関西のグルメを呑み食べ尽くし!

結構、今日は飲んだ・・・
但し、食うもんはあんまし食ってない。
そんなときに、ちょっとたこ焼きでも食おうとよったのがここ。
お初天神通りより東、新御堂筋沿いにある「たこ花」です。

曽根崎たこ花

結構、夜遅くに賑わっているので、
前から気になっていた店なのだ。

さーて、そのたこ焼きを注文・・・
って思ったが、8個500円!?
なんでそんなに高いん??
ってちょっと躊躇する。
しかし、まあ酔っ払いなもんで、まあ試しに食ってみるかと、
1人前注文する。

出来上がりはこれ。
曽根崎たこ花

写真では小ぶりに見えるが結構な大玉。
かなり表面上からぺちゃっとしてますね~

さーて、ばくっと一口いきましょう。
蛸は大きくて、味わいがかなり深いが、
生地の焼き上げ方がダメダメ・・・
表面が硬いところもあれば、柔らかいところもあり、
均等に焼けていないのである。

この値段で8個のたこ焼きね~
さーて、次に飲みに行きましょか。

住所:大阪市北区曽根崎2-10-31 梅田オレンジビル1階
営業時間:19:00~翌2:00
定休日:日曜、祝日

『ズバリ!大ぶりのたこが自慢っ!!』築地のたこ焼き


曽根崎たこ花 (たこ焼き / 東梅田)
★★☆☆☆ 2.0

今日の気分はなんといってもチャーハン。
俺はチャーハン好きなので、月に2、3度はチャーハンを食いたい衝動に駆られるのだ、
ラーメンも好きなので、大概はラーメンの美味しいところに行って、
チャーハンセットを頼むことが多い。
今回は新大阪から、東淀川にぶらぶら歩いていると、
いかにも中華らしい、店構えの店が!

中華料理 龍

定食の感じも、結構セットにすると安い感じ。
中華料理 龍

今回はここに入ってみましょう。
中華料理の「龍」です。

店内の様子。
中華料理 龍

結構、明るめであるが、ちょっと流行っていない・・・
まあ、お昼時、13時前やったんもありますけどね。
しかし、ちょっと不安。

これがメニューです。
中華料理 龍

中華料理 龍

お得な定食セットもありましたけど、ボリュームがある分、
ちょっと割高の700円程度設定。

すると壁を見つめると・・・
16時まで、定食、飯類50円引きってあるじゃありませんか。
最初の目的どおり、チャーハン頼んでも50円引きで450円。
うんこれがええでしょう。

さあ、出来上がってきました、焼きめし(450円)です。
中華料理 龍

スープつき。
普段は500円ですけどね。
結構ボリュームがあって満足。
早速食らってみましょう。

うんうん、すごく、卵たっぷりフワフワ感のある焼きめしです。
もっと美味しくないかと思ってただけに、
これは嬉しい誤算です。

結構やきめしのレベルが高かっただけに、
これは定食も興味が湧きましたね~
今度また訪れてみようっと。

場所:JR東淀川駅西側すぐ
↓お勧めリンク↓

↑こんなチャーハンが食べたい♪↑


ミン龍 中華料理 / 東淀川駅東三国駅新大阪駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

さて、2軒目の店で満足して、そのまま帰ったらいいのだが。
そこは酒飲みの集まり(^^)
最終電車まで、もう1軒いきましょってことで寄ったのが、ここです。
あっさりと〆たかったので、「ひょうたん寿し」に行きました。

ひょうたん寿し

日本海の脂の乗った本まぐろ。九州より天然の石鯛平目。
北海道の毛ガニ、うに。各本物の味を追求しています。

店頭のメニュー。
ひょうたん寿し

ちっとやはり高めの値段設定。
まあ、天然物を扱ってるとなると妥当ですかな。
ここはカウンターと座敷で構成されています。
3人で行ったので、座敷に通されました。

お通しで出されたのはこんなの。
ひょうたん寿し

蛸と大根を煮たのです。
これがなかなかの美味しさ、やはり海鮮物は旨いってとこが、
非常に伺えます。

そんな中、食べたのは、あっさりをと鉄火巻。
ひょうたん寿し

これが、やはり旨い。
すし屋の鉄火巻って味です。
居酒屋で食べるとまずいのんがよくありますからね。

あと、アテに頼んだのは、鰻肝焼き。
ひょうたん寿し

これを食べてみて・・・・
ほぉ~このこんがり鰻の肝のふっくり感を出しているのは、
なかなかお目にかかれません。
ちょうど、日本酒に合う感じです。

あまり電車の時間までなかったので、これにて退散。
素材の旨さと、その調理の巧さがよく感じられる店でした。
あと、もうちょい安かったらなあ~

場所:JR立花駅北側に出て、立花東通り商店街を北へ3分ほど、左手側に見えてきます。
電話:06-426-6264

ひょうたん寿し 西中島本店 (魚介料理・海鮮料理 / 西中島南方)
★★★☆☆ 3.0

天満でかなりの量を飲みました。
最後にたこ焼きでも食べようかと寄った店がここ。
JR「天満駅」から北へ徒歩5分ほどの所にあるたこ焼き屋です。
「名瀬」に今回立ち寄りました。

