関西のグルメを呑み食べ尽くし!

今日は心斎橋でのお買い物。
その買い物もようやく一段落、ちょっと休憩したいな。
って時にみなさん、どういう店に入りますか?
ファーストフード店がやはり一番多い意見だと思います。
けど、私は酒飲み・・・そんな私にぴったりのお店を見つけてたんですね。
ワイン酒屋 mista[ミスタ]にやってきました。

ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

店内のテイスティングマシン、エノマティック。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

以前にカードは作ったので、今回は1000円分チャージしときます。
あとは、このマシンにカードを差し込んで、グラスに自分でセルフで注ぎます。

簡単なイタリアンのアテもあります。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

これらは店頭でも販売しているもので、それを使っています。
基本、切ったり、レンジでチンする程度のもんですね。

では、まず白ワインからいきましょうか。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

マルクテンペ・アリアンス。

こんな説明書きが各ワイン載せております。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

量は、30ml、60ml、90mlでテイスティング可能。
値段は正比例で倍々となっていきます。
これは30mlで150円ってなお値段。

これがその30mlの量です。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

スタッフおすすめとあったので、これにしてみました。
慎重に飲まないと私なら1秒で空けちゃいますね。
で味ですが、きりっとした辛口を感じます。
しかし、ちょっと口の中に渋みが残りますね。

2杯目いきましょう。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

トリエンヌ・ヴァン・ド・ペイ・デュ・ヴァール・レ・ゾーレリアン2007。
こちらもフランスのワイン。

説明書き、30mlで100円の白ワインです。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

飲んでみて、あ、1杯目よりも味が単調・・・
値段的にはフルボトル300円しか違わないのに味の違いは顕著。
この値段差ならば、絶対1杯目の方を買います。

3杯目はちょっといいのにグレードアップしましょう。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

ドメーヌ・フジュレイ・ド・ボークレール、こちらもフランスワイン。

説明書き、30mlで200円のワインです。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

これが大ヒット!その豊かな香りと、芳醇な味が口の中に拡がる。
これがボトル2500円切っていれば、迷わず家用に即買いしておりました。

さーて赤ワインに移りましょう。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

ザ・フィクス・シラー。

説明書き、一番安い30ml50円のワインです。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

スタッフおすすめでしたので飲んでみる。
うん、スパイシーな味わいはもう1ランク上のワインにも負けていません。
しかし、どうにも渋い・・・後味がちょっと悪いですね。

もう1ランク上げましょう。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

カルチェロ・D.O・フミーリャ。

説明書き、30ml100円のイタリアワイン。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

もひとつ、カルピネート・ドガヨーロ。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

これも30ml、100円のイタリアワイン。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

このあたりの味はあまり記憶にありませんね(^^;)

最後にちょっとええので〆ましょう。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

シエラ・カンタブリア レセルバ [2004]。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

30mlで300円と今回飲んだ中では高値です。
ワイン酒屋 Mista[ミスタ](大阪心斎橋)テイスティングマシン

まあ、この値段違いですから、その前に飲んだ3杯と味が違って当然。
このワインに使われているテンプラニーリョ種は、
スパイシーさがあって好みなんですけど、重厚感ありますね。
ただ普段使いとしては高過ぎますね

1000円でこれだけ堪能いたしました。
まあ、私にとってはどれも口を湿らす程度の量ですけど、
ワインに全く詳しくない私でも、結構楽しめます。
いつかは30ml2000円のシャトー・ムートンを味わってみたいな(^^)

住所:大阪市中央区東心斎橋2-5-27
電話:06-6211-3923
営業時間:14:00~23:00
定休日:日曜・祝日
↓お勧めリンク↓

旨安ワイン総集編絶対的本物の旨安ワイン極めつけのおすすめ30本
デパ地下でよく見かけますよね。
柿安ダイニングのお惣菜。
酒のアテとしては、濃いめの味付けで、料理したくない、
ちょっと贅沢してって時に買って帰ること多いんですよ。
この日は、閉店間際のタイムセールに買いました。

ミンチカツに、クリームコロッケ。
Kakiyasu Dining[柿安ダイニング]阪神百貨店(大阪梅田)

合計で300円くらいやったでしょうか。

ビールのアテに。
Kakiyasu Dining[柿安ダイニング]阪神百貨店(大阪梅田)

