関西のグルメを呑み食べ尽くし!

私はビールにはキレよりもコクを求めるタイプである。
なので、アサヒ・スーパードライ派ではなくて、
キリン・ラガー派だ。
なので、この「キリン コクの時間」にはかなり期待していた。
しかし、昨年6月の発売から何度か飲んでみたが、自身には物足りない。
なので、この新ジャンルでずっと飲んでいるのは、
サントリー「ザ・ストレート」→「金麦」を愛飲している。
ただ、このコクの時間にさらにコクを増した新製品を開発したとのこと。
キリン コクの時間〈贅沢麦〉である。

キリン コクの時間〈贅沢麦〉(キリンビール)

今日の晩ご飯は思いっきり手抜き。
キリン コクの時間〈贅沢麦〉(キリンビール)

まず、スーパーにて、鉄火巻のマグロの色合いが結構よかったので、
こちらを購入しました。
寿司ってビールと相性ええですね。
刺身は日本酒だが、寿司とはビール!

そしてチルド餃子。
キリン コクの時間〈贅沢麦〉(キリンビール)

神戸の名物餃子店「イチロー」をコンセプトにしたこんなのがあります。
ただね、こういう有名店の冷凍もの、インスタントもので美味しいのにあたるのは、
ほとんど皆無と言っていいだろう。

ざっと、フライパンで焼き上げました。
キリン コクの時間〈贅沢麦〉(キリンビール)

見た目はうーん、同じチルドのみんみん食品「せみ餃子」みたいな餃子(^^;)

特製の味噌ダレがついていたので、それにポン酢とラー油を加えてタレを作成。
キリン コクの時間〈贅沢麦〉(キリンビール)

食べてみると、やっぱり味わいがチルド餃子です。
冷凍餃子でも、これより美味しいのありますね。
あの「イチロー」お店の味とは段違いに違います。
こんなの出したら、お店のイメージダウンになると思うんやけどな~
これ食べて、実際イチローのお店に食べに行きたいって思う人間いるんでしょうか。
ただ、味噌ダレは美味しかったです、しかしこんな赤の強い味噌やったっけ?
神戸三宮「イチロー」の記事はこちら!

今回のコクの時間〈贅沢麦〉ですが、あまり変わっていない気が・・・
どうしてだろ?ぐっとくるコクまではいかないんですね。
この新ジャンルでそれを表現しようと思えば、
もう1%でもアルコール濃度を高くする必要があるのではないでしょうか。
「金麦」からこちらに鞍替えするだけのインパクトはありませんでした。

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
ビール系飲料の新商品って一体、月に何本出てるんやろ?
結構、こちらのサイトでは見かける度に買ってみて、
記事にしているつもりなんやけど、見落としているの結構あると思います。
秋限定も毎年の定番になってきたけど、冬限定もよく見かけますね。
キリンビールが新ジャンルにて、冬限定の新商品を発表。
「冬麒麟」です。

冬季限定新ジャンル「冬麒麟」(キリンビール)

パッケージとしては、いつもの冬イメージそのまんま。
6缶パッケージの板紙は鍋もイメージされております。
冬の寒い中、熱い鍋を食べながら飲むビールって最高やもんな。

ちっと仕事に疲れており、出来合いの惣菜を・・・
冬季限定新ジャンル「冬麒麟」(キリンビール)

たこの唐揚げです。
ビール飲む気でいてると、ついつい仕事帰りにこんなのがカゴの中に。

で、こいつはちゃんと焼きました。
冬季限定新ジャンル「冬麒麟」(キリンビール)

ビールは冬仕様ですけど、まだまだ季節は秋!
生さんまも安くなりましたね、これ一匹で60円。
焼き魚はサンマが一番と思っている私には嬉しい♪

で、今日はごはんの代わりにこんなのを主食に。
冬季限定新ジャンル「冬麒麟」(キリンビール)

栗を湯がきました。
またまたビールは冬やけど、秋の味覚。

半分に割って、スプーンでざっくり。
冬季限定新ジャンル「冬麒麟」(キリンビール)

