関西のグルメを呑み食べ尽くし!

心斎橋~長堀橋にかけては、私はあまり出没しない地区です。
まあ、たまには違う地域で飲んでみようと来たはいいが、
ろくすっぽ土地勘がない・・・
立ち呑み、長堀橋で検索してみると、ここの店がヒット。
なんでもアテは、イタリア料理と韓国料理の融合なんだとか。
これはちょっと面白そうだと寄ってみることにしました。
立ち呑み「クック オッソ オッセョ!」です。

立ち呑み クック オッソ オッセョ!(大阪長堀橋)

場所はジャンボ横丁といういろんな飲食店が入っているビルの、
奥の方にありました。
この位置で立ち呑みは非常に厳しいのでは・・・

店内の様子。
立ち呑み クック オッソ オッセョ!(大阪長堀橋)

ちっちゃな立ち飲み屋さんです。
ご夫婦二人でやられているという感じでした。

ドリンクメニュー。
立ち呑み クック オッソ オッセョ!(大阪長堀橋)

一通り全部揃ってるな~
立ち飲み値段とすると少しお高めか。

アテメニュー。
立ち呑み クック オッソ オッセョ!(大阪長堀橋)

なるほど、イタリアンと韓国料理です。
しかし、立ち飲み値段としては結構高くない?
どれもがこの値段やと興味が湧きません。
ただ、もひとつ黒板に、3種の盛り合わせセットが580円で、
4つくらい種類あったのだ。
この中でもおすすめ3種盛り合わせセットってのにしてみます。

すいません、先に言います。
全くもって、あとに記憶に残るような味ではなかったので、
なんか説明受けましたが忘れました。

これは蒸し鶏。
立ち呑み クック オッソ オッセョ!(大阪長堀橋)

ポテトサラダっぽかったと思います。
立ち呑み クック オッソ オッセョ!(大阪長堀橋)

こっちは野菜サラダかな。
立ち呑み クック オッソ オッセョ!(大阪長堀橋)

よくぞ、これでおすすめ3種と580円ってな値段で出すな・・・
380円なら納得いったと思いますが。

ここのお店がいつから存在しているのか知りませんが、
店の立地条件、料金、おすすめと書かれたその味・・・
この先、2年、3年と存在しているでしょうか・・・
私の好みではない立ち飲みでした。

住所:大阪市中央区東心斎橋2-1-13 大阪屋ジャンボビル1F ジャンボ横丁内
電話:06-6211-5152
営業時間:[月~土]18:00~翌3:00
定休日:日曜・祝日
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ


立ち呑み クック オッソ オッセョ! ワインバー / 長堀橋駅日本橋駅近鉄日本橋駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.0

スペイン産の赤ワイン。
テンプラニーリョ種の濃厚な風味に結構凝っている私です。
今回も、そのフルボディの重厚な美味しさを堪能できるワインを見つけた。
ヴァルデマデラ ティント クリアンサ 2003
(VALDEMADERA TINTO CRIANZA Carinena)である。

ヴァルデマデラ ティント クリアンサ 2003[VALDEMADERA TINTO CRIANZA Carinena](スペイン・赤ワイン)

近所のスーパー購入で880円ってなお値段。
ワインはホント、この3年くらいで、
非常に安くてええの買えるようになったと思います。

今回、合わせた料理がこれ。
ヴァルデマデラ ティント クリアンサ 2003[VALDEMADERA TINTO CRIANZA Carinena](スペイン・赤ワイン)

サーモンのムニエル、ラタトゥーユがけ。
ラタトゥーユはセロリをたっぷり使い、濃厚にしました。
サーモンも近所のスーパーではなく、
きちんとデパ地下で購入した、たっぷり脂ののったもの。
あっさりしていると、今回のヴァルデマデラとは合いません。

メインにもひとつ・・・
ヴァルデマデラ ティント クリアンサ 2003[VALDEMADERA TINTO CRIANZA Carinena](スペイン・赤ワイン)