うん、やっぱり少し味付けは濃いめ。
ごはんのおかずには適していませんが、ビールとは相性ええです。

もう一つ、サーモンサラダ。
Kakiyasu Dining[柿安ダイニング]阪神百貨店(大阪梅田)

これは白ワインとがええですね。
冷蔵庫に常駐している、安いパック白ワインに合わせました。

別の日に・・・
Kakiyasu Dining[柿安ダイニング]阪神百貨店(大阪梅田)

ここの牛めしがいつも気になっていたので購入。
お値段は1050円と結構高いです。

開けるとご覧の感じで。
Kakiyasu Dining[柿安ダイニング]阪神百貨店(大阪梅田)

いかにも味付け濃いそうな牛肉が敷き詰められています。

食べても印象は変わらず。
Kakiyasu Dining[柿安ダイニング]阪神百貨店(大阪梅田)

私って、あまりすき焼きって食い物は好きではない。
あの甘い割り下が嫌なのと、生卵につけて食べるのも嫌。
そういう系統の味なんですね。

これならば、私は吉野家の牛丼で充分です。
ただ、つゆだくになんてしませんけどね。
あのあっさり丼が私の好みの味です。

住所:大阪市北区梅田1-13-13 阪神百貨店 梅田本店B1F
電話:06-6343-6887
営業時間:[月~土]10:00~20:30 [日・祝]10:00~20:00
定休日:不定休(阪神百貨店梅田本店に準ずる)
↓お勧めリンク↓

「牛丼」の謎


Kakiyasu Dining 阪神百貨店デリカテッセン / 梅田駅(阪神)東梅田駅大阪駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5
昼総合点★★☆☆☆ 2.5

サントリーの「ほろよい」シリーズは非常に人気ですね。
私も何本か呑んだことあるんですが、お酒って感覚がないんですよ。
私は相当なうわばみなので、そう感じるのかもしれないが、
アルコール、これで入っとるん?って思います。
まあ、アルコール度数3%は、私にはアルコール飲料ではないです。
そんな私なので、こういうタイプは絶対買わないのであるが、
自宅での飲み会時に、こちらを持参された方がいたので一口いただきました。
サントリーの「ほろよい〈アイスティーサワー〉」です。

ほろよい〈アイスティーサワー〉(サントリー)

その日はこちらから開始。
ほろよい〈アイスティーサワー〉(サントリー)

チンゲンサイの中華炒め。
まあ、私の簡単料理でよくやるやつです。

酎ハイれもん(vol.1)

鮭のクリームソース煮。
ほろよい〈アイスティーサワー〉(サントリー)

こちらは作っていただきました。
あとが控えているので、さっぱりしたのを中心に。

鶏軟骨と、ネックの塩焼き。
ほろよい〈アイスティーサワー〉(サントリー)

これもフライパンでジャッと作ったので、簡単です。

そしてメインは海鮮寄せ鍋。
ほろよい〈アイスティーサワー〉(サントリー)

冬場は誰か集まると、やっぱりこれがお手軽で、
いちいちキッチンまで往復せずにすむから、鍋になっちゃいます。
そして、私が絶賛しているあごだし鍋が食いたいってことでこれに。
鍋にぴったりの「あごだし」記事はこちら!

そんな感じのどんちゃん騒ぎでしたが、今回のチューハイですね。
私の一言・・・「レモンティーやん」。
こんなのね~ビール飲んで、日本酒飲んでした後に飲むとレモンティー。
酒飲みの飲むドリンクじゃありません。

しかし、非常にすっきりしてて飲みやすいと思いますし、
美味しさは紅茶をうまく引き出せてるなと感じます。
お酒弱い方の飲み会用に準備しておくと最適ですね。

↓お勧めリンク↓

平野寿将流男のビストロおつまみ
アサヒビールが大々的にPRを今繰り返していますね。
CMには荒川静香を採用して、テレビつけると1回はこのCM見るよな。
こういう新商品ビールは必ず買う私なので、発売後即購入。
大手スーパーでも一番目立つ所に配置されておりました。
「アサヒ一番麦」である。

アサヒ一番麦(アサヒビール・新ジャンル)

この日はこんなので開始。
アサヒ一番麦(アサヒビール・新ジャンル)

