関西のグルメを呑み食べ尽くし!

基本、私は低アルコールの飲料は飲まない。
なぜならば何杯飲んでも酔わないから(^^;)
スーパーで酎ハイを買うときでも、アルコール度数チェックは必ずして、
基本5%を下回る商品は買うことはないです。
キリンの氷結はストロングシリーズが8%のアルコール度数を誇り、
ビールの後にこのシリーズってことが結構多かったんですよ。
それで今回、そのシリーズの糖質ゼロが出たとのこと。
まあ、デブであるからして、味にさほど違いがなければ、
こっちに乗り替えようと買ってきました。
「氷結ストロング 完熟グレープフルーツ 糖類ゼロ」です。

氷結ストロング完熟グレープフルーツ糖類ゼロ(キリンビール)

その日は中華♪
氷結ストロング完熟グレープフルーツ糖類ゼロ(キリンビール)

八宝菜を自作いたしました。
生姜を結構効かせたスパイシー風味。
これをかた焼きそばの上に盛りつけます。
ただ、これだけではビール、ストロング酎ハイのお供には不十分なので、
さらに、酢をぶっかけ、辛子を加えます。
ええですね~酒がホント進みますよ。

いっぱい作ったので、同じ八宝菜をご飯の上に。
氷結ストロング完熟グレープフルーツ糖類ゼロ(キリンビール)

はい、中華丼の完成です。
昔、子供の頃は八宝菜って食い物、大嫌いやったんですが、
今は大好きです。麺にかけても、ご飯にかけても美味しい♪

すっぱめ、あっさり中華を堪能したわけですが、
やはりこの酎ハイは、それを受け止める力強さを感じます。
糖質ゼロにしてるから、もっと不抜けた味になってると思ったんですよ。
しかし、果汁感がしっかりしているから、それを感じないんです。
糖分の摂取を抑えるべき体になりつつありますから、
これならば、これを飲んで不満は全くありません。

家呑みのビールの占める割合を減らして、
この「氷結ストロング 糖類ゼロ」を呑む機会を増やそうかな。
アルコール度数、味ともに満足できる商品です。

↓お勧めリンク↓

平野寿将流男のビストロおつまみ
九州旅行からの帰り、東広島に寄りました。
その目的は?
賀茂泉のお酒喫茶があるからなんですね(^^;)
東広島、賀茂泉「酒泉館」の記事はこちら!

今回ドライバーでお酒飲めないのに、ここに立ち寄ったのは、
ここでしか買えない限定品のお酒があるからなんですよ。

酒泉館 幻の酒壺 純米吟醸原酒No.64(広島賀茂泉)限定品

これこれ♪
ここでは飲めないので、帰ってじっくり味わいましょう。
幻の酒壺 「純米吟醸原酒No.64」です。

量り売りしてくれます。
酒泉館 幻の酒壺 純米吟醸原酒No.64(広島賀茂泉)限定品

しかし高い・・・
一番安い300ml(700円)で買いました。

ただし、瓶は再利用できるように四合瓶にて。
酒泉館 幻の酒壺 純米吟醸原酒No.64(広島賀茂泉)限定品

この瓶だと密封できるので、今後一升瓶買ったときに、
劣化を防ぐ為、こちらに入れ替えることも考慮しての購入です。

合わせたのは、やっぱり大好物の生の海鮮物。
酒泉館 幻の酒壺 純米吟醸原酒No.64(広島賀茂泉)限定品

はまち、鰺、鰹のたたきです。

このハマチはブリ並の脂のノリで素晴らしい。
酒泉館 幻の酒壺 純米吟醸原酒No.64(広島賀茂泉)限定品

鰺は安いながらも、ホンマええ魚です。
酒泉館 幻の酒壺 純米吟醸原酒No.64(広島賀茂泉)限定品

鰹はタタキにして、スライスニンニクまぶしが極上。
酒泉館 幻の酒壺 純米吟醸原酒No.64(広島賀茂泉)限定品

で、今回の限定、純米吟醸です。
酒泉館 幻の酒壺 純米吟醸原酒No.64(広島賀茂泉)限定品

原酒らしく、口当たりは非常に粗さを感じます。
純米吟醸って言っても、精米歩合60%だもんな。
その後にまったり来るかなと思いきや、ぴりりと舌に刺激が。
何?この口当たりのピリピリ感どうして?って思いました。
で、ラベル見ると納得、アルコール度が19度と結構高い。
度数高いウォッカをロックで飲んだ口当たりと、似ています。
うーん・・・ちょっと自身の好みとは合わない酒だな。