同じラタトゥーユをパスタに使い、ナポリタンにしてみました。
これだけだと味が濃厚ではないので、ソーセージも添えることで、
なかなかいい絵になりましたでしょ(^^)

で、今回の赤ワインのお味ですが、
香りからしていかにも熟成した重みを感じさせてくれる。
こういうフルボディタイプを知るまでは、あまり赤ワインは、
渋みを感じることがよくあり、白に比べてチョイスはしなかった。
けどこういうフルボディは、スパイシーさを感じるんですね。

お手軽、ご家庭イタリアンバル♪
イタリアンは和食のように出汁とったりの面倒さがなく、
フライパンひとつあれば、結構料理の幅が持てるので、
是非、お試しあれ♪

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
甘い物が全く好きではない私でも、よく知っている店があります。
その名は「PATISSIER eS KOYAMA」(パティシエ エス コヤマ)。
これほどまでに、関西のみならず、全国的に知られているスイーツもないでしょう。
またその場所が三田の僻地(近くにお住まいの方すみません・・・)
にあるにも関わらず、その行列はものすごいみたいですね。
実は、私、以前に訪問したことあるんですよ^^;
パティシエ エス コヤマの小山プリンを主とした記事はこちら!

ただ、その時は、さすがに一番人気の「小山ロール」は買えなかったんです。
今回、三田に行く用事もあり、ついでにこの小山ロールを購入したいなと
思ったのですが、さすがにスイーツの為、あの行列に並ぶ元気はありません。
で、予約もやってくれているんですね(^^)
なので、5日前に電話予約して訪問いたしました。

PATISSIER eS KOYAMA[パティシエ エス コヤマ](兵庫三田)小山ロール

敷地には緑もふんだんに使われております。
PATISSIER eS KOYAMA[パティシエ エス コヤマ](兵庫三田)小山ロール

駐車場もごった返していましたが、こういう風景に癒されます。
予約は別の入り口から入って行きます。

さあ!行列を尻目に、さっさと買って帰るぞって思ったのですが・・・
PATISSIER eS KOYAMA[パティシエ エス コヤマ](兵庫三田)小山ロール

こっちの予約も行列!
どうも、予約がうまく伝わっていないのやら、大量買いで会計別々とか、
かなり戸惑っているようです。

暇なんで、こんなの撮ってます。
PATISSIER eS KOYAMA[パティシエ エス コヤマ](兵庫三田)小山ロール

また、こんなのも。
PATISSIER eS KOYAMA[パティシエ エス コヤマ](兵庫三田)小山ロール

同行者がいてたんで、私がこっちに並んでおいて、
通常の行列の方に行ってもらい、なにか他に買ってもらったほうがよかったかも。

15分くらい待ったかな~ようやくカウンターへ。
PATISSIER eS KOYAMA[パティシエ エス コヤマ](兵庫三田)小山ロール

買えました♪小山ロール1個、1260円です。

家で晩酌後に、いただきます。
PATISSIER eS KOYAMA[パティシエ エス コヤマ](兵庫三田)小山ロール

私はビール飲みながら、食べてもええやんって言ったのですが、
ケーキにそんな失礼なことしたらあかん!って怒られ、
こちらのコーヒーをいれていただきました。
「ネスカフェの香味焙煎、挽き豆包み製法、中炒り」です。
私は酒にはこだわりみせるけど、コーヒーには無頓着なのでよく分かりません(^^;)
飲んでみて、なるほど普通のインスタントコーヒーとは全く違いますね。
苦みが全く来ず、コーヒー豆の旨みがふわっと口の中で拡がるんですよ。
ゴールドブレンドなんて雲泥の差です。