刺身盛り合わせです。
勿論、スーパー見切り品半額にて購入(^^;)
このブリと、切り落とし盛り合わせ(いくら付き)とでなんぼやと思います?
350円で購入できました。

もうひとつ魚。
アサヒ一番麦(アサヒビール・新ジャンル)

これも半額の品、一夜干しの鯖です。
しかし、鯖って魚はこうして干物にすると物足りないな・・・
脂のノリがイマイチに感じます。

で、今回は早めに、この第3のビールの紹介。
ウリは、通常の1.5倍の麦を使って、その一番麦汁だけを使っているんだそうな。
なので、ビール独特の渋みが少ないそうです。
ただ、呑んでみた感想は、同じアサヒの新ジャンルである「クリアアサヒ」
とあんまり変わらない。
自身としてはアサヒのスーパードライ系の味はあまり好きではない。
2本買ったのだが、もう1本続けて飲む気になりませんでした。

なので、これ。
アサヒ一番麦(アサヒビール・新ジャンル)

常駐しているサントリー「金麦」をひっぱりだしてきて、
今日のメイン料理「中華丼」と合わせる。
この中華丼は酒に合わせるために、辛子たっぷり、酢をあとがけさせてます。

新ジャンルは普段の家呑みでは重宝しているわけであるが、
どんな料理にも合わせることができるのは「金麦」。
この味に慣れてしまうと、他の新ジャンルは飲めないですね。

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
年を負うごとに気になる体重増加・・・
こんなグルメの記事書いていると、あれも食べたい、これも食べたいと、
日々、カロリーオーバーになっていきます。
昔のような勢いで食べてしまうと、カロリー消費がどんどん少なくなっているから、
蓄積していってしまうんですね。

そんなカロリーオーバーを打破するために、ビールの量を減らすことを決意。
但し、巷のカロリーオフビールはアルコール度数低すぎて、
そんなビールならば呑まない方がマシってわたくし。

そんな酒飲みの私に、格好なアルコール飲料がこれなんですよ。
ホッピー(ホッピービバレッジ株式会社)

そう、プリン体ゼロ・低カロリー・低糖質の健康志向飲料である「ホッピー」。
ただ、これ自体にはほとんどアルコールは入ってないんですね。
焼酎でこれを割るのである。
これならば、焼酎の濃さでアルコール濃度を調節できるので、
濃いめに作っておけば、少量で酔いが回り、経済的にも遙かにお得。

楽天にて、1ダース送料無料で、2880円ってな値段で売られていたので購入。

激安!【送料無料】ホッピー 330ml 1ケース24本

焼酎はアルコール度数25度の甲類焼酎を買ってきました。
ホッピー(ホッピービバレッジ株式会社)

これでスーパーにて2.7リットル、1200円程度であったか。
まさに家での安呑みセットである。
手前に写っているのは、炙った「かますご」。
こういう安酒呑みの時は、魚介類でもこういう安っぽいのが合います。

そしてお惣菜も出来合いのもので。
ホッピー(ホッピービバレッジ株式会社)

ゴボウサラダ。
このジャンキーな組み合わせがええですね。

この日はとことんジャンキーで攻めます。
ホッピー(ホッピービバレッジ株式会社)

どろソース多めの焼きうどん。
私は、コップに半々くらいで割ってきつめで呑むので、
この1瓶でええ感じで酔えます。

そしてホッピーが足りなくなり、ちょっと物足りない時はこれで。
ホッピー(ホッピービバレッジ株式会社)

梅シロップです。
これがまさに梅肉の味で、焼酎水割りの梅干し入りと同じ味なんですよ。

ってな感じで、体にも経済的にも気を遣った家呑み紹介でした♪

↓お勧めリンク↓

ホッピーの教科書
しばらく、ビールの新商品呑んでいないな~と思っていたのだが、
ふとある酒屋さんの前を通ると見慣れないキリンのパッケージが・・・
「濃い味」?
私はビールには喉ごしよりも、コクを求めるタイプなので、
この濃い~味が非常に気になった。
そのまま、inして即購入しました。
キリン 濃い味〈糖質0(ゼロ)〉です。

キリン 濃い味〈糖質0(ゼロ)〉(キリンビール)

