関西のグルメを呑み食べ尽くし!

赤羽に朝9時からやっている気合いの入った大衆酒場があると伝え聞いた。
昨日はそんな飲んでいないので、今日は朝から闘えそうである。
ということで今日の朝食(朝飲み)はここから開始、
鯉とうなぎの「まるます家」である。

鯉とうなぎのまるます家

平日朝10時にも関わらず、店内は呑み助でいっぱい。
鯉とうなぎのまるます家

俺はこの大衆雰囲気、好きですね~
ドリンクは1リットル980円のハイリキ酎ハイボトルが
一番安くてお得なのだが、一人でさすがに朝から大量に
飲むわけにもにもいかずライムハイ(350円)をいただく。

店内のメニュー。
鯉とうなぎのまるます家

非常に豊富ですね。
その日のおすすめ含めて、100種類くらいはあるんじゃないかな。
しかしやっぱり鰻は高くて今回食べませんでした。
蒲焼の一番安いので800円くらい、鰻丼で750円であったか。
ランチは別の店で食べようと思っていたのでスルーです。

屋号にもなっている、鯉とうなぎより、鯉のあらい(400円)をいただく。
鯉とうなぎのまるます家

鯉ってあまり食べた記憶がない。
濃い目の酢味噌につけて、いただく。
やっぱり鯉はクセがありますね、あまり美味しいもんではない。
魚好きではあるが、鮒とかも苦手な俺である。

あと、ちょっと珍しいなと思って頼んだのが、ほやの塩辛(350円)。
鯉とうなぎのまるます家

ほやというのも癖のある食べ物であるが、
塩辛にしているので、まったりとした味わいです。
ちょっと粒ウニの瓶詰めに似た感じである。

これでおあいそ1100円。
大阪には平日の朝からこれだけ賑わっている大衆酒場はないな。
やはり東京の酒場は奥が深いです。

住所:東京都北区赤羽1-17-7
電話:03-3901-1405
営業時間:9:00~21:30
定休日:月曜日(祝日場合は翌日)・年末年始
↓お勧めリンク↓

★鯉も煮込んだ料理、購入はこちらで★


鯉とうなぎのまるます家 総本店 (まるますや) (居酒屋 / 赤羽)
★★★☆☆ 3.0

大阪の本町に珍しい台湾料理の立ち飲み屋があるんを、
色々ネットで調べていると見つけた。
こういう個性的な立ち飲み屋が結構俺好きなんですよね。
では行ってみようではないかと足を運ぶ。
すると、ちょっと楽しげに賑わってる店があるではないか。
んじゃ入りましょ、JINGO Standing(ジンゴ・スタンディング)です。

台湾立呑 JINGO Standing[ジンゴ・スタンディング]

まずは奥へ通されようとしたのだが、外で呑む方が心地よさげであったので、
テラスで呑むことにしました。

台湾立呑 JINGO Standing[ジンゴ・スタンディング]

あ、基本立ち飲みですが、きちんと簡易椅子が置いています。

こんな感じです。
台湾立呑 JINGO Standing[ジンゴ・スタンディング]

しかし終電間際やっていうのに、中も賑わっています。

こちらがお酒のメニュー。
台湾立呑 JINGO Standing[ジンゴ・スタンディング]

このお店の通貨単位は1JINGO=120円。メニュー横の数字×120円です。
たとえば、生ビールやと360円の計算になります。

あっちゃこっちゃで呑んできたので、ここでは紹興酒をロックでいただく。

こっちが食い物メニュー。
台湾立呑 JINGO Standing[ジンゴ・スタンディング]

担々麺が美味しいと聞いていたので、それを頼もうと思っていたのだが、
夜はやっていないとのこと。
酒の最後の〆に麺って人間が多いのに、これは残念。

ちゅうことでアテには・・・
麻婆茄子(480円)をいただきました。
台湾立呑 JINGO Standing[ジンゴ・スタンディング]


けど、これあんまり辛くない・・・
辛くない麻婆はあまり好みでない俺にはイマイチ。

青菜の炒め物(480円)。
台湾立呑 JINGO Standing[ジンゴ・スタンディング]

こちらはオイスターソースが結構マッチしていて美味しい~♪

あと焼きビーフン(600円)も頼んでいたのだが、終電近くになり、
あえなく時間切れに。
結構炒め物系は、重なると時間かかるので、ご注意を。

店の雰囲気的には、俺は好みですね。
料理の値段も手頃ですし。
ただ本格的な台湾料理って味ではないかな。

住所:大阪市西区靱本町1-3-27 さくらビル1F
電話:06-6441-3653
営業時間:[月~金]11:30~14:00 17:30~24:00 [土]17:30~24:00
定休日:日曜・祝日・第1第3土曜
↓お勧めリンク↓

