関西のグルメを呑み食べ尽くし!

新世界で串カツといえば?
「八重勝」「てんぐ」「だるま」・・・有名処ですね~
ただ、あんまし、いかにも新世界串かつのこういうお店は、
俺はあんまし好きではない。
ちょっと裏道に入ると、こういう店もあるのだ。
新世界で串かつ食うにはいつもの「酒の穴」へ。

酒の穴

店内はながーいコの字のカウンターのみ。
酒の穴

椅子も簡易椅子なんで、立ち飲み感覚で寄れる店だ。

大瓶ビール(450円)を頼み、メニューを眺める。
串かつも安い!
なんと牛串、豚串など、半分は1本80円である。

そんな中、串かつ、第一波!
酒の穴

牛串、豚串、青とう、れんこん
どれもが80円なのだ!これで320円である。
安いな~
そしてここはソースは2度付けお断りの店ではない。
卓上にあるとんかつソースのボトルから塗る感じである。
新世界のソースはどこもがあっさりしてるので、
ここの濃厚なとんかつソースも好きなのだ。
牛肉にしても、他の新世界串かつよりもボリュームあって美味しい。

鰻が300円ってあったので、それをもらう。
酒の穴

うーん、これは冷蔵庫からパックになってたのを出してきての、
レンジチンやったので、あまり味わいのよさは薄い。

やっぱり串かつやねって第二波!
酒の穴

はも(150円)、いわし(100円)、なす(80円)を。
はもの白身が旨かったな~、大好物のなすもええ感じ。

そして、いつもの〆はこれ!
酒の穴

八宝菜(200円)です。
そのあっさりさが最後に、レモン酎ハイ呑みつつ、食べるのが最高。
ちょっと胡椒多目にふって、食べるのが俺は好きですね。
この安さでこのボリューム、旨さはめっちゃええ。

結構食べて、飲んでも一人1000円ちょっと。
このお店は一生通い続けるでしょうな。

住所:大阪市浪速区恵美須東2-4-21
電話:06-6631-1845
営業時間:10:00~21:00
定休日:木曜
↓お勧めリンク↓

★ソース2度漬け禁止の大阪串カツが家で楽しめるセット★
酒のアテとしては、きちんとした物を食べた後に、
だらだら飲み続けるときには、お菓子類がちょい摘むには最適です。
誰かが遊びに来たときに、ポテトチップスやチョコレート類がいつも多いのであるが、
今回、こういうものを家での常駐にしてみました。

【よっちゃん】下りスルメ

まずは「よっちゃんいか」でお馴染みのよっちゃん食品がだしている、
イカの加工品です。

「よっちゃんいか」の記事はこちら!

【よっちゃん】下りスルメ(880円)。
内容量は、30円×30本入。
イカ一匹まるごと串に刺しています。
これを「よっちゃん食品」らしく、酢で味付けされているのだが、
他に関西人向けに昆布も使用しているのだそうな。

その一本串はこんな感じです。
【よっちゃん】下りスルメ

まるごと烏賊を1匹使用しているのは、見た目旨そうですね~
さーて、足からがぶっとかじりついていきましょう。
うん、やはり酢をかなり効かせています、やっぱり「よっちゃん食品」やわ。
だけど、いつもの「よっちゃんいか」よりも甘みが感じられる。
これが昆布の風味なのかな?あまり昆布の味は酢で分からなかったです。

もひとつ違った趣向を・・・

家でフライ物って手軽にできるもんではないですよね。
また、さんざん飲んでからなんて、フライは揚げられるもんやない。
そんで昔から懐かしのこういうもんを買ってきました。

「串カツ」サクッとジューシーお好みソース味11本入り(298円)
串カツお好みソース味

こういうので昔、「ビッグかっちゃん」ってのがありましたが、
それをよく買ってました。
こういうジャンキーなお菓子が昔から大好きです。

中から一つ、取り出してみました。
串カツお好みソース味

これはその「ビッグかっちゃん」よりも衣がサクサクで、歯ざわりがええです。
中に挟んであるのは、魚肉練り製品であるのだが、
その味わいは全くないと考えてください。
ハムカツよりも薄い・・・
あと、ソースが結構ええ味してました。
ただ、魚肉ソーセージをフライにして安く売りに出したら、
酒のアテとして結構売れると思うんですけど、どうでしょ?

さーて!!今夜もこれを最後のアテに飲み続けましょうかい!