その日はちょっと濃いめのお鍋♪
キリン 濃い味〈糖質0(ゼロ)〉(キリンビール)

豚肉、牡蠣がメインのお鍋です。

激辛チゲ鍋にいたしました。
キリン 濃い味〈糖質0(ゼロ)〉(キリンビール)

最近ずっとあっさりめの鍋が多かったので、
こういうパンチのあるん食べたかったんですよね。
ビールにはこういう鍋とよく合います。

最後はうどんを投入して〆ました。
キリン 濃い味〈糖質0(ゼロ)〉(キリンビール)

この鍋の汁ならば、中華麺でもええですね。

さて、そして今回のビールです。
キリン 濃い味〈糖質0(ゼロ)〉(キリンビール)

まあビールって言っても、新ジャンルなんですけどね。
糖質は0の表示やったんで、デブの私にはありがたいんですけど、
アルコール度数見て、がっかり・・・
2.5%以上3.5%未満って私には水です。
また、飲んだ味も、同じキリンの新ジャンルである「のどごし生」。
あの大豆風味を感じるんですよ。
のどごし生よりはコクがあってええとは思うんですけど、
飲んで物足りなさを感じるのはアルコール度数故か。

これは一気に飲み干して、すぐに冷蔵庫から、「金麦」出してきました。
新ジャンルはやっぱりサントリー製品が出来の良さを感じます。
毎日の食卓には無難に「金麦」ですね。

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
道の駅はその地方の特産品を手に入れるのに手軽なのもあるし、
疲れた時に車を停めて、後ろのシートでゴロリといけるので、
旅の時は、どのあたりに道の駅があるかはチェックしております。
今回も、上諏訪から山梨甲府に向かう道中で急に眠気が来ました。
こんな時はムリはしません。30分でも寝たら結構すっきりできます。
道の駅 信州蔦木宿で休息、その後は、お土産品を物色します。

道の駅「信州蔦木宿」(長野諏訪富士見)

自身のお土産としてはまず、こちら!
信州・道の駅でのお土産品いろいろ(長野)

ちょうど新そばの季節でこんなのがありました。
蕎麦、大好きな私なので、これは見逃せない。
3食入りで700円程度でした。

お家に帰って湯がきます。
信州・道の駅でのお土産品いろいろ(長野)

美味しい蕎麦ならば冷たい方が好きなので、もりそばに。
3人前を一気に作って、2人でいただきます。

ちょっと平打ち気味かな?
信州・道の駅でのお土産品いろいろ(長野)

家で食べる蕎麦としては上々。
まさか、ここまで風味よくって、喉ごしがええとは思いませんでした。
さすが蕎麦王国、長野の底力。

おろし蕎麦好きなので、大根おろしも投入。
信州・道の駅でのお土産品いろいろ(長野)

この味の変化もまた面白い。

もう一つ、長野の特産と言えば、味噌ですね。
信州・道の駅でのお土産品いろいろ(長野)

辛いもん好きなので、日本酒のアテにええかなと、
青唐辛子味噌を買ってみました。
550円くらいやったかな。

見た目はかなり濃ゆそうです。
信州・道の駅でのお土産品いろいろ(長野)

食べてみて・・・うっ、塩っ辛い!!
このまま食べるもんではないですね。
あと、ご飯の上にのっけて食べてみましたが、これも少し違う。
きゅうり好きならば、きゅうりにつけて食べるのがええかも・・・

きゅうり苦手なので、こんなのに。
信州・道の駅でのお土産品いろいろ(長野)

餃子のタレにしちゃいました(^^)
神戸出身の私は、餃子のタレに味噌は必須。
これがすっごくよかったですね。
味噌の塩辛さと、青唐辛子の辛さが餃子に深みを与えます。

もひとつ買って帰ったのはお茶。
信州・道の駅でのお土産品いろいろ(長野)

百草水です。100種の野草茶をブレンドしているんだそうな。
ただ、麦茶っぽいお味でした。

私が旅先で寄る必須は、道の駅と地元ローカルスーパーなんですが、
食いしん坊な私には、いつも面白い物に巡り会えます。
温泉めぐりと共に、全国、地元ローカルスーパー行脚もやりたいな♪

今回の旅のあらすじはこちらで。

↓お勧めリンク↓

おばあちゃんのお茶うけ