あ、そんで本題の「小山ロール」ですね。
PATISSIER eS KOYAMA[パティシエ エス コヤマ](兵庫三田)小山ロール

見た目は非常にシンプルです。
堂島ロールのような派手さはありませんね。
あと、栗が入っているのが特徴です。

食べてみて・・・スポンジがすごくしっとりしていますね。
あまりスイーツ食べ慣れていない私からすると、ふわふわの方がええと思うのですが、
このしっとり、モチモチしたスポンジ生地の出来が素晴らしいと、
スイーツ好きの一緒に食べた人間は言っておりました。

私はあまり、こういうロールケーキやカステラとかの味、よく分かりません。
この小山ロールの出来もよく分かりませんでした。
しかし一緒に食べたスイーツ好きは絶賛しとりましたから、相当なんでしょうね。
自身は、牛乳風味たっぷりな「小山プリン」の方が好みです(^^)

住所:兵庫県三田市ゆりのき台5-32-1 SANDA WOODY TOWN
電話:079-564-3192
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日・不定休
↓お勧めリンク↓

ふんわりロールケーキ
しかし、ビールも次から次へ色々と新製品でますよね・・・・
通常ビールではブランドが確定しているので、なかなかないですけど、
第3のビールジャンルは動きが激しいです。
過去、お気に入りのアサヒ「あじわい」、サントリー「ザ。ストレート」も、
今ではなくなってしまいました。
で、現時点で、キリンに販売量首位の座を明け渡しているアサヒが、
また新たに新ジャンルを投入。
「くつろぎ仕込<4VG>」くつろぎの香り成分「4VG」を引き出し、
フルーツのような味わいが特徴だとのこと。

くつろぎ仕込(アサヒ・第3のビール)

このデザイン、ちょっと豪華に見えませんか?
金色と濃いブルーって色彩は、
結構ビールのパッケージ合いますもんね。

こういうジャンキー系ビールにはジャンキーで対抗。
くつろぎ仕込(アサヒ・第3のビール)

ホルモン炒めを作成。
ちょうど半額セールになっていたのを買いました。
しかしこれ、フライパンで炒めている最中から臭い・・・
やっぱり悪いホルモンは、ええホルモンとの違いは臭みですね。
食べてみても、その臭みがすごく分かるんですよ。

あと、ビールに合うのはソーセージ。
くつろぎ仕込(アサヒ・第3のビール)

特にあらびきタイプのこういうのに、ケチャップとマスタードが最高♪

で、最後にお菓子。
くつろぎ仕込(アサヒ・第3のビール)

亀田製菓の自信作、「韓国のり味うす焼き」。
韓国のりのあの風味と、ごま油を合算させた「薄焼き煎餅」です。
両方の風味が大好きな私なだけに、見つけたとたん、即購入でした。
食べてみても、うん、この風味は好みぴったりです。
こういう煎餅系では、亀田製菓はハズレはめったにありません。

で、今回のビール・・・
飲んでみた瞬間、うーんなにか味が物足りない。
最近、通常飲んでるのが「金麦」なので、これと比べると、
麦のコクってのがないんですね。
そのくつろぎの香り成分ってどんなのかもさっぱり(^^;)
当分は妥協ですけど、サントリー「金麦」生活が続きそうです。
ただ、サッポロが「クリーミーホワイト」を出すので、
こちらにちょこちょこ浮気もしそうですが(^^)

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
炭酸系のジュースは大好きな私ですので、
子供の頃から大概は、コーラやファンタなどのドリンク飲んでました。
なのでサイダーとなると、「三ツ矢サイダー」を思い出すのですが、
これもよく飲んでいましたね。
またビー玉入りのラムネもまだまだありましたよ(年がわかる^^;)

サントリーの酎ハイシリーズとしては、よく飲むのが-196℃シリーズです。
アルコール濃度が高いのもあり、またカロリー抑えているのも多いんですよね。
このシリーズになんとサイダー味が出ているではないか。
アルコール新商品は必ず目に付くと買う私。
「-196℃ ゼロドライ サイダーショット」です。

-196℃ ゼロドライ サイダーショット(サントリー)