思っていた味と全然違っていました。
やはり日本酒は試飲しての購入が必須ですね。
また、島田商店や濱田酒店へ行って、色々飲ませてもらおうっと。
大阪、西新町「島田商店」の記事はこちら!
神戸、魚崎「濱田酒店」の記事はこちら!


↓お勧めリンク↓

愛と情熱の日本酒
ビールの新ジャンル商品はどんどん新開発されたものが出てくるので、
買っても買っても、なかなか飲むことはできても、
記事にするのは追っついていかないですね(^^;)
またスーパーでこんなものを見つけてしまいました。
非常にパッケージが惹かれる商品です。

サントリー 余韻の贅沢(新ジャンル)

サントリー「余韻の贅沢」。
このコクのありそうな色合いが非常にええ感じです。
麦芽使用量従来品の約1.4倍、アロマホップ100%ってなこだわり。
新ジャンルの開発って、ここまで来てるんですね。

アテには、男前豆腐3球勝負「玉三郎」。
サントリー 余韻の贅沢(新ジャンル)

あの男前豆腐が湯豆腐用に開発した商品です。

こんな感じで。
サントリー 余韻の贅沢(新ジャンル)

シンプルにおろし生姜のみのトッピングで、出汁にて食います。
ここの豆腐はやっぱりハズレないです。
ちょっと色物系に見た目思えますが、味はしっかりしている。

こちらはしっかり作成。
サントリー 余韻の贅沢(新ジャンル)

肉味噌です。
豚バラ肉を一口大に切って炒め、濃厚な味噌味を付けてみました。
貝割れ大根、白髪葱と一緒にレタスに包んで食べます。

うんうん、これぞ、ビールのアテ♪
サントリー 余韻の贅沢(新ジャンル)

今回のこの新ジャンルビールは、色にびっくり。
黒ビールとのハーフ&ハーフのような琥珀色、缶のデザインと一緒です。
同じ日に、いつもの新ジャンル「金麦」を飲んでいたんですが、
こちらは比較すると、麦の風味が覆い隠されるくらいのホップの風味です。

この「余韻の贅沢」ばかり飲むと独特の癖があるので飽きがきそうですが、
ちょっとアクセントを加えるのになかなかよさげである。
期間限定ものやし、少しストック買っておこうかな(^^)

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
果汁ドリンクとしては、私はりんごジュースが一番好きである。
なので、「シードル」ってお酒も、アクセントとして加えるってことよくやります。
あの果汁たっぷりってお味がええですね~
キリンの氷結にもりんごを使ったものがあるが、
こちらの商品はさらにシードルを加えて、さらに果汁感を増しているとのこと。
早速飲んでみました、キリンチューハイ 氷結 Special 林檎&シードルです。

キリンチューハイ 氷結 Special 林檎&シードル<期間限定>(キリンビール)

で、これ買って、まずそこをちゃんと見てなかったんですが、
果汁1%???シードル使ってるんやから10%の間違いでは?と思いましたよ。

ま、ビール(金麦)からまず、その日の晩酌を開始。
キリンチューハイ 氷結 Special 林檎&シードル<期間限定>(キリンビール)

我が家の定番、半額セール海鮮類です。
かつおたたきにブリにいくら。
これだけ合わせても、500円しません。

これはちゃんと作りましたよ。
キリンチューハイ 氷結 Special 林檎&シードル<期間限定>(キリンビール)

豚の角煮です。以前作って、予想外にうまくでけたので再度。
我ながら、この煮付け具合は最高に旨いと思います。
自分が立ち飲み始めたら、絶対、メニューに加えます。

そして煮込み系をもひとつメイン。
キリンチューハイ 氷結 Special 林檎&シードル<期間限定>(キリンビール)

