関西のグルメを呑み食べ尽くし!

同行者待ちで別の店で飲んでいたが、まだ来そうにない。
ビールも飲んだことやし、今度は日本酒だな~と思い浮かんだのがここ。
ミナミで常時、十四代を何銘柄も揃えている立ち呑み「最」(さい)です。

地酒立ち呑み 最[SAI](大阪ミナミ千日前)

まあ、これ見て下さいな。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪ミナミ千日前)

十四代のオンパレード!!
これだけ揃えば圧巻でしょう。
ただ、値段は一番高い「山田錦 大吟醸」やと1700円もします。
しかしハーフグラスでも対応してくれるので、この点、色々呑めますね。

その日の日替わり料理。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪ミナミ千日前)

また、このアテの安さも魅力的。
個人的には生しらすポン酢(280円)が気になったが売り切れ・・・
あと、ここのお得はレディースセット(500円)。
日替わりが3品に、生ビールか酎ハイが1杯つきます。
女性にやさしい立ち呑みで、壁には「ナンパ行為は禁止します」と書かれています。

まずは日替わり地酒(350円)。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪ミナミ千日前)

その日は「梅乃宿」特別純米でした。

無料のサービス品が少しいつもつきます。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪ミナミ千日前)

この日は甘いポップコーン。

アテには「いわしのキズシ」(250円)をいただく。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪ミナミ千日前)

さっぱりした酢〆が日本酒によく合います。

で、やっぱり十四代呑まなきゃね♪
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪ミナミ千日前)

今日はお安く、本丸(650円)で。
これでもね、味の膨らみは他の銘柄をどれも凌ぎます。
さすがの十四代。

ここで、同行者よりメールが届き、合流することに。
日本酒好きでなければ、あまり魅力はない店かもしれへんけど、
日本酒呑みとしては、とてつもなくええ店。
ジャズが流れ、雰囲気もいいので、女性同士でも入りやすい店ですよ。

住所:大阪市中央区難波千日前14-2
電話:06-6631-3151
営業時間:18:00~23:00(L.O.:22:30)
定休日:土・日・祝日
↓お勧めリンク↓

★これぞ本場の炭火焼きかつおのたたき!!!★

守口で飲んでおりました(^^)
結構、酔いも廻ってきていたので、そんな時はラーメン食いたい病を発症します。
そこで駅前まで移動してきて、ここのラーメン屋が目立っていたので、
思わず入ってしまいました。
あちこちにチェーン展開していますね「天下第一」の守口店です。

天下第一 守口店(大阪)ラーメン

中に入りカウンターに陣取る。
天下第一 守口店(大阪)ラーメン

メニューを眺めるも、酔いが廻っており吟味しませんでした(^^;)
豚骨は「うまあじ」「こくまろ」のあっさり、こってりをチョイスできます。
酒飲んだ後やからとあっさりの「うまあじ」(630円)をオーダー。

出来上がり!
天下第一 守口店(大阪)ラーメン

見た目、あっさり豚骨だというのは一目瞭然です。
まずそのスープから・・・
うーん・・・コクがない・・・
酔っぱらった頭でもその味は舌に伝わってきます。

続けて、麺を堪能。
天下第一 守口店(大阪)ラーメン

中細の縮れ麺です。
スープは結構絡んできてると思うんですけど、その味はね~

スープにパンチが全然ないのでこちらを投入。
天下第一 守口店(大阪)ラーメン

ニラが混ざった辛味の素がありました。
これを入れて、麺を絡ませると結構旨い。

うーん・・・酔っぱらってない、冷静な頭では寄らないかな~
ちょっと自分には、味が中途半端に感じるお店でした。

住所:大阪府守口市寺内町2-1-8
電話:06-6994-1806
営業時間:11:00~翌4:30
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

★これそこってり豚骨の久留米派、大砲ラーメン★


天下第一 守口店ラーメン / 守口市駅守口駅土居駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5

その日の飲みメインは、じっくり座って呑める店。
喉が非常に渇いておりましたので、この状態で突入すれば、
ビール代がどれだけかさむか分からない(^^;)
先に、ジョッキ2杯くらい、安い立ち飲みですませてしまいましょう。
ちゅうことで、天満橋で選択したのがここ「マルキン酒店」です。