たこ焼き 名瀬


おばちゃんが一生懸命、焼いてくれています。
たこ焼き 名瀬

テイクアウトが基本であるが、店頭で約8人程度ですが、
そこで食べることも出来ます。

値段はこんな感じ。
たこ焼き 名瀬

まあ、町のたこ焼き屋さんってお値段ですね。
あと、味も3種類選ぶことが出来ます。
それから、ビールセット、酎ハイセットってのもあり、
呑みながらのたこ焼きも可能。

さあ、おばちゃんに作ってもらいました、8個240円です。
たこ焼き 名瀬

んん?5個ですやん!!
同行者が写真撮る前に、ばくばくっと3個食っちまいました。
あ~っ!俺も食うぞ。

結構、紅生姜の味わいがよく伝わってきて、
こういう町のたこ焼き屋さんとしては、
中がとろっとしてるのを巧く出しています。
飲んだ後に、非常にいいたこ焼きですね~

さーて、まだまだ、次、呑みに行くぞ~

住所:大阪市北区池田7-8
電話:06-6353-9610
営業時間:13:00~21:00
定休日:日曜
↓お勧めリンク↓

『ズバリ!大ぶりのたこが自慢っ!!』築地のたこ焼き


たこやき 名瀬 (たこ焼き / 天満)
★★★☆☆ 3.0

新大阪駅を降り立つと、いろんな飲食店が迎えてくれます。
そんな中でも、蕎麦は非常に手軽に食べることができる食べ物。
蕎麦をさっと食べるために、ここに立ち寄りました。
JR大阪駅の環状線にも立ち食いのお店がありますね、
汐屋(シオヤ)の新大阪駅店です。

汐屋(シオヤ)新大阪駅店


これが、そばのメニュー。
汐屋(シオヤ)新大阪駅店

あれって思わなかったですか?
かけそばは、260円と立ち食いの値段なんですよ。
それやのに、きつねなんぞをトッピングすると、
いきなり500円!!!
きつねの揚げが240円もするんかいなと、
この価格設定にかなり疑問・・・

そんな価格設定に疑問持ちつつ、頼んだのは、
海鮮ものも食べたい気分であったので、
ネギトロセット(800円)にしました。

汐屋(シオヤ)新大阪駅店

丼に、ミニそば(orうどん)+漬物ってセットです。

まずネギトロ丼。
汐屋(シオヤ)新大阪駅店

非常にネギトロの含有率が高くって、
これはボリュームありますね。
またネギトロの味も俺好みの味です。

そして、こちらがミニそば。
汐屋(シオヤ)新大阪駅店

上にネギと天かすがのっています。

蕎麦は白めの細い麺。
汐屋(シオヤ)新大阪駅店

これが結構、風味豊かで味わいが深い。

値段設定考えると、この雰囲気の手軽に寄れるお店としては、
ちょっと高いかな~って印象。
680円ってな値段でこれ出してくれたら納得です。
今度かけそば(260円)だけって利用してみようかな(^^;)

住所:大阪市淀川区西中島5-16-1
電話:06-6390-2233

汐屋 新大阪駅店 (うどん / 新大阪)
★★★☆☆ 2.5

1軒目を出て、この鶴橋駅近くで軽く飲んで待てる店はない?
ってことで連れてきてもらった店がここ。
ちょうど近鉄鶴橋駅東側出口を出てすぐ、本屋の隣です。
立ち呑み「源氏」である。

立ち呑み 源氏

店内はコの字のカウンターでかなり広い。
いかにも老舗の立ち呑みといった雰囲気。

立ち呑み 源氏

メインは串カツとおでんのようだ。
立ち呑み 源氏

その串カツとおでんは120円って値段なので、まあまあの価格。
やはり正統派立ち呑みの店ですな。
ただビール大瓶が500円っちゅうのが高すぎる。
これがどこも鶴橋の、ビール値段なのかいな。

連れを待つために入ったので、長居はしないだろうから、
頼むものは厳選しようと思う。
となると、串カツ、おでんなんぞの定番はパス。

するとこんなもんがあった!
立ち呑み 源氏

「酢モツ」(170円)。
湯引きしたモツにネギがどっさりとのっている。
これにポン酢をかけて食べるのだ。

こ・い・つがめちゃ美味しい~
湯引きしたモツが、噛めばじゅわっと味が拡がるのだが、
それがポン酢のあっさり感と絶妙にマッチしてる。

おでん、串カツは食べなかったので、
この店を正当に評価できないが、立ち飲みでドリンクが高いのが難点。
酢モツは美味しかったから、またこれと串カツ、おでんを何品か頼んで、
2軒目あたりにちびちび飲みながら使いたいですね。

住所:大阪市天王寺区下味原2-1
営業時間:14:00~22:30
↓お勧めリンク↓

あっさりおダシで田舎風。そばすいとんが付いた信州ならではのおでんです。屋台おでん


源氏 (げんじ)