↓お勧めリンク↓

★よっちゃんいかに辛醤油味ってあるんですね~★
豚の生産で有名な「もくもくファーム」・・・
ここのレストランで食ったもんはどれもが旨かった・・・

農村料理のみせ「もくもく」の記事はこちら!

ここでなら、なんか買っても、絶対に旨いやろ~と、
レストランの前にある、ここのお店を利用しました。

もくもくファーム 焼豚

こちらは「焼豚」を店頭販売してるお店です。

こんな感じでショーケースに焼豚が並べられています。
もくもくファーム 焼豚

その日、ホテルで手軽に食えるもんとして、こっちをチョイスしました。
もくもくファーム 焼豚

「沖縄角煮」と「豚軟骨のやわらか煮込み」です。
これならば、レンジのあるホテル施設なら、チンして味わえますからね。

こちらが、「沖縄角煮」(100g 525円)。
もくもくファーム 焼豚

ビールをごくりといきつつ、こちらを摘む。
おおおおおおおおっ!!!!!!!
うめえええええ!!!!脂身が多くて、メタボ腹の俺には駄目な食い物であるが、
もうにゅるっとした脂身が最高に旨い。
こんなん好きやからぶくぶく太るんやろな~

「豚軟骨のやわらか煮込み」(100g 250円くらいやったか)。
もくもくファーム 焼豚

こちらもコリコリした軟骨に、その周りの肉が煮込まれており、
最高に旨い!!

この肉料理なら、赤ワインやね~
もくもくファーム 焼豚

イエロー・テイル(オーストラリア)です。
このワインはアメリカで非常に飲まれており、アメリカ市場での年間売り上げは
800万ケースを超え、世界では1,000万ケース以上という大変な規模を誇ります。

このイエロー・テイルの爆発的な人気を支えたのは、何と言っても「味」。
誰にでも好まれ、たっぷりとした果実味と確かな飲み応え、
それでいて気軽に購入できるリーズナブルな価格。
これも1000円でスーパーで購入しました。

味としてはミディアムボディです。
もくもくファーム 焼豚

いかにもオーストラリアらしいブルーベリーや、バイオレットリキュール
などのコンセントレイトされた香りがいい感じ。
ボルドー的な重みのあるカベルネではなく、むしろライトで爽やか、
華やかなフルーティーさを重視したタイプです。

あと、津市内のスーパーでこんなんも買いました。
もくもくファーム 焼豚

三重県伊勢志摩名産の「手こね寿司」です。
鰹や鮪などの赤身の魚を醤油を中心としたタレに漬け込んだ後、
寿司飯へと合わせて食べる郷土料理。
俺はあんまし美味しいとは思わないな~普通に海鮮丼にしたい。

あとは、「サーモンとチーズのトルティーヤ巻」。
もくもくファーム 焼豚

濃厚な肉料理の後やったんで、こういうさっぱりしたんが、
ええアクセントになりますね。
旨い、旨い(^^)

さーて酔っ払った、ゆっくり寝て旅を続けるぞい。
今日の家呑み・・・
あっさりした刺身中心で飲みたい気分・・・
ちょうどスーパーも生もの見切り品半額が出てくる時間の19時である。
今の時間なら安く仕入れることができるなと物色しました。

まずはこれ!
白ワイン サンタ・イザベル

ビールは最近はまりまくりのキリン「ストロングセブン」。
これ350ml2本で結構酔いが回るので重宝しています。
でアテは手前、近海天然物の「ツバス」、580円が見切りで200円でした。
ツバスはまだハマチの小さいやつなので脂のノリが少ない。
これもあっさりし過ぎていて、ブリ好きの俺にはイマイチでした。
奥は、太刀魚。これも半額で180円程度。
こちらもあっさりしているが、旬の魚なので、身がしゃっきり締まっていて、
美味しい~♪

でもうひとつ、お腹を満たすために・・・
白ワイン サンタ・イザベル

サンマの押し寿司も買ってきました。
半額で200円程度。ボリュームありますね~
秋のサンマの時期ではありませんが、このサンマの脂のノリは素晴らしく、
酢飯との相性も非常にええです。
これは美味しかった。

また、この魚料理に合わせたワインは?
白ワイン サンタ・イザベル

安いドライ白ワインってなチョイスはこれ。
「サンタ・イザベル」アルゼンチン産の白ワインです。
激安酒屋で580円ってな値段で安く売られていたワイン。
薄く黄色味を帯びた明るい色調をしています。
甘い芳香なのだが、飲んでみるとすごくあっさりドライである。