立呑み マルキン酒店(大阪天満橋)

店は結構、大バコの立ち飲み。
立呑み マルキン酒店(大阪天満橋)

入ってすぐにカウンターがあり、奥はテーブルになっています。
立ち飲みといえど、スツールを置いてくれているので、座って呑める店です。

ドリンクメニューはこんな感じ。
立呑み マルキン酒店(大阪天満橋)

キリン一番搾りの生中が290円で飲めます。
ですので、この店を1軒目でチョイスしたんですよ。

ここのアテは串カツがメインです。
立呑み マルキン酒店(大阪天満橋)

その他は冷蔵ケースに収まってるのをセルフサービスで。
全て、250円均一となっております。
以前は刺身があったんやけど、今日はないようだ。
他に興味惹かれるもんがあまりなく、どうしよっかな・・・

まだ迷う・・・
立呑み マルキン酒店(大阪天満橋)

その日は串揚げに焼き鳥を食べに行く予定やったんで、
串カツはいらないし、鶏料理の一品物も食べたくなかったんです。

おでんもあって、その脇に一品物あったんですけどね。
立呑み マルキン酒店(大阪天満橋)

結局、これにしました。
立呑み マルキン酒店(大阪天満橋)

菜っ葉と揚げのたいたん(250円)です。
ビールには合わないが、さっぱりしたその味に落ち着けます。

同行者が、ビールに合うものをチョイス。
立呑み マルキン酒店(大阪天満橋)

チャンジャ(250円)です。
喉か渇いて、飲む一番搾りは格別に旨い!!
既に2杯をぐっと空けました。

今回、串カツを食べなかったので、物足りない所ですが、
お手軽な、立ち飲み屋ですね。
ただ、各一品物のレベルが、酒屋の角打ちレベルを抜け出ていないと思います。
ここんところ、美味しいアテで飲める立ち飲みが多くなってきてるだけに、
この先、この店は苦戦するのではないでしょうか。

住所:大阪市中央区谷町2-9-3 近鉄大手前ビルB1F
電話:06-6944-4888
営業時間:お昼(丼)11:30~14:00 夜(立呑)17:00~22:30
定休日:日、祝

↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
岐阜、下呂温泉旅行の道すがら・・・
高速も早朝であったので、すいすいと岐阜まで辿り着く。
なので、高速降りるのももう直前。
あ、ここでトイレ休憩しとかなあかんよな~とこちらのSAへ。
長良川サービスエリア下りのスナックコーナーです。

長良川サービスエリア下り(岐阜)

近くには長良川が流れています。
長良川サービスエリア下り(岐阜)

高山が近いのもあり・・・
長良川サービスエリア下り(岐阜)

お土産物コーナーには高山ラーメンがいっぱい種類あります。

スナックコーナーメニュー。
長良川サービスエリア下り(岐阜)

長良川サービスエリア下り(岐阜)

もう1枚。
長良川サービスエリア下り(岐阜)

うどんに、蕎麦、それに高山ラーメン。
あと名古屋が近いのもあり、きしめんがメニューにあるのが特徴。

定食メニュー。
長良川サービスエリア下り(岐阜)

一品。
長良川サービスエリア下り(岐阜)

豚汁もここ有名なんでしょうか?
結局色々物色はしましたが、ここでは食べませんでした。

その代わり、お土産に買って帰ったのは・・・
長良川サービスエリア下り(岐阜)

この味噌ソースです。
名古屋出身の八丁味噌好きの方が知人におりますので、その方向けに。

サービスエリアはその地のご当地グルメが色々と凝縮されているので楽しい♪
高速での休憩にも楽しみの幅ができますよ。

住所:岐阜県関市下有知字重竹962 東海北陸自動車道
電話:0575-25-1265
営業時間:24時間
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

SA & PAおいしいドライブ
家呑み用のワインは、相当な量を飲むわたくしなので、
収入も乏しいから、年々家での飲み代を安くする方向に向かっています。
今年買ったボジョレーもペットボトルにしときました(^^;)
で、こちらもBOX買いしております、赤ワイン。
アメリカカリフォルニア産の赤ワイン、FRANZIA(フランジア)です。