なんで栗ってこんなに甘いんでしょうか。
久しぶりに食べてみたけど、美味しいもんだ。
栗焼酎の「ダバダ火振」がすっごく飲みたくなりました。

今回の「冬麒麟」ですが、マイルドな味わいを目指したとのことで、
うん、新ジャンルとしては、いかにもアルコールを添加させましたという、
化学的な味わいをあまり感じません。
熱い鍋の肉、魚、野菜を口の中でハフハフさせた後で、
これをぐっと一飲みすると、ふぅ~ってため息が出てきそうな味、
ほっこり味って言葉が適切かな。そういうビールです。

新ジャンルビール。
ずっと、サントリー「ザ・ストレート」亡き後、
サントリー「金麦」が、我が家の王者に君臨しておりますが、
鍋専用に何本か、この冬麒麟を買い込んでおこうかな(^^)

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
長野から奥飛騨に抜けてきて・・・
また岐阜は岐阜で名産がありますよね。
平湯温泉の産直市場に結構、よさげなもんがありました。

岐阜特産お土産品・総まとめ

ここに寄っていきましょう。

まず、こちらが鮎のうるか。
岐阜特産お土産品・総まとめ

なんやと思います?
鮎の内臓を塩漬けにしたもんなんです。
まさに酒のアテですな。
以前にですね、ここで食べたことあるんですよ。
大阪、天満「大安」の記事はこちら!
その時になかなかの珍味具合に感心したものです。
ちっさい瓶でしたが1500円もしました。

こんなの。
岐阜特産お土産品・総まとめ

見た目は、蟹味噌っぽいですね。
「大安」で食べたのは、白子のみで作っていたので、これとは違う。
食べてみても。。。う・・・さんまの内臓そのまま食べているかのよう。
苦みが非常にきついんですよ。
こりゃ日本酒のアテに食べてもその苦みは口に残りまくりです。
失敗・・・蟹味噌が甘く感じる苦さです。

もひとつは鶏ちゃんの素。
岐阜特産お土産品・総まとめ

岐阜の下呂近辺のB級グルメに「けいちゃん」ってのがあるんです。
普通に家庭で作られている、鶏料理。
以前にパックに入ったのを、地元スーパーで買って帰ったが、これが旨い!
岐阜下呂地方のB級グルメ「鶏ちゃん」の記事はこちら!
ビールにぴったり合うんですよ。
なので、素(タレ)を買って帰って、家で鶏肉を買えばと購入。
1000円でした。

こんな感じで完成図。
岐阜特産お土産品・総まとめ

前の日から、鶏のもも肉をこの鶏ちゃんのタレに漬け込みました。
あと生姜、ニンニクもさらに加えて、ジューシーに。
で、食べてみた感じは、普通にスーパーで売っている鶏のもも肉では、
柔らかすぎて、ちょっと合いません。
奮発して、きちんとした肉屋さんの弾力ある地鶏で作るとめっちゃ旨!
高いって言っても、鶏肉ですから、安いビールのアテが完成です。

しかし、よく考えると、買って帰るもの全てが、
この酒に合わすなら、この食い物かと、アルコール前提で考えている、
酒飲みの自分が怖い・・・
ただ、これからもそういう概念は一生捨てないでしょう。
今回の旅行は温泉巡りが主目的であったため、
あまりグルメに関しては堪能しなかったかなと思います。
そんな中、家にはその地の特産物をいくつか買って帰りました。
そんな総まとめです。

野沢温泉のお土産物屋さん。
長野特産お土産品・総まとめ

ちょっとお昼ご飯まで時間があったのでここで購入。

このお茶漬けの素も非常に気になったんですけどね。
長野特産お土産品・総まとめ

やっぱり、本場の「野沢菜」醤油漬。
長野特産お土産品・総まとめ

結構安くて、500円もしなかったです。

こんなの。
長野特産お土産品・総まとめ

うーん、ちょっと醤油辛さが顕著で、
普通に浸けられた野沢菜を買った方がよかったかな・・・
なので、お茶漬け用にしました。

こちらは、地元でしか売っていない、なめたけの醤油漬け。
長野特産お土産品・総まとめ

地場の山菜も一緒に漬けられています。
長野特産お土産品・総まとめ

これもね~私の口にはスーパーで売っている、
なめたけの瓶詰めでええかな(^^;)

