、今日のランチは・・・と遅めの昼ごはんを食べるために、
食堂にあがる。
日替わりのランチがあまり美味しくなさそうだったので、
単品で注文しようとすると、珍しい名前のものを見つけた。

「まぐろシャリアピンソース」ってのらしい。
この時点でシャリアピンソースってのは俺にはなんか
よく分からなかったが、自分が今まで食べたことのないものには興味津々なので、
それとご飯のセットにした、
いつもの如く、大盛りご飯(普通ご飯と値段は一緒)と、
このまぐろシャリアピンソースを併せる。
451円也。

magurosute-ki.jpg

このマグロシャリアピンだけで、ご飯のおかずになるかどうか心配だったので、
いつもより高菜漬物をたんまりとご飯に盛ってきました。

さーてお味は。。。うん、まあ美味しい、ご飯のおかずになるが、
シャリアピンって一体何?とこの時点でも分からない(^^;)

後々調べてみたら、玉ねぎを使ったソースなんですね~
ビーフステーキやハンバーグなんかにかけるソースだそうな。
これをシャリアピンソースって言うんですな。
一つ勉強になりましたです(^^)

以下、ソースレシピ♪

(材料)
玉ねぎ1/2個
にんにく1片
プランデー大さじ2
スープ1カップ
パター大さじ5
塩・こしょう各少々
(作り方)
1、玉ねぎとにんにくは、みじん切りにします。
2、肉の焼き汁にバターを溶かし、1の野菜を妙めます。
3、しんなりとしたらブランデーを加えて強火にし、スープを入れます。
4、塩、こしょうで調味し、しばらく煮込みます。