FRANZIA[フランジア](アメリカカリフォルニア赤ワイン)

値段は1800円ちょっとでした。

こういう感じで、横置きにして、冷蔵庫にセットします。
FRANZIA[フランジア](アメリカカリフォルニア赤ワイン)

これは蛇口のように捻って出すタイプでした。
慌てるとこぼしそうになるので、プッシュ型の方がええですね。

その日の晩酌はこんなのから。
FRANZIA[フランジア](アメリカカリフォルニア赤ワイン)

ほうれん草のバルサミコ酢にんにく炒め。
バルサミコ酢の臭みがもわーんと漂い、これは失敗作。
炒め物に使う酢やありませぬ。

鹿児島産黒毛和牛のたたき。
FRANZIA[フランジア](アメリカカリフォルニア赤ワイン)

和牛と外国産の一番の違いは柔らかさですね。
これも口の中に入れるととろける感じの肉質です。
赤ワインにドンピシャ!のマッチング。

デミグラスソース、チキンドリア。
FRANZIA[フランジア](アメリカカリフォルニア赤ワイン)

今日のメインはワインに合わせて、こんなのを作成。

デミグラスソースが自身会心の出来。
FRANZIA[フランジア](アメリカカリフォルニア赤ワイン)

ドリアって昔、グラタンにごはんが入っているイメージで、
あまり好きではありませんでしたが、今では大好き。
元々、米が好きですから、パスタよりも好きかもしれません。

今回の赤ワインですが、
うん、安っぽいバルで出てくるようなハウスワインっぽい。
フルボトルで買えば400円台ぐらいで買えそうです。
ライトボディなんで軽い口当たりなんですけど、それが自身には味気ない。

同じようなBOXタイプならば、先日購入して飲んだこちらの方が美味しい。
ガルシア・カリオン・テンプラニーリョ
テンプラニーニョ種のコクのある味は、私好みですね。
ちょっと値は今回のフランジアよりも高いですが、オススメですよ。

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
天満安飲みはしご酒・・・
そうなると、ここのお店も外せませんね。
だって、これですもん。

串かつ 七福神(大阪天満)大衆酒場

プレミアムモルツの生中がなんと1杯目は100円!!
この値段に惹かれて寄るんですよ。
天神橋商店街でいつも目立っています、「七福神」です。

串かつ 七福神(大阪天満)大衆酒場

ただ、この目立つ看板ゆえ、その客足はいつもすごい。
席が空いているのをほとんど見たことありません。
この日も店先で10分ちょっと待ちました。

食べ物メニュー。
串かつ 七福神(大阪天満)大衆酒場

串カツも普通の大衆酒場価格。
メニューも豊富なので、非常に迷うところです。

頼んだのは、穴子、きす、紅生姜、なす。
串かつ 七福神(大阪天満)大衆酒場

これ全部100円ですからね(^^)

私は、穴子と紅生姜をいただく。
串かつ 七福神(大阪天満)大衆酒場

穴子は塩だけふって食べると、そのふっくらとした身が旨く感じられます。
紅生姜はこのジャンキーな味がビールと合いますね。

串カツ自体は、いかにも大衆酒場のお味なので、
そう割り切って食べるべきです。
あと、串カツなんで、揚げるのには時間かかります。
なのでビール1杯で待つのは結構きついとこありますね。
しかし、席が空いていれば、ビールを飲みたい気分の時は迷わず突入でしょう(^^)

住所:大阪市北区天神橋5-7-29
電話:06-6358-3311
営業時間:13:00~23:00 土日祝11:00~23:00
定休日 月曜 ※祝日の場合は翌日
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
以前、ここのお店には「濃厚つけ麺」を食べに来たことがある。
「濃厚つけ麺」の記事はこちら!