まずはビール飲みつつ、こんなのをつまみます。
-196℃ ゼロドライ サイダーショット(サントリー)

明太子で和えたイカ。
日本酒にも合いますね。

また刺身も・・・
-196℃ ゼロドライ サイダーショット(サントリー)

濃厚な脂ののったサーモン。
こういう系統なら生魚でも、酎ハイのつまみとなります。

そして・・・
-196℃ ゼロドライ サイダーショット(サントリー)

今回のメインは夏野菜のグラタン。
カロリーを気にして、肉系は入れずに、
茄子、トマト、ズッキーニ、パプリカを大量投入です。

で、今回の酎ハイですが、一口飲んだ印象は「三ツ矢サイダー」(^^)
ただ、レモンのすっきりした後味がします。
アルコール度数は低めの5%なんで、普段酎ハイですと、
8%のストロング系飲んでる私には物足りないかな。

炭酸濃度も高めにしているとあって、私には合いました。
ただ、これはジュースですね。
夏の暑い日に一気に飲んでみたいドリンクです。

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
ホルモンも本場の大阪ですから、あちこち食ってきてます。
大抵、大衆酒場にはホルモンを使った料理おいてますもんね。
ただ、今まで食べた中では、ここのお店が味と値段考えるとナンバー1ですね。
天満で肉が食いたくなれば、必ず訪問のお店「神戸マッスルホルモン」です。

神戸マッスルホルモン(大阪天満)

いつも満杯の店なんですけど、カウンター空いてました。
神戸マッスルホルモン(大阪天満)

ちょうど客の入替時にあたったのでしょう。
10分後ぐらいには、また既に満席になっとりました。
いつも行列のお店なのでラッキーでした。

そのホルモンメニュー。
神戸マッスルホルモン(大阪天満)

一体、どこの部位なんやろ?っって名前が並びます。
串一本の値段なので、大衆酒場にすれば、少しお高めですが、
その質がいいので、いつ何食っても満足できますね。

そしていつも頼む定番ドリンク。
神戸マッスルホルモン(大阪天満)

金魚です。
焼酎の中に唐辛子と大葉が入っていて、金魚鉢みたい(^^)
これが結構、がつんと酔い回るんですね。

頼んだのは心臓のユッケ(500円)。
神戸マッスルホルモン(大阪天満)

生ものの中で、唯一食べたことなかったので、オーダー。
これ食べながら、金魚をちびちびと飲むのが非常に相性ええです。

マッスルハート(170円)。
神戸マッスルホルモン(大阪天満)

このホルモンの質、処理、焼き加減、タレ、どれもが絶品。
心臓回りの弾力のあるお肉がめっちゃ旨い。

マルチョウ(180円)。
神戸マッスルホルモン(大阪天満)

脂身たっぷりの丸腸ですけど、ここのは肉質ええから、
脂身でもさっぱりあっさりしとります。
これ食べると、ええ肉質使ってるなって分かりますね。

さすがのマッスルホルモンです。
同行者ももっと他のも食いたいとちょっと名残惜しそうでしたけど、
また、次回も来ましょう!
はしご酒、続けましょうか。

住所:大阪市北区天神橋4丁目12-12
電話:06-6353-6290
営業時間:17:00~24:00
定休日:日曜日
↓お勧めリンク↓

ビバ!ホルモン


神戸マッスルホルモン ホルモン / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

夜総合点★★★★ 4.5

エビスビール誕生120年を記念しての限定発売品。
日本最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」ってご存じでしょうか?
世界中を優雅に旅をするこの客船のみで味わえるビールってあるんですよ。
「Premium YEBISU ASUKA CRUSE」まろやか熟成。
さすがに、こんな豪華客船で出しているビールですから、
「プレミアムモルツ」などのプレミアムビールよりもさらに高いお値段。
350mlの缶で280円もしました。
普段呑んでいる、第3のビールの倍以上ですね(^^)

プレミアム エビス アスカクルーズ まろやか熟成(サッポロ)