最後は信州限定で売っているポテトチップス。
長野特産お土産品・総まとめ

わさびマヨネーズ味です。
寿司でも山葵たっぷりに効かせる私ですので、この風味は好み!
今回の長野土産では一番美味しくいただきました。

あと、長野ではないんですけど・・・
長野特産お土産品・総まとめ

山梨の名産、「ほうとう」です。
ちょうど草津温泉のお土産屋さんで、試食させてもらいました。

味噌はちょっと濃いめ。
長野特産お土産品・総まとめ

ただ、きしめんよりもさらに平べったい麺にはこの濃さで丁度。
なかなか旨いですね~
今度、山梨に行った時には是非ともうまい店で食べたい品です。

旅はやはりご当地グルメを色々探すのが楽しい♪
また、今後も紹介していきます。

↓お勧めリンク↓

信州といえば野沢菜!味も風味もギュッと濃縮した塩味付きの野沢菜です!
最近、斬新なアイデアはアサヒビールが一番ではないかなと思います。
キリンは現在、王者の風格を漂っておりますし、
サントリーはハイボールの大ヒットがありますので、
角が在庫不足になれば、トリスで補うという安易な発想。
(私はトリスそのもんの味は好きではありません、
水割りですと飲めたもんやないです、そんなのをソーダで割って
飲みやすくしたところで悪酔いします)
そんな中、アサヒは見た目非常に注目できるパッケージの商品を開発。
期間限定で世界のビールの味を再現しています「アサヒ 世界ビール紀行」です。

アサヒ 世界ビール紀行「ドイツ メルツェンタイプ」

2010年9月28日(火)から数量限定発売されているのは、
「ドイツ メルツェンタイプ」。
世界最大のビール祭り「オクトーバーフェスト」のために、
特別に醸造されているビールです。

アテにはまずこれ。
アサヒ 世界ビール紀行「ドイツ メルツェンタイプ」

スーパーで安く売っていたので購入。
なんやと思います?
鮭の白子なんですよ、この量で180円でした。
こういう海鮮珍味系は大好きな私です(^^)
食べてみた印象は、あん肝と鱈の白子を足して、2で割った感じ。
この値段ですから、高級感はないですね。

厚揚げの焼いたん。
アサヒ 世界ビール紀行「ドイツ メルツェンタイプ」

豆腐好きなんで、よく私の家では食卓に並びます。
焼いて、葱、鰹節、生姜をのっけて、醤油ぶっかけるだけ簡単ですからね。
なので好きなんですけど、家で簡単に作ることができるので、
外で飲む時とかは絶対に頼むことのないアテです。

そして、サーモンのムニエル、バルサミコ酢がけ。
アサヒ 世界ビール紀行「ドイツ メルツェンタイプ」

バルサミコ酢は癖のある酸っぱさありますけど、
海鮮料理とはよく合うと思います。

今回のビールの味ですが、やっぱりドイツビールらしい麦芽の深みを感じます。
ビールはすっきりドライより、深みのあるコク好きな私にはぴったりな味。
ただ、ちょっと普通のビールよりも10円ばかし高いんよな。

11月には第2弾「ベルギー ベルジャンエールタイプ」の発売を
予定されているんだそうな。
必ず1本は買ってみて、試飲してみるでしょうね。
あと5カ国ぐらい廻って欲しいな。

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
岡山旅行からの帰り。。。
大阪に帰るには、ここを間の小休止にするには適当ですね。
龍野西サービスエリアで、休憩です。

龍野西SA上り線 スナックコーナー・フードコート(兵庫たつの市)

そのスナックコーナーのメニュー。
龍野西SA上り線 スナックコーナー・フードコート(兵庫たつの市)