カレーも作成。
ガラムマサラ、ターメリック、クミンなどを加えてスパイシーに。
市販のカレールーを2つミックスさせていつも作るのですが、
この香辛料を加えることで、自身の好み味になります。
あ、あと、玉葱はもちろん、じっくり弱火で1時間格闘して蕩けさせてますよ。

で、今回の氷結ですけど、シードルを加えたにしては、うーん・・・
シードル自体の味までレベルを求めすぎたのかもしれませんが、薄いなって印象。
これならば、もっと値段高くても、シードル自体を飲みますね。
ちょっと不満足な結果でありました。

↓お勧めリンク↓

平野寿将流男のビストロおつまみ
いつもながら、旅での楽しみと一つとしております。
それは、地元密着のスーパーで、その地域でしか売っていない食料品を買うこと。
今回も、これは大阪では売ってへんやろってものを紹介しますね。

まずは、大分名物の「とり天」。
九州限定特産品(黒川・由布院・別府鉄輪温泉三昧旅)

こちらに関しては別記事にもしております。
大分名物、とり天の記事はこちら!

ただ、普通にお総菜として、スーパーにいっぱい並んでいるんですよね。
それに安い!
ホテルでの部屋食の食事に、ビールのお供として加えました。

大分の名産は「かぼす」。
九州限定特産品(黒川・由布院・別府鉄輪温泉三昧旅)

麦焼酎のロックにかぼす搾って飲むのなんて最高♪
麦焼酎とかぼすを買って帰ろうかなとも思ったのですが、
今回はジュース。
ただ、私にはこういうのは甘過ぎますね(^^;)

九州限定の「カラムーチョ」は柚子胡椒味。
九州限定特産品(黒川・由布院・別府鉄輪温泉三昧旅)

辛い物好きなんで、ちょこちょこ「カラムーチョ」は酒のお供として、
自宅での晩酌に登場します。
この辛さも自身にはちょうどいい、安い缶酎ハイのお供に最適。

大分と言えば「鶏めし」!
九州限定特産品(黒川・由布院・別府鉄輪温泉三昧旅)

以前、吉野の鶏めし食べて、非常に感動したんですよね。
吉野鶏めし保存会の記事はこちら!

炊きたてご飯に混ぜるだけの鶏めしの具も、普通にスーパーに売られています。

出来上がり!
九州限定特産品(黒川・由布院・別府鉄輪温泉三昧旅)

これが、めっちゃめちゃ旨い。
鶏のエキス利き過ぎやろって言うくらいの味わい深さ。
大分では、こういうのスーパーで普通に売られていますので、
是非とも買って帰るのをオススメします。
これは一番の大ヒットでした。

最後に「うまかっちゃん」。
九州限定特産品(黒川・由布院・別府鉄輪温泉三昧旅)

からし高菜風味ってのが、売られていました。
こんなのも、関西では見たことないですよね。

出来上がり。
九州限定特産品(黒川・由布院・別府鉄輪温泉三昧旅)

やはり紅生姜は必須かなと、別でのせてみました。
食べてみた感じは、辛子高菜というよりは、ピリ辛豚骨味って感じか。
自身としては辛味が足りなかったので、豆板醤を追加投入させてます。
久しぶりにこういう袋入りインスタントラーメン食べましたが、
酒呑んだ〆ラーメンとしては、なかなか辛味がよかったですよ。

以上、九州限定特産品特集でした!

↓お勧めリンク↓

九州・沖縄おいしいものお取り寄せベストガイド
昨年はそのお値段のお手軽さから、人気で入手できなかった品。
しかし、今年は是非とも解禁日に仕事終わりに寄って、
絶対入手しようと思っていました。
これです!