まずは「海鮮とじこめあんかけ焼きそば」。
プレミアム エビス アスカクルーズ まろやか熟成(サッポロ)

ちょっとビールに合わせて頑張って、
工夫したもんと思ったんですけど、焦げて焼き加減失敗してしまいました。
あんを完全に閉じこめて、箸を入れるとジュワって感じに
したかったんですけどね(^^;)

中に海鮮、帆立、小海老、イカなどを入れております。
プレミアム エビス アスカクルーズ まろやか熟成(サッポロ)

もひとつビールに合わす揚げ物系を・・・
プレミアム エビス アスカクルーズ まろやか熟成(サッポロ)

ミンチカツとイカの天ぷらを揚げました。

最後は、スナックつまみ。
プレミアム エビス アスカクルーズ まろやか熟成(サッポロ)

ぼんちあげでお馴染みの会社が作っています、黒胡椒とチーズのおかき。
うーん・・・これって両方の味が中途半端かな~
お互いが主張し過ぎるんですよね。
チーズのまろやかさ、そして黒胡椒のスパイシーさは、
両方相容れないって感じかな。

で、今回のビールですが、まず口に含んだ状態でフワッと拡がります。
そのコンセプトの言葉通りにまろやかなコク。
これだけ優しいコクを感じるようなビールは飲んだことありません。
ビールは切れ味、苦みよりもコクの深さを好む私には、
過去最高の出来のビールに思えます。

ただ、今回のジャンキーなアテにはもったいな過ぎましたね。
もうちょい豪華な食卓ん時に、再度、買って呑んでみたいと思います。
限定品だから、先に買っておかないといけませんね(^^)

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
ワインという飲み物・・・最近、外では立ち呑みにて、
紙パックの安っぽいハウスワインばかり(^^;)
バル行って、いいのも飲みたいところですが、
やはり安いのでも、グラスで500円前後とられますもんね。
ただ、最近直輸入の安いワインが、
大型スーパーに1000円までで置いています。
最近、こういうのに凝っているんですよね。
安いくせに美味しいんだ!
そんなワイン家呑みの1コマです。

メルロー・ヴァン・ド・ペイ・ドック(赤ワイン・フランス)

今回のワインは西友がフランスから直輸入しております。
「メルロー・ヴァン・ド・ペイ・ドック」赤ワインです。
西友でなんと1本600円!!
阪神百貨店のワイン祭りで赤ワインを色々飲んでから、
もっぱら白ばかりの私が、赤も半分の確率で飲むようになりました。

メルロー・ヴァン・ド・ペイ・ドック(赤ワイン・フランス)

合わせた料理は?
家で簡単にできる、安い電子レンジ一品です。
鯖の水煮缶(100円均一のでOK)を器に移し、
醤油をたらーっと一回しかけ、上にとろけるチーズを1枚のせ、
電子レンジで約1分。

メルロー・ヴァン・ド・ペイ・ドック(赤ワイン・フランス)

「和風サバ缶チーズがけ」の出来上がり。簡単でしょ♪
チーズがのるだけで、結構ワインと合うんですよ。
ホントは赤より白ワインがいいですね、お試しあれ。

今日のメインは天ぷら。
メルロー・ヴァン・ド・ペイ・ドック(赤ワイン・フランス)

かぼちゃに大葉を揚げました。
かぼちゃって甘いので、煮たのとかはあまり好きはないですが、
天ぷらが一番いいですね。
大葉もサクサクにうまく出来ています。

で、この赤ワインですから・・・
メルロー・ヴァン・ド・ペイ・ドック(赤ワイン・フランス)

チキン料理に合うワインってことで、ささみのしそ天ぷら。
ささみってのは脂分が少なくパサパサしているので、
あまり鶏の部位の中でも好きではない。
しかしこうやって天ぷらにすると、油分が周りについて、
ちょうど美味しくなります。