★テラピアを使ったこんな料理を食べてみませんか?★


JINGO Standing (ジンゴ・スタンディング) (担々麺 / 本町)
★★★☆☆ 3.0

東京でやきとんを食うとなるとここを絶対一番手に挙げる。
去年も行ったのであるが、あまりにもそのマニアックさに、物怖じしてしまった。
絶対に、常連感覚でこの店制覇するぞっと、
今回みっちり予習して挑みました。
安いもつ焼きの店、「宇ち多”」です。

宇ち多”

しかしこの店は相席あたりまえのぎゅうぎゅう詰め状態。
この日も満席状態であったが、わずかながらのスペースへ。
この状態で客を回転させるから、この値段でやっていけるんやろなって思う。
それに長居する客は大将がストップかけよるからね。
待ち客がおるから、大将から声かかる前に、お暇するのがマナーであろう。

ドリンクはもちろん、ここの梅割り(180円)。
宇ち多”

見てくださいな、このテーブル。
こんなとこに10人も座るから、隣の客とも密集します。
しかしなんといっても値段が安い。もつ焼きはどれも均一料金。
ただ、物価高騰はこの店にも来ており、180円に値上がりしていた。
しかし、下皿もこぼれるかくらいに並々いっぱいに注がれて、
梅のエキスを垂らしてくれる、焼酎梅割も180円で飲めるのはなんとも安い。
ただこれを飲み過ぎると相当酔っぱらうので注意!

まずは大好物のレバーを生で(180円)。
宇ち多”

レバナマ・・・やっぱり、このコリコリした味わいいいですね~
豚生レバーとしての新鮮さ、旨さでは、
新橋のニコニコ食堂には及ばないが、値段が違いますからな。
ニコニコ食堂の記事はこちら!

前回訪問時、タレの味が気にくわなかった俺は、
あとのもつ焼きは塩でいただくことに。
ハツ塩若焼きで頼もうとしたがあいにく売り切れとのこと。

なのでガツ塩若焼き(180円)で注文。
宇ち多”

横のおっちゃんから、それ唐辛子かけたほうが旨いよって言葉で、
少しだけと思ったけど、どっさりとかけちゃいました(^^;)
若焼きは少しあぶった程度、逆はよく焼きになります。
やっぱり、このホルモン、旨いですね~
塩で食べるとよりよく分かる。

なのでカシラも塩(180円)でいただくことに。
宇ち多”

こちらは普通に焼いてもらいました。
これはやっぱりいい!!
このもつ焼きは以前より評価上げます。

梅割り2杯飲んで、3皿食ってで900円とはやはりすごい店。
前回以上にここのよさ、特に味のよさの評価が向上。
常連さんの足元に及ばないが、
少しは雰囲気に溶け込んで呑めたような気がします。

住所:東京都葛飾区立石1-18-8 仲見世商店街
電話:03-3697-5738
営業時間:[月~金]14:00~19:00 [土]12:00~19:00
定休日:日曜・祝日
↓お勧めリンク↓

★ハツとレバーの間の部位がすっごく美味です、購入必至

北千住、3軒(うち1軒大はしはUターン^^;)め~
「大はし」で焼酎ボトル1本軽く空けてしまったので、
あまり記憶はございませんが、ええ店やったんで書かせてもらいます。
全然知らない街、北千住を同行者とぶらぶら歩いてると、
非常にお互いに食指がのびる店が・・・
ここ是非入ろうと下調べなしに入ったのがここ。
小会席「あめ宮」です。

小会席 あめ宮

会席料理とは江戸時代以降に発達した酒宴向きの料理の事で、
現在の日本料理の主流。
それを小じんまりとやってるから「小会席」になるんかな。

ふぐやら、高めの海鮮系のお店のようです。
表の値段みてもインドまぐろ造りが2200円!
和牛網焼きが1500円ってな値段。
酔っ払って、あんまし値段見てなかった・・・普段なら絶対入らないお店です。