その味わいはなかなかのもんで、麺の増量サービスも伴い、
結構、満足したのだ。
ここって、国道170号と国道1号が交錯しているところで、
車でよく通りがかるんですよね。
なので、また気にかかり寄ってみることにしました。
「麺道服部」です。

ラーメン 麺道服部(大阪枚方光善寺)

ここの主流は煮干し風味たっぷりなところ。
前回のつけ麺を食べた時には、その濃厚風味に感嘆したのだ。

こちらがメニュー。
ラーメン 麺道服部(大阪枚方光善寺)

またおんなじもんってのも、芸ががないので、
今回は、ここの基本「醤油らーめん」(600円)を食べてみることに。

こちらが、その醤油ラーメン。
ラーメン 麺道服部(大阪枚方光善寺)

ビジュアル的には、濃い~魚介醤油スープだなと一目で分かりますね。
一口ずずっとスープをいただく。
うん、この魚介風味たっぷりの味はなかなかのもん。
しかし、飲み進めるに従い、そのくどさが舌に残り、
口の中が魚で充満してくるのがどうにもダメ。

チャーシュー。
ラーメン 麺道服部(大阪枚方光善寺)

このスープにはこのタイプ合っています。
赤身と脂身もちょうどええ配分。

麺は中細縮れ麺。
ラーメン 麺道服部(大阪枚方光善寺)

こちらも無難だな~

印象は、天満中崎町の「洛二神」に似た印象。
全体的な出来は、よくまとまっていると思います。
ただ、私的には「つけ麺」の方がさっぱりした感があり、
もちもち太麺がこのスープには合うように感じました。

住所:大阪府枚方市出口3-5-13
電話:072-833-7227
営業時間:[火~金]11:00~14:00 18:00~24:00 [土・日・祝]11:00~24:00
定休日:月曜日
↓お勧めリンク↓

今話題のつけめんは、六厘舎のつけ麺ですね
サントリーが期間限定で新ジャンル商品を、
シリーズで今年になってから連発させております。
その名は「贅沢」シリーズ。
過去に、以下の2点は飲んだことがあります。
「絹の贅沢」の記事はこちら!
「余韻の贅沢」の記事はこちら!

で、今回の特長は「白葡萄のような芳醇で華やかな香りと
軽やかなコク」なんだそうな。
そんな「かほりの贅沢」を1本お試しに買ってみました。

かほりの贅沢(サントリー)新ジャンル

その日はまず、こんなアテより。
かほりの贅沢(サントリー)新ジャンル

麻婆豆腐を作成。
私は甘いタイプが好きではないので、これも激辛に仕上げてます。

そして鶏の唐揚げ。
かほりの贅沢(サントリー)新ジャンル

これも以前、大分で購入した唐揚げの素で下地をつけてます。
大分「とり天」の記事はこちら!
にんにく風味たっぷりで、ビールのアテの唐揚げです。

最後にご飯は雑炊っぽく仕上げました。
かほりの贅沢(サントリー)新ジャンル

これもビールのアテになるように、味には工夫。
少し粉チーズも混ぜて、リゾットっぽくして、
上に食べるラー油をちょこんと乗せております。

で、今回のこの新ジャンルビールですけど、
第一印象は、すっごくホップの風味がいい!
ネルソンソーヴィン種ホップという、世界のホップ年間生産量のうち、
約0.03%しか生産されていない希少なホップ品種を使用しているんだそうな。
前回の「余韻の贅沢」もホップ風味豊かやったんですけど、
これは更に風味がよくなっていますね。

この贅沢シリーズはこれで最後かな?
しかし、回を重ねるごとによくなっていったと思います。
「かほりの贅沢」は安いし、普段飲みのアクセントに加えたい一品ですので、
限定ではなく通常販売して欲しいですね。

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
前回、このシリーズのドイツタイプを飲んで、
その出来のよさに、次回も出たら購入しようと決意しておりました。
アサヒ 世界ビール紀行「ドイツ メルツェンタイプ」の記事はこちら!