今回の赤ワインですが、やっぱり値段で考えると美味しい。
ふくよかな果実風味が口の中で拡がり、且つ、しっかりとした味わいを残します。
チキン、チーズ料理と合うワインだとのことですが納得ですね。
フルボトル2000円だと言われても文句つけようがないです。

これなら、濃い~中華料理でも合うでしょう。
1000円までワインシリーズ!
これからも色々探して、紹介していきますね。

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
第3のビールという新ジャンルは、私は新しいビールを模索中です。
経済的な面で、普段の家での晩酌には、この値段帯は魅力的。
大量酒飲みな私には、いまや必需品なんですよ。
アサヒ「あじわい」、サントリー「ザ・ストレート」と気に入ってた商品はあったんですけど、
両方とも販売中止・・・
今では「金麦」でなんとか妥協しております。

で、今回見つけた商品がこちら。
糖質ゼロ 7種のホップ リラックス(サントリー)

糖質ゼロのヘルシー系です。
サントリーの「7種のホップ リラックス」。
このジャンルはカロリーを気にしなければいけない体型の私ですが、
普段は見向きもしません。
なぜならば、アルコール度数が低いから。
酔えないビールなら、飲まないほうをチョイスします。
けど、これってアルコール度数が5%なんですね。
普通のビールと変わりませんので、お試し購入しました。

まずはこんなの作りました。
糖質ゼロ 7種のホップ リラックス(サントリー)

名付けて「ネバネバ」(^^;)
山芋になめこ、おくらという、ネバネバ系を醤油で和えています。
夏のスタミナ料理といえるんじゃないかな。
簡単男料理なんで、こんなのは酒のアテにぴったり。
さらに辛子も投入して、味にコクをつけました。

次にかつおたたき。
糖質ゼロ 7種のホップ リラックス(サントリー)

カツオって、スーパーでも安く売られている刺身系なので、
よく酒のアテになることおおいですね。

で、ひさしぶりにこんなのも。
糖質ゼロ 7種のホップ リラックス(サントリー)

マクドナルドの「ビッグマック」。
普段は食べたいななんて思わないんですけど、
時たま安くなることあるやないですか。
朝マックのソーセージマフィンが100円なんてあると、
無性に食べたくなり、旅へ向かう早朝にドライブスルーで買ったりします。
今回、期間限定200円ってな値段であったので、
思わず買ってしまいました。

普段の値段なら絶対に食べないんやけどな~
糖質ゼロ 7種のホップ リラックス(サントリー)

けど、このボリュームと味で200円となると、CPはかなり高いと思います。
300円ならば、間違いなく、モスのスパイシーモスチーズバーガーをチョイスしますけどね。

アテ話で、本題から逸れてしましましたね(^^;)
今回の第3のビールですが、いくらホップに工夫を加えても、やはり糖質ゼロ。
奥行きのある“華やかなコク”が謳い文句となっておりますが、
そのコクを全く感じることができません。
すぅーっと喉を通っていって、喉ごしがよくないです。

やっぱり糖質やカロリー抑えたアルコール飲料って、どれもやっぱり味がね~
体重減らすには他を頑張って、酒飲むときは美味しく飲みたいですね。

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
新世界をはしごして呑んできて・・・
その前にちょっとアクセントつけて、鴨つけうどんを食ったのでお腹いっぱい。
ならば、ちょっと日本酒か焼酎呑みつつしゃべろうとこちらのお店をチョイス。
かれこれ、前に来たのは既に4年ほど前になります。
大国町を少し南下した所にある酒屋併設立ち呑み「エノキ屋酒店」です。

立ち飲み エノキ屋酒店(大阪大国町)

店内は酒屋併設ながら、非常に小綺麗。
立ち飲み エノキ屋酒店(大阪大国町)

ちょっと割烹っぽいイメージもあります。

こちらがドリンクメニュー。
立ち飲み エノキ屋酒店(大阪大国町)

そしてフードメニューです。
立ち飲み エノキ屋酒店(大阪大国町)