店内の様子。
小会席 あめ宮

店は本当に小じんまりとしていて、大将一人で切り盛りされています。

最初に出てきた、付け出し?
小会席 あめ宮

な、な、なんですか??これ?
会席ではなく懐石でしょ~

そんでお造り盛り合わせ。
小会席 あめ宮

この綺麗な盛り付けに新鮮なお造り。
やはりこの店は素晴らしい。
赤貝、ウニ、鯛、トロ、蛸、どれもがめっちゃ美味しいです。

こちらはミンク鯨刺身。
小会席 あめ宮

くじら~♪大好物なんですよね~
今じゃ高級なもんになっちまったんであんまし食えませんが。

最後に寿司を握ってもらいました。
小会席 あめ宮

これまたすごいですね。
最後の〆にこういう寿司を出してくれるのは、
やっぱり大将、いい職人さんだ。

値段をちょっと控えることを忘れていたが、
結構な値はいったと思います。
しかし、それ以上に、味は美味。
大将の人柄に甘えさせていただき、
同行者と共に色々歓談させていただきました。
また北千住訪問の際は、3軒目(徳多和良→大はし)で利用させてもらいます。

住所:北千住駅西口下車直進りそな銀行左折本町センター商店街へ。
トポス北千住店を右折50mくらい。
営業時間:17:00~22:00 
定休日:日祝
↓お勧めリンク↓

★この鯨の赤身と本皮の見事なハーモニーを味わいませんか★


小会席 あめ宮 (居酒屋 / 北千住、千住大橋、牛田)
★★★★ 4.0

去年、来訪して、その値段、味、店の雰囲気、
総合で俺が今まで訪ねた酒場の中でも最高得点をつけたのがここ。
今回の東京旅行でも絶対味わうぞって決めていました。
それほどまでに再訪問を願望していた店。
「徳多和良」である。

徳多和良

店頭のメニューを眺め、中へ。
雨が降っているせいか、18時過ぎにも関わらず、結構すいている。
ここで連れと合流のため、エビスを呑みつつ少し待ちます。

前回訪問メニューはこんなの。
徳多和良

連れと合流~まずはかつお刺し(315円)。
徳多和良

見てくださいな、この鰹の色艶。
うまい具合に脂が程良くのっていて、ええ感じです。
やはりここの海鮮は素晴らしい。

そしてすずきの変わり揚げ(315円)。
徳多和良

天ぷらのように揚げているんですがどうやってるんでしょ?
衣にすごくふっくら感があって、中の白身のあっさりさと
ハーモニーばっちしです。

んであら煮(315円)。。。
徳多和良

これは普通かな~鰹ともう一つ魚なんやろ?
赤い魚でした。

んで珍しいなと、ふじつぼの酒蒸し(420円)なんてのをいただく。
徳多和良

これは。。。日本酒ええのが欲しくなる旨さ。
珍味ですな~こういうの大好きです。
あんまりほじくるところがなかったけどすごいね~これ。

そして鰆の塩焼き(315円)。
徳多和良

見た目も綺麗ですよね。
これが割烹くずし 徳多和良のすごいところ。
これもまた、身がすごくふっくらしていて美味しい。

さすが「割烹くずし」・・・
その名前の通りの演出を醸し出してくれました。
2度目でしたが、やはり最高点をつけた自分の目(舌か)に、
間違いはなかったです。

住所:東京都足立区千住2-12
電話:03-3870-7824
営業時間:17:00~21:30
定休日:日曜・祝日・第2月曜
東京到着後、どこで飲もうかと考えて選んだのが、
サラリーマン飲み屋街のメッカ「新橋」。
ここで立ち飲みからまず1軒目いっときましょか。
リスのマークが目印の「ぼんそわ」です。

ぼんそわ

18時過ぎには店内はいっぱいになっている。
まずここは入ろうかどうか非常に迷った。
中に俺みたいな一見さんの一人客がいないのだ。
で、入ってみるとやっぱり俺一人で浮いてる状態に(^^;)

ドリンクはホッピー(400円)が量が多いとの噂やったんでそれに。
ぼんそわ

付け出しのサービスもいただきました。
ジョッキの中の焼酎はシャーベット状に凍っていて、
これにホッピーを注いで、飲むとキンキンに冷えていてええですね。

ここは毎日のメニューは日替わりになり、黒板に書かれています。
料金は冷奴150円~マグロぶつ400円くらいの値段設定です。
そのメニューを眺めるが、目当てにしていたカレー煮込みがメニューにない。
となると同じ煮込み系で煮込みハンバーグ(300円)をチョイス。

店内の様子。
ぼんそわ

コの字型のカウンターで15人~20人くらい詰めたら入れそうでしょうか。
そして、ここはキャッシュオンデリバリーです。
カウンターの上に銀色のお皿があり、そこにお金を置いておきます。

煮込みハンバーグ(300円)です。
ぼんそわ

電子レンジでチンされたのでしょうね、皿まで熱々です。
煮込みはデミグラスソースの味わいにコクがあって、
なかなかええ感じです。

常連さんばかりで盛り上がっていたので、この700円でおあいそ。
一見さんが一人で乗り込める雰囲気を持てない店は好きではないのです。
常連ばかりのため、中に入り込むのは難しいですね。
誰かと連れ立って行くのが最適でしょう。

住所:東京都港区新橋4-15-5
電話:なし
営業時間:17:45~23:30
定休日:土日祝
↓お勧めリンク↓

リーがロイヤルホテルのふっくら柔らかロールキャベツとコクのあるデミグラスソースハンバーグ


ぼんそわ (立ち飲み居酒屋・バー / 新橋)
★★☆☆☆ 2.0

梅田で安く、ちょっと摘むにはということで利用したのは・・・
ちっとうるさめではあるが、ここ「八銭」を利用しました。

八銭(大阪梅田)

店内の様子。
八銭(大阪梅田)

店内はすごく明るくて、音楽ががんがんにかかっていて、
ちょっと騒がしい雰囲気。
まあ客層が20~30歳の年代をターゲットにしているのだから、
こんなもんであろう。
ただ、もうええ、おっちゃんの俺には、ざわざわし過ぎかな。

まずは同行者と2人ともモルツ生(368円)を注文。
すると一緒に枝豆が出てきた。
ん?ここ付け出し、出してたっけ?とも思ったが、
後の勘定計算すると、300円くらいつけられておりました。
こういう簡易立ち飲みスタイルで、これをとるのは俺は気に食わない。

メニューを眺める。
ドリンクもアテもかなり種類は豊富。

そんな中、俺のチョイス。
八銭(大阪梅田)

エビマヨ(410円)です。
ここは以前、中華系が美味しかった記憶があったので、
これを選んだが、正解でしたね。
普通に中華屋で出てくるの変わらん旨さです。
お昼は中華ランチもやってる店ですから、そっちには力いれてるんでしょ。

同行者のチョイス。
八銭(大阪梅田)

ポテトフライ(294円)です。
うーん・・・もっと凝った料理あるのになぜにこれ?
こんなの家でもすぐに作れるやん
って思ったのだが、まあええでしょ。

まあ、そんな同行者と会話が噛み合わず、早々におあいそ。
ドリンクは2人で5杯ほど飲み、2品食べて支払いは3500円程度。
この値段は普段安い立ち飲み巡っていると、すごく高く感じますね。
ただ24時間やってるちゅうんが魅力的です。
俺みたいな何時からでも飲みOKってな人間にはええでしょう。
以前より、評価は下がりました。

住所:大阪市北区小松原町5-14 小松原ビル1F
電話:06-6367-0388
営業時間:24時間営業
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

【千成亭】牛テール和風煮込み
安い立ち飲みのお店として、あちこちでチェーン展開しています。
ちょうど梅田で人と待ち合わせしていたのだが、1時間ほど遅れるとのこと。
そうなると喉も渇いているし、安いビール飲めるところと思いついたのがここ。
ホワイティ梅田にあります、立ち飲み「本日開店」です。

本日開店 Whity梅田店

店内の様子。
本日開店 Whity梅田店

落ち着いて綺麗な雰囲気もここはよいですね。

さて、これがドリンクのメニューです。
本日開店 Whity梅田店

生中が290円と安いのが魅力。
それも発泡酒やないですよ、スーパードライがです。
他も200円台が多いですよね。
昔はミラービールが240円なんて値段であったんやけど、
今はなくなっています。

こちらが通常メニュー。
本日開店 Whity梅田店

平均すると300円台ですね。
見る限りはあまり凝ったものはないのだが、
このメニューの豊富さが魅力的です。

いちおしメニューはこんなの。
本日開店 Whity梅田店

その後、たくさん食べる予定でしたので、
アテはちょい摘めるものをとこちらからチョイスしました。

生中(290円)に、ホタルイカ塩辛(290円)です。
本日開店 Whity梅田店

まあ、ビールのアテにこんなもんで(^^)
塩辛といっても、これは沖漬けですね。どこにでもある味です。
しかしビールは、あっちゅう間に飲み干してしまいました。

そこで、もう1杯安く呑めてとなると・・・
本日開店 Whity梅田店

これをチョイス、ハイボール(200円)です。
ウィスキーはちょい苦手ですが、炭酸割りは飲みやすいです。

これでおあいそ、780円です。
ここは本格的に飲みに行く前に、ビールをぐっと1杯がええ感じ。
またチョイ呑み先行に利用するでしょうな。

住所:大阪市北区小松原町梅田地下街4-2
電話:06-6316-0866 
営業時間:10:00~23:00
休日:第3木曜
↓お勧めリンク↓

★生ホタルイカをしゃぶしゃぶで食う!★