うどん、そばなどが多いですが、あなご丼(650円)があるのが、特徴かな。

こんなのもありました。
龍野西SA上り線 スナックコーナー・フードコート(兵庫たつの市)

ここ龍野西SA(上り)の名物を集めた紹介です。
ここは赤穂が近いってこともあり、塩を使ったものが多いです。
特に、甘い物と塩のコラボが多いなって感じました。
甘さを引き立たせるには塩は必須ですもんね。

ちょっとだけその名物を堪能しようと思いました。
龍野西SA上り線 スナックコーナー・フードコート(兵庫たつの市)

塩味ソフトクリームのミックス(300円)です。
バニラと抹茶のミックスで、小倉あんものっています。
食べてみると、よーく塩味が分かりますが、
甘さの脇役って感じで、絶妙にミックスされています。

同行者はその甘さと塩加減のコラボが気に入ったのか、こんなものも。
龍野西SA上り線 スナックコーナー・フードコート(兵庫たつの市)

やわらか塩味生大福(1個160円)です。

中はこんな感じで、餡がつまっています。
龍野西SA上り線 スナックコーナー・フードコート(兵庫たつの市)

その餡の甘さは私はあまり得意ではありませんが、
その餅生地の柔らかさと、塩加減が好きですね~

ってな感じで、塩が名産の、龍野西サービスエリアでした♪

住所:兵庫県たつの市揖西町南山西の土井286
電話:0791-64-8883
営業時間:24時間
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

SA & PAおいしいドライブ


龍野西SA上り線 スナックコーナー・フードコート 定食・食堂 / 竜野駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

イタリアン、家呑み会。
円高の世の中です!!
しかし、洋系の飲食店はあまりその円高差益還元してませんよね。
ただ、スーパーは別。
価格競争の中で、輸入品はきちんと値段下げてきてます。
中でも顕著なのはワイン♪
1000円以下で購入することのできる直輸入ワインの多いこと!
今回のこのワインも「西友」にて880円にて購入しました。
イタリアの白ワイン、「ヴィラ モリーノ ソアーヴェ クラシコ」です。

ヴィラ モリーノ ソアーヴェ クラシコ(イタリア・白ワイン)

「ソアヴェ」は結構お店でも置いてるとこ多いですけど、
だいたいボトル2500円~3000円くらいの値段つけていますよね。

ヴィラ モリーノ ソアーヴェ クラシコ(イタリア・白ワイン)

今回はこんな感じで始めました。
ヴィラ モリーノ ソアーヴェ クラシコ(イタリア・白ワイン)

帆立のカルパッチョ。
イタリアンは簡単にできます。
刺身で食える帆立を購入してきて、葉野菜を加え、
カルパッチョソースはネットであっちこっちレシピありますからその通りに。
私はすっぱいのが好きですので、酢をレシピより多めに入れます。
あと隠し味に「あごだし」を加えてます。
これで風味がすごくまろやかになるんですよ。

その日のメインは海鮮オイルパスタ。
ヴィラ モリーノ ソアーヴェ クラシコ(イタリア・白ワイン)

やりいか、帆立、あさりの剥き身をどっさり投入して、
鷹の爪、にんにく、オリーブオイルで炒めてます。
これも隠し味に使ったのは、いかの塩辛。これでコクが出るんですね。
最後に大葉をパラパラと振りかけて完成。
パスタってのも、簡単な手順で作れるものはたくさんあります。

で、お菓子。
ヴィラ モリーノ ソアーヴェ クラシコ(イタリア・白ワイン)

ベビースターのミートソースパスタ味。
ベビースターはホントいろんな味ありますね。

で、このソアーヴェ クラシコですけど、ワインのお味は辛口なんです。
しかし、口当たりはソフトでまろやかさを感じます。
今回、ちょっと塩辛みの多い料理が多かったんですけど、それにさっぱりと合いますね。