こちらは日替わりで変化があるんですけど、以前来た時よりかなり値上がり?
非常に高いイメージあるんですけど。

壁の焼酎メニュー。
立ち飲み エノキ屋酒店(大阪大国町)

特にプレミア焼酎の値段が明らかに上がってるな~
中々が700円に、なかむらが600円?この値段では呑む気しないですね。
なので、「干しいも」(350円)をロックでいただきました。

アテには?
立ち飲み エノキ屋酒店(大阪大国町)

ワカメと竹の子の煮物(350円)。
これ食べてみて、他の立ち呑みならば、もう100円は安くしてるだろうと実感。

お肉屋さんのコロッケ(120円)。
立ち飲み エノキ屋酒店(大阪大国町)

お肉屋さんっていうよりも、総菜屋さんって感じ。
私には味が濃い過ぎました。

名物の鯛のたたきも600円やもんな。
立ち呑み値段範疇を超えてしまうと全く魅力感じませんね。
こういう酒屋併設では似たような店が西天満にありますけど、
どう比較してみても、見劣りしてしまいますよね。
大阪、西天満「松浦商店」の記事はこちら!

住所:大阪府大阪市浪速区大国1-11-2>
電話:06-6644-6363
営業時間:[月~金]17:00~22:30 [土]17:00~21:30(不定休)
定休日:日曜・祝日
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
まだまだ残暑の厳しい日本列島であるが、
ビールは既に秋へ向けて動いている。
食欲の秋に併せて、秋限定のビールが毎年出ますね。

まず、こちらがキリンビールの「秋味」。
キリン秋味 vs サントリー秋楽(秋限定ビール対決!)

毎年出しており、今年で18年目を迎えます。
家呑みでは、発泡酒、新ジャンルが全盛の世の中になってきましたが、
やはりちょっとしたええもんが並ぶ食卓には、ビールが欲しいですね。
この「秋味」は従来ビールの1.3倍の麦芽が加わり、アルコール度数も6%と少しお高め。
飲んでみた印象は、ビールの豊かなコクと、麦のほろ苦さを感じます。

そして、サントリーの「旨味たっぷり 秋楽」。
キリン秋味 vs サントリー秋楽(秋限定ビール対決!)

こちらは、安さを追求する、第3のビールジャンル商品。
ロースト麦芽を全麦芽のうち20%以上使用することにより、
上質な苦味と深みのあるコクを出したとのこと。
やっぱり秋製品のコンセプトは、「ほろ苦い」って印象なんでしょうか。
また、こちらもアルコール度数は6%とキリン秋味と一緒です。
私のように、度数高めのアルコールを求める層が結構多いんでしょうね。
値段の違いもあるので、キリン秋味ほどのコクは感じません。
ちょっと苦すぎる印象があるので、自身としては同社「金麦」の方が好みである。

合わせたのは刺身!
キリン秋味 vs サントリー秋楽(秋限定ビール対決!)

はい、夕方以降の半額狙いもんです(^^;)
秋のビールに合わすには、やっぱり「さんま」でしょう!
この秋刀魚は半額で200円になっとりました。
脂ののった身が、ビールのさっぱり苦さとよく合います。
ただやっぱり秋刀魚は塩焼きで食べるのが一番ですね(^^)
今年はよくニュースで秋刀魚の高騰を耳にするが、1匹100円程度に落ちついて欲しいもの。

そして「ハマチ」、こちらも半額の200円。
キリン秋味 vs サントリー秋楽(秋限定ビール対決!)

このはまちはブリ並の脂のノリはなく、あっさりしたもの。
このぐらいですと、ビールではなく、日本酒熱燗と合わせるほうがええと思います。

で、ビールに合うのは油もん!
キリン秋味 vs サントリー秋楽(秋限定ビール対決!)

前回、鳥水たき鍋をした時に余った、鶏肉を使いました。
お取り寄せ、博多 華味鳥「鶏水たき鍋」の記事はこちら!
大分で買った、唐揚げの下地タレにじっくり漬け込んで揚げているので、その味は濃厚。
鶏肉はさすが「華味鳥」の地鶏なんで、ジューシーで旨いし、
ビールとの相性ぴったりですね。

しかし、両方とも全く一緒の色合いですな~(^^)
キリン秋味 vs サントリー秋楽(秋限定ビール対決!)

デザインも紅葉を使用しているし、これ買うとき、
よく見ないで買うと、絶対に間違えると思いますよ。
で、今回の秋味ビール対決ですが、
ビールと新ジャンルの価格違いを考慮すると全くの互角やと思いますよ。
両社とも、向かっている味のベクトルは全く一緒です。
麦の豊かなコクが出ているか、出ていないかの違いだけですね。

私自身は、ビールに苦さを求めない人間ですので、
両方ともこの秋にまた買うことはないかな(^^;)

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
あっちゃこっちゃで買い物していると、アルコール飲料でも、
店によって置いているものが違うのに気付きます。
そういう時って、大抵、限定販売なんですね。
私は普段、スーパーにはしょっちゅう行くけど、
コンビニには行きません。
で、飲んだ帰りに寄ったコンビニでこんなのを発見しました。
アサヒビールがコンビニ限定販売で販売している、
「アサヒ スパークス」レモンです。

アサヒ スパークス レモン(アルコール度数9% 糖質70%オフ)

こちらの酎ハイ、なんとアルコール濃度が9%!!!
酒を買うときに私がいつも気にするのがこの数値なんです。
なぜかと言えば、低いと全く酔えないから(^^;)
なので、カロリーオフの5%を切るようなアルコール飲料は絶対買いません。
それにプラスして、デブな私にありがたいのが糖質70%オフなんですね。
デブの大酒飲みには、非常に重宝したい酎ハイです。

合わせたアテはこんなので。
アサヒ スパークス レモン(アルコール度数9% 糖質70%オフ)

まずは山芋たんざくの上に、おくらをのせたもの。
こちらはポン酢をざっとぶっかけます。
こういうネバネバ系は夏によく食べますね♪

そして、こちらも夏の風物詩。
アサヒ スパークス レモン(アルコール度数9% 糖質70%オフ)

鱧(ハモ)です。
ただね、鱧って魚は、美味しいのと、イマイチの幅って大きくありませんか。
魚料理の美味しい店で食べるとええな~って思うハモに巡り会えるのですが、
スーパーで買ってくると、なんでこんなに身がパサパサなん?って思います。
今回もパサパサタイプでした。
なので、梅肉ソースで食べるよりも酢味噌で食べる方が合っていました。

もひとつ、ゲソの天ぷら。
アサヒ スパークス レモン(アルコール度数9% 糖質70%オフ)

下足(げそ)って酒飲むときにあると重宝します。
居酒屋でも結構、安い値段で置いてますもんね。
今回、家で揚げたんですけど、うまいことサクサクに出来ました(^^)
さっぱり酎ハイともよく合っています。

で、今回の酎ハイですがベースとなっているのはウォッカ。
まあ大概、高濃度アルコール度数の酎ハイにはこれが使われています。
高濃度にしても、味がさっぱりめに抑えられますもんね。
それにプラスして、炭酸も30%高めて、そのアルコール感を誤魔化しています。
ただそれでも、じっくり味わうと、ウォッカをロックで飲んでいるあの味を感じます。
これ、酒弱い人間には絶対ダメでしょう。

美味しいかと問われたならば、ノーでしょうか。
高濃度アルコール飲料にありがちな、工業アルコールっぽい風味が強いです。
ビール1本飲んだ後に、多分これ、350ml缶3本も空けたならば、悪酔いする予感。
危険な酎ハイやと思います。
まあ、急速に酔いを回したい時に、合間に1本でちょうどいいんやないでしょうか。

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!