さーて今日も酔っ払いコースで終了~
ごちそうさま~
大阪の有名、たこ焼きといえば、ここでしょう。

たこ焼き やまちゃん

絶えず、行列ができていて、ファンもかなり多いですよね。
俺も、ここの生地の味は、今まで食べた中でも、ナンバー1だと思っています。
今回、お持ち帰りで食べてみました。

やまちゃん たこ焼き

醤油だけと、ソースマヨネーズのハーフで注文しました。
やまちゃん たこ焼き

16個で700円です。
やっぱりここのたこ焼きは、出来立ての外がカリッとを、
食べて美味しいと思っていたので、持ち帰りにしてしまうと、
その触感が感じられず、残念です。

ソースマヨネーズはちょっと冷めてしまうと、味がくどく感じられる。
また逆に、醤油は、その生地の素材のよさが感じられて、
冷めてもなかなか美味しい。

しかし、ここ「やまちゃん」のよさを感じるなら、やっぱり出来たてを、
その場で食べるのが一番いいですね。
それも行列してて、絶えず作り置きが出来てない状態でです。
外がカリっ、中がトロっとは出来立てが命ですからね。

たこやき やまちゃん2号店
住所:大阪府大阪市阿倍野区松崎町2丁目3-53 川上ビル1F
電話:06-6626-6680
営業時間:平日12:00~23:00 土11:00~23:00 日・祝11:00~22:00
定休日:木曜
↓お勧めリンク↓

★大阪道頓堀の大たこ入りは有名ですよね★
今週火曜の社食献立・・・
社食メニュー

前日に、朝、昼とうどんを食べたので、
夜はかなり、味の濃い~もんを欲した。
で、三宮で焼肉丼でも食って帰ろうと思ったが、
夜遅くなりそうだったんで取りやめに・・・
「ひょうたん」の餃子をお持ち帰りして食いました。
すると、翌日、社食が焼肉丼ではないか!!
問答無用で、この食券を買いましたね~
B定食400円です。
焼肉丼、青菜と人参のナムル(692キロカロリー)です。

出来上がり~
焼肉丼、青菜と人参のナムル

んんんん~焼肉丼ですよね?これ?
遠目で見た感じはそぼろ丼?って思うくらいに肉が貧弱。
肉の端っこをかき集めましたって感じ。
食べてみても、この貧弱さが顕著に分かる。

あと、揚げシュウマイあるのに、献立には書いてないですね。

アップにしてみると貧弱さがよく分かりますね。
焼肉丼、青菜と人参のナムル

なんちゅう肉の大きさ・・・・

これならば吉野家の牛丼を食べたほうが遥かに旨い。
値段もそっちのほうが安いし。
ここで牛肉は食べないでおこうと、心に誓うのであった。

↓お勧めリンク↓

★吉野家の焼肉丼は通販で買えますよ♪★
以前、ここへ訪問したことがある。

過去の「五味の市・海の駅しおじ」の記事はこちら!

その時は、牡蠣を堪能しなかったので、
今回は牡蠣をおもっきり食うぞ!と訪問しました。

海の駅しおじ 五味の市

ここの魅力は?
なんと1台600円でバーベキューが楽しめるんですよ。
4,5人はこの周りを囲めるので人数多いほうがお得ですね。
また醤油や塩なんぞの調味料も使えます。
但し、ここで焼く素材は、隣の五味の市か、
もしくはここで買ったもんに限られます。

隣の五味の市で殻付牡蠣を買います。
海の駅しおじ 五味の市

1000円で30粒くらいの牡蠣が買えました。
ただ、これは他の店のより多かったです。
なんせ2000円のをこの値段にしましたので(^^;)

バーベキュー会場はこんな感じ。
海の駅しおじ 五味の市

相当な人数で賑わっています。
お昼時やったんで、10分ちょっと待ったかな~

ご覧のような炭火焼です。
海の駅しおじ 五味の市

牡蠣をのせて、あとブリカマも買ったんで、
それものせております。

ときどき、バチン!と爆発する牡蠣と格闘しつつ、
いただきますぞ~

こんなのや・・・
海の駅しおじ 五味の市

こんなのです。
海の駅しおじ 五味の市

箸と比べてみてください。
どの牡蠣も大粒ででかい!!
鳥羽の浦村かきなんかは小さめなので、
このボリュームはええ感じ。
その剥いた牡蠣を口の中に入れると、磯の香りたっぷり!
調味料はなんも要りません、塩味たっぷりです。

牡蠣以外にも・・・
海の駅しおじ 五味の市

舌平目が4枚500円で売られていたので、これを購入。
これがもうあっさりしてて旨い!!!

そしてこっちが「ブリカマ」(2つで700円)。
海の駅しおじ 五味の市

えらい食べ散らかしておりますが・・・(^^;)
こっちは逆に、もう脂身がたっぷりの濃厚さ!
焼いてる最中も脂がポタポタ滴り落ちていたその旨さは、
めっちゃ最高♪

一人、牡蠣15個程度食べて、魚もこれだけ食べるとお腹パンパン!
2人でも3000円弱で全て込みで食えましたから、
4人でもし利用してたら、一人頭1000円ちょっとで満喫できるだろう。
2000円で焼き牡蠣食べ放題にしてるところ多いけれど、
このバーベキューはそれと比べてもやっぱりお得ですね。
また、今度は車で来ずにビールを飲みたいなあ~♪

住所:岡山県備前市日生町日生801-4
電話:0869-72-2201
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日(火曜日が祝日の場合水曜日)、4月第1日曜日
駐車場:あり(無料)
↓お勧めリンク↓

★岡山虫明産の牡蠣はまさしく大粒!です★


海の駅しおじ (レストラン(その他) / 日生)
★★★★ 4.0

結構、イタリアンやフレンチのバルや立ち飲みが揃っている街、福島。
この店もまた、立ち飲みの店ではあるが、和食のみならず、
イタリアン系の料理も色々取り揃えております。
近くの大人気店イタリアンバル「ポルチーニ」がいっぱいであったので、
その和の立ち飲み雰囲気である、こちらのお店にお邪魔することにしました。
立ち呑み「ひまわり」です。

立ち呑み ひまわり(福島)

店内の様子。
立ち呑み ひまわり(福島)

立ち飲みではあるけれど、ここは簡易椅子がきちんと置いているので、
座って飲むことができます。
あと、ここはママさん一人で切り盛りされていますが、めっちゃ可愛いです(^^)
華奢で、顔も小さいです。
このママさん目当てで来られている方も多いんじゃないかな。

その日のおすすめメニュー。
立ち呑み ひまわり(福島)

これだけやと、イタリアン中心ですね。
立ち飲みとしては高いかな~
もう100円くらいずつ頑張ってほしいところ。

お通しはこんなんでした。
立ち呑み ひまわり(福島)

野菜たっぷりイタリア風オムレツ、フリッタータ。
まあまあ、とびきり美味しいってほどではないか。。。

自家製のカレーがあるってことでいただきました。
立ち呑み ひまわり(福島)

むっちゃ、濃いそう、黒に色合いが近いです。
どこで、このカレー勉強したんでしょうね、家庭で作る色じゃないです。
ハーフの大きさで、700円だったか、800円だったか・・・
値段高いんはやっぱり、この店の弱点ですよ~
しかーし!!これがめっちゃ、その色合いの通りで、
コクのふかーい、非常に美味しいカレーである。

そしてこちらは「オイルサーディン」(400円)。
立ち呑み ひまわり(福島)

こちらは・・・まあごくごく普通。

おあいそ、二人で2杯飲んで、これだけ食べて1人2000円・・・
ここはなんといっても、ママさんの可愛さ+応対のよさ。
これがいいのは男性客としては、かなり評価高いですね。
そして凝った料理もいろいろ作ってくれているので、
なかなか料理も評価できます。
ただ、立ち飲み値段としては、高いかな~って値段設定がネックかな。

住所:大阪市福島区福島5-10-22
電話:06-6451-1157
営業時間 17:30~23:30
定休日:日曜・祝日・第2第4土曜
↓お勧めリンク↓

鴨ってこんなに美味しかったの!?外はこんがり中はレア♪フランス鴨のタタキ


ひまわり (居酒屋 / 福島、新福島)
★★★☆☆ 3.0

JR環状線福島駅のガード下を歩いていると気になる文字が・・・
ん?生ビール190円ですと!!!
1軒目で普通に生中4~5杯飲む俺としてはこんなありがたい文字はない。
それも大好きなキリン1番搾り♪
ジョッキ500円やと2000円~2500円、それが1000円足らずで飲めるわけですからね。
そんな焼き鳥屋「りときや」を今回の1軒目使いとして利用しました。

焼き鳥 りときや

結構広めの店内。
会社帰りサラリーマンでごったがえしています。

190円ビールでかんぱーい♪
焼き鳥 りときや

もやしが付け出しでした。

メニューを拝見。こちらがお造りとスピードメニュー、焼き鳥串。
焼き鳥 りときや

串は1本の値段で書かれているが、3本単位での注文です。
これは2本にして欲しいところ。

他にも一品、鍋など種類が豊富。
焼き鳥 りときや

この規模の焼き鳥屋としてはすごい。
焼き鳥 りときや

揚げ物、鉄板焼きまであります。

まずは「きもお造り」(440円)。
焼き鳥 りときや

この値段で、この量は結構良心的。
ただ、ちょっと苦味が感じられたのが残念なところ。

大好物の「こころ」(1本130円)を塩で。
焼き鳥 りときや

これは、ええ感じで焼かれてはいるのだが、
素材自体として、この値段ではこんなもんかなってところ。

野菜も食べなきゃねって、玉ねぎ(1本120円)。
焼き鳥 りときや

なんこつ(1本160円)も塩で。
焼き鳥 りときや

普通になんこつだけでなく、その周りの身付きで出てきました。
ジューシーなのだが、何かが物足りない。

最後にあっさりと山芋たんざく(380円)で〆。
焼き鳥 りときや

ってまだまだ次の店行きますけどね(^^;)
けど、鶏のジューシーさの後にはこのぐらいがええです。

これだけ食べて、2人で合計ビール7杯飲んで、4000円ちょっと。
焼鳥の味は、まあまあ、ごく普通ですね。
生中の値段が魅力なだけと言えばそうです。
付け出しもついているので、生中をがばがば4,5杯飲む人間以外は、
あまり利用価値はないかなって思います。

住所:大阪市福島区福島6-1-26 OK一番街
電話:06-6452-5453
営業時間:17:00~24:00
定休日:日祝

りときや (焼鳥 / 野田、新福島)
★★★☆☆ 3.0

今日の家呑みはなんにしようか~?
ホットプレート使った、あったかいもんがええなあ~って提案すると、
こんなホットプレート使ってできる「チーズフォンデュ」があるよってことで、
それに決定~♪

チーズフォンデュ

今回の具材はフランスパンを切って、あとソーセージ、
ブロッコリー、じゃがいもを準備。
ホットプレートの真ん中にアルミカップに入ったチーズを置いて溶かします。

まずはフランスパンより。
チーズフォンデュ

うーん・・・なぜかチーズの味わいが濃厚に感じない。
3種類のチーズを混ぜていると書いているがどうもね~

続いてブロッコリー。
チーズフォンデュ

こういう味の濃い~野菜には合います。
逆にじゃがいもとかは全然駄目です。

ちゅうわけで、自分らで味付け考えましょ!
チーズフォンデュ

白ワイン、マリー・ブロッサム(フランス)、500円台の安いワインです。
酸味があって、飲むには思いっきり、きりりと冷やしたほうがええワインですね。
このワインが店では2600円でだされているのだから、やはりワインは家呑みがええです。
こいつは半分はそのまま飲みましたが、フォンデュに投入~♪
あと、おろしにんにくも加え、十勝プロセスチーズもさらに・・・
またフェダチーズも加えましょう!!めちゃ混合~(^^;)

チーズフォンデュ

こんな感じになって、味に濃厚さがでました。
うんうん、美味しい~
これならさっぱりしたドリンクが合うね~

ってことでこれ!
ベディン プロセッコ スパーゴ

イタリアのスパークリングワイン「ベディン プロセッコ スパーゴ」です。
まず外観はコルクで封をされているのが特徴です。

ベディン プロセッコ スパーゴ

青りんごを丸かじりしたような風味の、非常にドライなスパークリング。
これも思いっきり冷やして飲むのが美味しいですね。
ネット価格で1000円程度で売られていますから手軽に購入できる
スパークリングワインです。

チーズフォンデュもなくなっちゃいました、
ホットプレートでできるもんしましょ~
ベディン プロセッコ スパーゴ

ソーセージとキャベツのケチャップ炒め~♪
昔、子供の頃食べた懐かしい味です。
こうやって炒めてホットドッグパンに挟んだのが、
子供の頃、朝食で出てたの思い出しました。

今日もごちそうさま~♪