イタリアン系は、家でお手軽にできる料理なので、
外で食べるのは馬鹿らしくなります。
私のような普段、全然料理のできない人間でも、この程度はできますので、
酒飲みの方は、家でこんな感じでやってみませんか(^^)

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
ミナミは大阪で一番、人の集まる街・・・
そんなミナミであるがため、良質の立ち飲みがここ最近激増しているのだ。
安いとこに飲みに行くとなると、天満や福島が多かったが、
2009年あたりからは、ミナミではしごして飲んでも安い店が出没してきた。
そんな安くて旨くて、雰囲気よしの良質の立ち飲みです。
「丑寅」を再訪しました。

丑寅(大阪ミナミ)立ち飲み

さーて、今日のオススメは何かな?とボードを眺める。
丑寅(大阪ミナミ)立ち飲み

値段帯は250円、350円、450円の3段階構成。
これが仕入れによって、日替わりにいくつかが変わります。

で、すぐに即決したのがこれです。
丑寅(大阪ミナミ)立ち飲み

ふぐの白子ポン酢(450円)。
まさかふぐの白子が、この値段で食えるとはすごい。
食べてみてもそのねっとりした濃厚さがええよね♪
これを食べると鱈の白子があっさりしたもんに感じます。

ふぐの白子食べるにはこっちでしょう!
丑寅(大阪ミナミ)立ち飲み

宗玄の純米山田無濾過生原酒を1合600円でいただきました。
この酒、旨いね~粗さも感じられず、すっとした飲み口。

ちょうど、冷蔵ケースの前に陣取れました。
丑寅(大阪ミナミ)立ち飲み

ここ炭火焼きで焼いてくれるんで、その焼き物はどれがいいかな?

チョイスはこれでした。
丑寅(大阪ミナミ)立ち飲み

豚テキ柚子胡椒(350円)。
おっきな豚ロース一枚ものがこの値段ですよ・・・安い!
冷蔵ケースから眺めても、非常によさそうなお肉でしたので、これに。

炭火でじっくりと焼き上げられました。
丑寅(大阪ミナミ)立ち飲み

柚子胡椒なしでそのまま食べても美味しい。
じゃわっと肉汁が口の中で暴れます。
また柚子胡椒で風味変えても、また違った美味しさを感じられます。

ここで、さらに日本酒を追加。
丑寅(大阪ミナミ)立ち飲み

鍋島の純米吟醸、雄山錦(1合600円)。
実はこの合間に菊正宗の本醸造(350円)をお燗で頼んでいたんですけど、
やはり味が全く違います。
ただ、こちらのお酒もよかったけど、ちょっと飲み口が粗くて、
好みとしては、「宗玄」の方がよかったですね。

もう1品、鶏だんご中華鍋(350円)。
丑寅(大阪ミナミ)立ち飲み

つくねが結構ジューシー。
最後の〆にぴったりの鍋でした。

うんうん、やっぱりこの店、非常にいい。
すっごく落ち着ける雰囲気を持った店なんですよ。
アテもこの値段ならば納得の旨さやし、ミナミも面白くなりましたね~
またはしごの一角で訪問します。

住所:大阪市中央区難波千日前15-19
電話:090-8449-8530
営業時間:[月~金]17:00~23:00 [土]16:00~23:00 [日]16:00~22:00
定休日:祝日
↓お勧めリンク↓

★これぞ本場の炭火焼きかつおのたたき!!!★
梅酒のメーカーとして誰もが思い浮かべるのは、「チョーヤ梅酒」。
少々値段はお高いけれども、やっぱり美味しいと思います。
そのチョーヤがこんなのを出していたんですね。
同社のソーダで割った商品としては「ウメッシュ」が有名です。
ただ、このアルコール度数はたったの4%・・・
私、5%切るアルコール飲料は、何杯飲んでも酔えないので範疇外。
しかし、こちらの梅酒ハイボールはなんと7%!
値段がスーパー小売価格で168円と少しお高めでしたが、購入してみました。

梅酒ハイボール(チョーヤ)

その日のアテはこんな感じで作成。
梅酒ハイボール(チョーヤ)

まずはハンバーグ。
きちんと手でこねて作成。
デミグラスソースもネットのレシピでお手製です。
うん、こうやって自分で丁寧に作ると、「びっくりドンキー」なんか、
比較にならないくらいに美味しいんですけどね。

揚げ物も同時作成。
梅酒ハイボール(チョーヤ)

若鶏の唐揚げに、くさフグの唐揚げ、それにチキンナゲット。
しかしな~揚げ物はどうやっても苦手です・・・
衣にサクサク感がないんよな~

一度は食べていただきたい熟成チーズ鱈。
梅酒ハイボール(チョーヤ)

チーズは好きなんで、こういう酒飲む時用に、
一緒に食べることができるよう、常備させてます。
これ、「なとり」チーズ鱈の高級版ですけど、
熟成チェダーチーズ60%以上使用しており、
チーズにすっごくコクを感じるんですよ。

この「梅酒ハイボール」ですが、さすがのアルコール度数。
チョーヤの梅酒なんで、その梅酒自体の味は非常にコクがあります。
ソーダで割ると薄まった感があるんですけど、これは全然そんなことない。
梅酒の甘みに、ソーダの爽快な切れ味を加えたって感じなんですね。
マイナス要素がありません。

ただ、欠点はこういう酎ハイ系としては値段がお高めな所。
スーパーにて、100円ちょっとで売られているの多いですからね。
しかし、美味しさは保証します。
梅酒好きな方がおられましたら、買っておくと喜ばれますよ。

↓お勧めリンク↓

天満天神梅酒大会2008 グランプリ【明利】梅香 百年梅酒 720ml
「食欲の秋」のイメージもあるのか、
飲み食い物の秋限定バージョンって、結構見かける気がします。
まあ、日本人としては、米の収穫時期ですから、
米にあわせて、おかずの種類がいっぱいあると満足♪
その美味しい白米が大好きな、わたくしめです。
(ってそこから作られるお酒も含めてなんですけどね^^;)

で、今回の酎ハイ、「-196℃ こだわり果樹園〈秋梨〉」です。
-196℃ こだわり果樹園〈秋梨〉(サントリー)

サントリーが出しています。
酎ハイをなにしら飲む確率的にはサントリーが圧倒的。
どうしてだろ?パッケージが非常に惹かれるのが多いのかな。

今回はまず、こんなのから始めました。
-196℃ こだわり果樹園〈秋梨〉(サントリー)

麻婆茄子丼。
まあ、素から作ってるので、全く凝ってないです。
しかし、辛味とコクがどうしても足りないので、
豆板醤と黒酢でそれを補ってます。
こんな感じで、調味料一つで既製品でもええ味になりますよ♪

そしてたこ焼き~
-196℃ こだわり果樹園〈秋梨〉(サントリー)

久しぶりにやりました。
具材はタコの他に、チーズ、コーン、ツナを用意。
コーンとチーズのミックスがなかなかよかったです。
ま、しかし、結局はタコが一番旨いんですけどね。

自身の好みは、ドロソース塗って、葱を大量がけ。
-196℃ こだわり果樹園〈秋梨〉(サントリー)

ビールや、甘くない酎ハイ系によく合います。
今回、果汁たっぷりの甘い系やったので相性はイマイチ。

で、最後はほっこりとこんなの。
-196℃ こだわり果樹園〈秋梨〉(サントリー)

前日にやった「てっちり鍋」の煮た野菜が余ったので、
椎茸を加えて、ごった煮にしてみました。
前日のふぐ風味がついていて、これ見た目と裏腹に相当旨いですよ。

今回の酎ハイですが、栃木県・横山果樹園で収穫された、
人気の品種「幸水」を使用しています。
あの梨をかじった時のしゃりっと感を出しているんだそうな。
それは確かに納得ですね。
しかし、このアルコール度数クラスだと、自身には甘すぎる・・・
最近は7%以上でないと酎ハイは満足でけへんようになりましたね。

↓お勧めリンク↓

平野寿将流男のビストロおつまみ