その第二弾はベルギービール。
エールビールはコクを感じられるので、ドライなタイプが好みでない私には、
この登場は非常に楽しみにしておりました。
アサヒ 世界ビール紀行 ベルジャンエールタイプです。

世界ビール紀行 ベルジャンエールタイプ(アサヒビール)

お値段は、プレミアムビールと同じ値段帯。
大体、350ml缶で、230円前後ぐらいでしょうか。

その日の晩酌はこんな感じで。
世界ビール紀行 ベルジャンエールタイプ(アサヒビール)

鶏の鉄板焼きにしました。
鶏もも肉に、鶏軟骨、砂肝の3種類に、ニラ、もやしを用意。

焼き鳥はタレよりも塩を好む私なので、味付けは塩胡椒のみ。
世界ビール紀行 ベルジャンエールタイプ(アサヒビール)

この3種類の中では、砂肝が一番旨かったですね。
焼き鳥屋さんで食べるのと比較しても遜色ありません。

最後の仕上げの〆は焼きうどん。
世界ビール紀行 ベルジャンエールタイプ(アサヒビール)

味付けはビールに合うように、ソースはどろソースを使用。
辛いもの好きの私の家では、こういう粉もん系用に、
どろソースが常備されております。

今回のビールは、ベルギービールをイメージ。
上面発酵酵母を使っており、華やかで豊かな香りが特徴とのこと。
アルコール度数は6.5%と少し高めで、コクと飲みごたえがある
プレミアムビールという謳い文句だ。

飲んでみて・・・そのコクに納得、なんて深みのあるビールなんでしょうか!
アルコール度数の高さも、低アルコールでは酔えない私に絶好である。
日本のプレミアム系ビールよりも、私は絶対こっちをチョイスします。
(って、これもアサヒビールですね・・・^^;)
ただ、今回の鉄板焼きには少々合わなかったような気がします。
こういう焼肉系にはドライタイプのほうがいい。
逆にええなと思うのは、出汁風味のある和食の方がよさげだ。
特に今からの季節なら、鍋と合わすのが最適なビールだと思う。

アサヒビールさん、このシリーズ続けられるのかな?
私は是非とも出して欲しいと思いますね。
特に、メキシコ「コロナ」系の味を飲んでみたいな(^^)

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
「わすれな草」を筆頭とする、肥後橋、淀屋橋、北浜界隈のこのグループ。
その店名はどこも違うので、一見違うとも思われがちだが、
オール380円均一のドリンク、そして目玉料理は採算度外視で提供という、
そのスタイルはどこも一緒なので、その点わかりやすいか(^^)
採算度外視の目玉は「どじょうの蒲焼き」を提供している、
北浜にある「ひらやま」に久しぶりにやってきました。

大衆酒場 ひらやま(大阪北浜)立ち呑み

しかし、この店も、相当有名になりましたよね。
22時近くでも大盛況。
それに若いサラリーマンが多いのと、女性の姿も多いのが目立ちます。
私も、ここは立ち飲み初心者に敷居が低い店って、以前書いているとおりです。

壁のメニュー。
大衆酒場 ひらやま(大阪北浜)立ち呑み

280円、380円、480円という価格帯で分けられた料理は、
どれもが結構旨いです。
質がええもんが多いんですよ。

その日は旨い刺身を食ってなかったので・・・
大衆酒場 ひらやま(大阪北浜)立ち呑み

まぐろ中落ち(380円)にしました。
最近、ええ立ち呑みまぐろ屋を見つけたので、
そこに比べると、落ちますね・・・これは失敗。
蒲生四丁目「魚庭本店」の記事はこちら!

で、今回は長居せずにこれにておあいそ。
なぜかと言えば、立ち呑み流儀を分かっていない客が多すぎます。
お互い譲り合って精神が全然ない・・・
なので、ここは立ち飲み玄人の方にはおすすめできませんね。
私には落ち着いて飲める場ではなくなりました。

住所:大阪市中央区伏見町2-3-4 伏見町ホンダビル1F
電話:06-6232-0070
営業時間:11:00~15:00 17:00~24:00
定休日:日曜日・祝日
↓お勧めリンク↓

★これぞ本場の炭火焼きかつおのたたき!!!★
前回訪問したときに、その安い値段帯にも関わらず、本格中華を出してくれた店。
恵美須町にあります「福星楼」・・・
この旨さなら、中華の味にうるさい方連れて行っても大丈夫だなと、
今回、再訪しました。