ペットボトルのボジョレーヌーボ(2010年)赤ワイン

ペットボトルに入った、ボジョレーヌーボ。
西友にて690円で売られているんですね。
昨年、まさか、ここまで価格破壊が行われるとは思いませんでした。
仕事終わりに西友に直行します。
すると、残りあと2本になっているではないですか!!
急いで1本を手に掴むと、横からおばちゃんがすかさずもう一本を手に。
いや~危なかった・・・あと5分も到着が遅ければ、
今年も手に入れられなかったでしょう。

西友が直輸入で、自社ブランドにして販売しております。
ペットボトルのボジョレーヌーボ(2010年)赤ワイン

見事に手に入りましたから、その日はイタリアンの食卓に。
ペットボトルのボジョレーヌーボ(2010年)赤ワイン

まずは、キャベツのピクルスを作りました。
日本のあごだしと、梅肉を加えたので、浅漬け風になっちゃいましたが。。。

そしていつもの定番、カルパッチョ。
ペットボトルのボジョレーヌーボ(2010年)赤ワイン

マグロ、サーモン、鯛の3種盛り合わせです。
これぞ、一番のお手軽イタリアンやと思います。

平太麺の生パスタを売っていたので、これでパスタを作成。
ペットボトルのボジョレーヌーボ(2010年)赤ワイン

アンチョビとオリーブのトマトソース、フェットチーネ。
まあ、麺の性質からいって、クリームソースの方が合うんですけど、
まだまだ、私の技術では難しいので、こちらに。
このもちもちっとした、きしめんのような平太麺は好み。
まだ、ちょっと残っているので、
今度は海鮮系のクリームソースに挑戦してみよ。

フランスパンは、出来のいいカルピスのガーリックバターをつけて。
ペットボトルのボジョレーヌーボ(2010年)赤ワイン

ワインを囲む食卓に、彩りを与えてくれます。

今年のボジョレーは、テレビにてチャーミングでフレッシュと言ってましたが、
チャーミングってなんちゅう表現と・・・少し絶句。
そんな味の表現は日本ではせえへんですよね。
あまりボジョレーは熟成感のないワインなので、
赤ワインでも豊熟なフルボディを好む私にはあまり合いません。
今回飲んでも、あ~新鮮な採れたての味だな~って印象。
甘くないぶどう100%ジュースって感じかな。

しかし、690円でこのレベルのワインが飲めるとは非常にお得感あります。
ペットボトルの方が重たくないし、取扱いもお手軽やから、
瓶よりも相当安くなるならば、他のワインもペットボトル版作って欲しいな~
味が一緒ならば、より安いの選びますよ。

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
この一番搾りのパッケージは今までもよく見たことがあるのではないだろうか。
毎年、ホップが収穫された時期にのみ、キリンビールが一番搾りのジャンルに、
期間限定にて販売しております。
もうすでに7年目になるんだそうな。
「一番搾り 2010 とれたてホップ生ビール」である。

一番搾り 2010 とれたてホップ生ビール(キリンビール)

普通は乾燥させたホップを使うのですが、こちらは収穫したばかり、
水分を含んだ生のホップを凍結させて、細かく砕いて使用しているんだそうな。

その日の晩酌はお好み焼き祭り♪
一番搾り 2010 とれたてホップ生ビール(キリンビール)

色々と具材を用意して、セルフで混ぜ混ぜして、自身でホットプレートにて焼き上げます。
主に、豚肉、牡蠣、たこといった構成。

まずは、一番の基本より。
一番搾り 2010 とれたてホップ生ビール(キリンビール)

豚お好み焼き~、あ、卵は各自いちいち割るのも面倒やったんで、
生地の中に混ぜ込んでいます。
お好み焼きとビール・・・ええ組み合わせ。

続けて、蛸お好み焼きを作成。
一番搾り 2010 とれたてホップ生ビール(キリンビール)

なぜ、イカ玉はメジャーやのに、たこを使ったお好み焼きはないんやろ?と、
自身で作ってみて、検証してみました。
食べてみて・・・うん全然悪くない、美味しいです。
たこ焼きというジャンルとごっちゃになるから、あんまりないんかな。

牡蠣も投入~
一番搾り 2010 とれたてホップ生ビール(キリンビール)

こちらはあまりソースつけない方が、牡蠣の味を損なわせません。

蛸ももっかい作ります。
一番搾り 2010 とれたてホップ生ビール(キリンビール)

で、マヨネーズも途中から塗って・・・
一番搾り 2010 とれたてホップ生ビール(キリンビール)

蛸とマヨネーズって合うんですよ。

私はキリンラガー派なんで、一番搾りもそのさっぱりしたコクは好きです。
しかし、これね~どうも水くさいんですよ。
同じ日に飲んでいたサントリー「金麦」と比べても、
そのコクを感じられません。
舌が第3のビールに慣れてきたのかな~
家では、わざわざビールジャンルを選んで呑むなら、
もうちょい奮発して、プレミアムビールを飲む方がええかもです。
第3のビールも出来が良くなってきましたからね。

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
普段の家呑みワインはお手軽値段で購入したい。
さすがに500円~800円程度のワインも多くなっておりますが、
さらに安くと思っているとこんなのが・・・

カルロ・ロッシを箱買い♪(オイルサーディンとマッシュルームの缶詰パスタ)

おっ、白ワイン「カルロ・ロッシ」(Carlo Rossi)にこんなのあるんですね。
ボトル500円台のやっすーいワインですけど、その値段としてはまあまあの印象。
カルロ・ロッシ(Carlo Rossi)の記事はこちら!
値段は1680円で、3リッター入ってますから、フルボトル買うよりお得。
ってことで、普段使い用に買ってみました。

こんな風に冷蔵庫にセットしました。
カルロ・ロッシを箱買い♪(オイルサーディンとマッシュルームの缶詰パスタ)

注ぎ口からチューっとグラスに注ぎます。
冷蔵庫開けるといつでもすぐにワインを飲めるこのお手頃感はええですね~

今日のメインは缶詰・・・
カルロ・ロッシを箱買い♪(オイルサーディンとマッシュルームの缶詰パスタ)

ではなくって、これを具材にパスタ作ります。
あと用意したのは、オリーブオイルににんにく、
鷹の爪が家にあると思ったのですがなくて、輪切りで代用。
オリーブオイルは少量にして、オイルサーディンのオイルを加えます。
これにより魚介のコクを感じるんですね。
あと途中で隠し味に蟹味噌を加え、さらにソースを濃厚に変化させます。
最後にマッシュルームを加えて、出来上がり!簡単でしょ。

他には我が家のイタリアンの定番「カルパッチョ」。
カルロ・ロッシを箱買い♪(オイルサーディンとマッシュルームの缶詰パスタ)

バルサミコ酢多めに加えているのが特徴です。

サーモンとハマチ。
カルロ・ロッシを箱買い♪(オイルサーディンとマッシュルームの缶詰パスタ)

それに蛸の3種盛りです。
カルロ・ロッシを箱買い♪(オイルサーディンとマッシュルームの缶詰パスタ)

蛸が一番、こういう酸っぱいカルパッチョには合ってると思います。

そしてメイン。
カルロ・ロッシを箱買い♪(オイルサーディンとマッシュルームの缶詰パスタ)

自己流、オイルサーディンとマッシュルームの缶詰パスタ(蟹味噌風味)。
パスタはアルデンテに茹でて、作成したパスタソースに絡め、
上にオイルサーディンをまぶします。
これがなかなか会心の出来でした。

オイルサーディンのオイルを加えたのでちょっと油っこいか・・・
カルロ・ロッシを箱買い♪(オイルサーディンとマッシュルームの缶詰パスタ)

しかし、蟹味噌の濃厚さがパスタにうまい具合に絡んでます。

最後のつまみはオリーブ。
カルロ・ロッシを箱買い♪(オイルサーディンとマッシュルームの缶詰パスタ)

普通にイタリアンに使われるタイプと小豆島の新漬けオリーブです。
この新漬けオリーブがすっごくフレッシュ!
10月、11月の採れたての時期にしか出回らない品なんですけど、
口の中で、オリーブオイルが暴れ回ります。

家での簡単イタリアン、いかがでしょうか?
ワインも非常に安いですし、製作時間はわずか30分です。
パスタソースは色々と自己流にアレンジを加えるのが楽しいです♪
次はどういうソース作ろうかな(^^)

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
ミツカンと言えば、「味ぽん」。
家でも通常は大抵、このポン酢が常備されております。
味が一番、どんな料理と合わせても安定してるんですよ。
ちょっとさっぱりした味に最後整えたい時にはこれです。
そのミツカンが高級ポン酢を出しておりました。
その名も「絶品ポン酢」
~すだち果汁のすっきりした味わいを活かしたこだわりぽん酢~なんだそうな。
通常値段は、旭ポン酢などと同じ500円台しておりますが、
スーパーの特売にて、420円で販売されておりましたので、買ってみました。

絶品ポン酢(ミツカン)

すだちは阿波産を使用。
絶品ポン酢(ミツカン)

鰹・昆布・宗田鰹の3種類のだしをブレンドされております。

このポン酢には水炊き鍋でしょう。
絶品ポン酢(ミツカン)

鮭と牡蠣が安く売っていたので、これで作成。

野菜は、白ネギ、もやし、えのき茸、豆腐。
絶品ポン酢(ミツカン)

ただ、これ失敗です。
鮭も牡蠣も味噌仕立ての鍋に合う素材でした。
安くなってたからといって、これで代用したことに後悔。

で、このポン酢の風味ですが、濃厚の一言。
同じミツカンの「味ぽん」と食べ比べてみたんですけど、
味ぽんがすごくまろやかに感じます。
すだちのしゃきっとした鋭い味が強いですね。

今度は失敗しないように、食材を厳選した水炊きにします。
魚はクエかフグを使いたいところですが、最低限、鱈がええかな。
フグが半額で売ってたら狙ってみます。

↓お勧めリンク↓

おうち鍋
不二家ネクターというドリンクは、
私がちっちゃい頃から根強く販売されている飲料である。
私は清涼飲料は炭酸入りのものが好きであったので、
あまり飲むことはない商品であったのだが、こちらは飲んでみました。
「サッポロ ネクターサワースパークリングピーチ」の記事はこちら!

この出来は素晴らしかったですね~、桃のフレッシュな果汁感はそのままに、
炭酸の爽やかさ、それにアルコールと、すべてがうまい具合に重なっている。
その第二弾が限定販売されていたんですよ。
「ネクターカクテル とろとろピーチ」です。

ネクターカクテル とろとろピーチ(サッポロビール)

その日のアテはこんな感じで開始。
ネクターカクテル とろとろピーチ(サッポロビール)

我が家の食卓でよく並ぶ豆腐ですがトッピングをアレンジ。
クリームチーズ、鰹節、玉葱スライス、黒胡椒をかけて、醤油をたらーっと。
ちょこっと洋風冷奴(^^)
ベースは男前豆腐なんですけど、これが結構いけてます。

刺身は、かつおたたきにブリ。
ネクターカクテル とろとろピーチ(サッポロビール)

メインはハンバーグ。
ネクターカクテル とろとろピーチ(サッポロビール)

付け合わせにはいんげんのベーコン巻。
そして、舞茸のソテーです。
ジューシーなハンバーグに仕上がったので、
ソースはおろしポン酢でちょうどいい。

今回のこの商品はさらにネクターの味をと開発されただけあって、
あのトロトロした感覚がそのまんまです。
さすがの果汁25%って味わいですね。
アルコール度数が自身の基準5%を切った4%であるので、
あまり酔いが廻るような商品ではありませんが、
女性には非常に受ける、カクテルやと思います。
あと、量が少ないのも、浴びるほど飲む私には物足りないところかな。

↓お勧めリンク↓

平野寿将流男のビストロおつまみ
全国のご当地グルメ・・・
B級グルメがブームの世の中ですし、私も一番興味があります。
なので、旅に出ると、必ず地元のスーパーに行って、
その土地でないと買えないようなもんを買います。
今回の旅では「大分県」を訪問。
大分県と言えば?
鶏の消費量が全国一なんですよ。
中でも、他の地域であまり見られないのが「とり天」です。

とり天(大分郷土料理)

スーパーでも、ご覧のとり天粉が普通に売られていました。

あと、この下味をつけるタレも。
とり天(大分郷土料理)

とり天のタレと一緒に、大分らしいニンニク醤油味の唐揚げのタレも購入。
大分中津近辺の鶏唐揚げも、全国あちこちに専門店できるくらいに有名ですもんね。

鶏もも肉に、下味をしっかりつけてから油の中へ。
とり天(大分郷土料理)

出来上がり!
とり天(大分郷土料理)

これにポン酢、辛子酢醤油、天つゆなどにつけて食べることが多いが、
今回、しっかり下味をつけたのでここのまま食います。
うんうん、やっぱりビールが欲しくなるアテやな~(^^)
さっくりええ案配で揚がっており、鶏肉に下味が濃厚についているので、
肉、下味、衣と、全体にまとまったジューシーさがピカイチ!

鶏の唐揚げもうまいが、この「とり天」も捨てがたい。
ご飯との相性もええし、ビールともええ。
全国的に、居酒屋とかで今後メニューにするところ増えるでしょうね。
普段、家呑みの時は、ビールの後、主役として登場するのは、
日本酒かワインです。
両方とも、外で飲むのと家で呑むのとでは全然違いますからね。
今回、イオンのジャスコをぶらぶらしてて見つけたのがこれ。

ロイクレゾン シードル ブリュット&明治北海道十勝 スマートチーズ

「ロイクレゾン シードル ブリュット」。
りんごで作られたシードルです。アルコール度数は低めの4.5%。
なんとお値段がフルボトルで580円!!
さすがに円高の世の中ですから、こういう輸入もんは安いですな~

合わせたアテはまずはこれ。
ロイクレゾン シードル ブリュット&明治北海道十勝 スマートチーズ

パプリカのサラダ。

そして、牡蠣のネギ塩焼き。
ロイクレゾン シードル ブリュット&明治北海道十勝 スマートチーズ

スーパーでパックにて売られていた物なんで、味は全然駄目。
やっぱり牡蠣は冬に日生でやるバーベキューが最高でしょう。
岡山日生「海の駅しおじ」の記事はこちら!
この冬は絶対に電車で行って、白ワインをがぶ飲みしてやるぞ!

そしてかつおのたたき。
ロイクレゾン シードル ブリュット&明治北海道十勝 スマートチーズ

この魚、ワインに結構合うんですよね。
(今回はシードルでしたけど、それでもOKでした)

そして、最後にちびちび摘むのは?
ロイクレゾン シードル ブリュット&明治北海道十勝 スマートチーズ

実は、もう何年も前から、ワインにはこれなんですよ。
「明治北海道十勝 スマートチーズ」。
日本のチーズなんて、ワインのアテになるもんかって、
思っておられる方、多いでしょう。
しかし、このチーズだけは、全然違うんです。
口の中でむにゅむにゅさせてると、すっごくコクが出てきます。
値段も非常にお手軽なんで、常に1個は冷蔵庫に常備させてます。
みなさん、今度、ワイン呑まれる時は是非ともお試し下さい。

で、今回のシードルですが、甘いの嫌いなので、
もうひとつ甘いタイプもあったのですが、こっちをチョイス。
ただね、すっきりし過ぎのドライタイプなんですよ。
ビールでもスーパードライよりラガーを好む私には、
このリンゴのコクのなさがないシードルはイマイチ。
ただ、500円台でフルボトルシードルが飲めるって魅力的ですよね。
今度は甘い方も試してみるかな。

ロイクレゾン シードル ブリュット
内容量:750ml
生産地:フランス/ノルマンディー
製造元:ドゥシェ・ド・ロングヴィル社
アルコール分:4.5%
種別:白/辛口/発泡
↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
冬のビールとなるとサッポロのイメージですよね。
そのサッポロ「冬物語」ですが、昨年2009年は販売されなかったんですよ。
私は全然気付いていませんでした。
けどやっぱりファンはたくさんいるんでしょうね。
原料に新たに炭焼き麦芽を使い、深みのある色と、
コクのある澄んだ後味を実現させたという新しい「冬物語」を今年は復活させました。

サッポロ 冬物語(サッポロビール)

なるほど、2010年~2011年の限定バージョンとなっていますね。

まずは、出来合いのお惣菜をアテに。
サッポロ 冬物語(サッポロビール)

揚げ出し豆腐です。
豆腐好きな私ですので、大概、晩ご飯の食卓の一品には豆腐があります。
アルコール類のアテにも最適なんですよ。
ビールでも、日本酒でも、ワインでも合わせることができます。
揚げ出し豆腐はそれに安いんですよね。
こんな結構大きめのでも2つで通常値段180円。
閉店前の特売で安くなってりゃ、即買いです。

で、これはしっかりと作りましたよ~
サッポロ 冬物語(サッポロビール)

2日まるまるじっくりかけて煮込んだ、豚の角煮。
きちんとブロックから作ったので、ちょっと苦労しました。

ただし旨さは抜群!
サッポロ 冬物語(サッポロビール)

じっくり脂抜きもしとりますんで、カロリーも抑えめ。
1日冷蔵庫でしっくり寝かせたので、味わいも芳醇。
店でもこんな旨い豚の角煮は食えないと思います。
自身、会心の出来!!!

その後はこんなのを炙って・・・
サッポロ 冬物語(サッポロビール)

エイヒレです。
醤油マヨネーズにざっとつけて食うとホントええよな~
まあ、ビールより熱燗に合うアテですけどね。

で、今回の「サッポロ 冬物語」。
普段、家飲みビールは新ジャンルばかりなので、久しぶりのビール(^^;)
まず、そのうっすら茶褐色を帯びた濃い~色合いがいいですよね~
そして飲んでもそのコクには納得いきます。麦の香ばしい風味が素晴らしい。
これは絶対に鍋に合うビールです。
贅沢な鍋を食べるときにはこのビール必須だな~
また6本パックでもストックにこの冬、置いておこ。

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
さあ!九州に上陸。
本州を夜中、休憩1回のみで高速を走ってきたので、
朝方は結構くたくたになっております。
九州最大規模を誇るレストランとショッピングコーナーがある大型SAで、
ぶらっと休憩いたしましょう。
九州自動車道「古賀SA下り」です。

古賀SA下り 九州自動車道(福岡)ご当地サイダー

このサービスエリアで、他のサービスエリアにないものは?
古賀SA下り 九州自動車道(福岡)ご当地サイダー

なんと!全国のご当地サイダーを結集して販売しているんです。
全国津々浦々、変わり物から、復刻版まで様々に揃っています。
炭酸ジュース大好き人間なんで、こういうのすごく興味ありますよ(^^)

トマトサイダーや人参サイダーなんてのも。
古賀SA下り 九州自動車道(福岡)ご当地サイダー

こうやって見てるといろんな味がありますね。
古賀SA下り 九州自動車道(福岡)ご当地サイダー

買ったのはBANZAI(バンザイ)サイダー。
古賀SA下り 九州自動車道(福岡)ご当地サイダー

値段は同じ量のプレミアムビール並の値段しました。
280円くらいやったかな?
九州に来て、他の地域のを買いたくなかったので、こちらに。
長崎のご当地名産になっており、非常に有名ですね。
お味は、ほのかにリンゴの香りがします、そして炭酸はきつめ。
明治三十七年に造られた、そのまんまの味だそうです。
甘味料は砂糖のみを使用。

もひとつ「スワンサイダー」復刻版。
古賀SA下り 九州自動車道(福岡)ご当地サイダー

佐賀のご当地サイダーです。
こちらも同じくらい(280円?)のお値段しました。
ジュースやのにこの値段はね・・・
いかにも観光用上乗せ値段が気にくわないところだが。
戦前から販売していた「スワンサイダー」を復刻発売しています。
甘味料はこちらも上質砂糖のみを使用。
飲んで、まず感じたのはすっごく炭酸がきつい。
ただ、甘みがすっきりしていますね。

こちらは、由布院ご当地で買ったもんです。
古賀SA下り 九州自動車道(福岡)ご当地サイダー

「ゆふいんサイダー」。
地元のスーパーで200円でした。
特徴は、 由布院の天然水を使っているとのこと。
その特徴を活かすためか、炭酸はおとなしめにして、素朴な味わい。
女性らしい雰囲気を醸し出している、由布院らしいサイダーです。

炭酸好きなんで、今回、九州の旅でもあり、
長崎、佐賀、大分と3種類の味を試してみましたが、やっぱり値段高いよな・・・
炭酸好きですけど、これなら地ビール買うほうがええかも。
酒好きとしては、やっぱりアルコール添加が必要みたいです(^^;)

今回の旅のあらすじはこちらで。

ショッピングコーナー
住所:福岡県古賀市薦野字原1100
電話:092-946-3124
営業時間:24時間
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

高速道路1000円完全スーパーガイド