中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

前に訪問したときは散々飲んで食ってした後やったんで、
大して、食べなかったんですけど、今回は飲み始め1軒目(^^)
大いに飲み食いできます。

今回は、メニュー写真を多めに撮りました。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

店頭の上。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

店頭の下。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

野菜、豆腐、玉子料理。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

スープ類。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

壁の一品です。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

店内もご覧の中華料理屋らしい雰囲気。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

従業員さんの一般会話も中国語で行われており、
またテレビの字幕は中国語(^^)
本場の味が食えそうやってのはよく分かりますね。

こちらが280円のキリン一番搾り。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

ちょっと小さめながらも、この値段で飲めるのは非常に嬉しい。

頼んだのは以前も美味しかった麻婆豆腐(580円)。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

これはホント絶品ですね。
この値段で食える麻婆豆腐としては最高の旨さ。

そして、激安の餃子(180円)。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

王将値段で本格中華の餃子食えます。

回鍋肉(680円)。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

これは今回初注文でしたけど、一品としての旨さは麻婆豆腐に及ばないです。

その激安さに頼んでみることにしました。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

北京ダック(1000円)です。
このお値段で、4枚食えます。

しかし・・・
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

どうにも皮がパリッとした焼き上げ感がなくもさっとしているんですね。
この値段なら仕方ないが、本当の北京ダックを食べたい方は、
ここのは避けたほうがええです。

最後は、これも前回絶品だった酸辣湯(780円)。
中華料理 福星楼(大阪恵美須町)

この酸っぱみこそが本場の味です。非常に旨い。

今回、中国に何度も行っている方を連れて行って、お試しいただきましたが、
やはり、麻婆豆腐、餃子、酸辣湯は絶賛でした。
また色々、絶賛料理は潜んでいるかと思いますので、
今後も開拓していきたいと思います。

住所:大阪市浪速区恵美須西1-2-4
電話:06-6643-6888
営業時間:11:00~翌朝5:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

ガツン!と中華
家呑みワインは、第3のビールと同様、あまり拘らなくてもいいのでは?
と思うようになってきました。
毎日、ちょこちょこ飲んでますので、対コストを考えると、
ワインも1000円以上の物は買わなくなってきております。
で、ワインって箱入りのんがあるんですよね。
これも3リットル入っており、価格は2000円弱。
フルボトルですと500円換算程度です。
「ガルシア・カリオン・テンプラニーリョ」です。

ガルシア・カリオン・テンプラニーリョ(ボックス赤ワイン)スペイン

こちらのワインを買った、決定打はなんと言ってもその品種。
テンプラニーリョを100%使用しているんですよ。
阪神百貨店のワイン祭りでテイスティングしていると、
いつも好みの味だなと思ったら、この品種なんです。
ちょっとスパイシーさが感じられるんですね。

これを冷蔵庫に常備しておくとなんか安心(^^)
ガルシア・カリオン・テンプラニーリョ(ボックス赤ワイン)スペイン

いつでも酒が呑めるぞぉ~♪

ワインなんで、パスタを作成。
ガルシア・カリオン・テンプラニーリョ(ボックス赤ワイン)スペイン

ドライトマトとアンチョビのパスタ。
輪切り鷹の爪を多めに投入して、酒のアテ用と辛くしました。

しかし、どうも、腹いっぱいにならんかったのでこんなのも作成。
garcia_crrion4.jpg

和、洋、中、ごっちゃまぜリゾット(^^;)
3種の要素が全て入ってます。
和の出汁であるあごだしをベース、そして粉チーズを大量投入。
酒に合うように、チリパウダーと少しの豆板醤を投入。
色取りよくパセリパウダーをパラパラ、具入りラー油をちょこんとのっけました。
いや~酒のアテになる面白い味に仕上がりましたゾ♪

最後はこんなチーズをつまみながら・・・
ガルシア・カリオン・テンプラニーリョ(ボックス赤ワイン)スペイン

パルミジャーノ・レッジャーノ 、イタリアの高級チーズです。
この超硬質なチーズの凝縮された旨みが口の中で拡がります。

今回のワインですが、この値段にしては全然悪くありません。
総合的にみて、CP値で考えると非常にええワインやと思います。
やっぱりテンプラニーリョ種はええですね。
ただ、少々ミディアムボディ寄りなので、重厚感を感じません。
これを後500円高くしてもええから、もっと熟成されたのを飲んでみたい気が。
テンプラニーニョのフルボディで、安いのどこかにないかな~

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン