関西のグルメを呑み食べ尽くし!

冬場はどうしても鍋をする機会が多くなりますね(^^)
それに、今はいろんな変わり鍋が流行っています。
で、その日はスーパーでなんにしようか物色していると、
鮭の切り身が非常に安い値段でありました。
5切れで、300円ちょっと。
この鮭をメインに鍋にしようかなと考えたのが石狩鍋。
なので、味噌仕立てのスープを買おうかなと思ったんですけど、
こんなのを発見。

CAVA RIGOL BRUT カヴァ リゴール(スペイン・スパークリングワイン)とじゃがバター鍋(ダイショー)

お~なかなか珍しいですな~
これなら鮭入れても、絶対合うぞって予感。
鮭のホイル焼きにバター入れますもんね。

って、ことで購入を決定。
CAVA RIGOL BRUT カヴァ リゴール(スペイン・スパークリングワイン)とじゃがバター鍋(ダイショー)

裏のレシピに合わせて、じゃがいも、人参、キャベツ、
エリンギ、しめじ、豚バラ肉薄切りも購入。

その日の晩酌に、同時購入したのがこれ。
CAVA RIGOL BRUT カヴァ リゴール(スペイン・スパークリングワイン)とじゃがバター鍋(ダイショー)

CAVA RIGOL BRUT カヴァ リゴール(スペイン・スパークリング)。
私、炭酸好きなんで、泡系大好きです(^^)
中でもカヴァの辛口ドライな風味が好きなんですが、
こちらのカヴァ、なんと1000円切ってたんですよ。
この値段で飲めるカヴァはどんなのか楽しみです。

まずは、おっきな鍋で、ぐつぐつ煮込みます。
CAVA RIGOL BRUT カヴァ リゴール(スペイン・スパークリングワイン)とじゃがバター鍋(ダイショー)

あ、じゃがいもと人参は先にレンジでチンして、
柔らかくしておきました。
キャベツも相当な量入れたんですけど、へなへなに縮こまっています。
「野菜をいっぱい食べる鍋」シリーズらしく、
普段、野菜不足の私にはこういう鍋が絶好ですね。

さーて、いただいてみます。
CAVA RIGOL BRUT カヴァ リゴール(スペイン・スパークリングワイン)とじゃがバター鍋(ダイショー)

うん、やっぱり鮭を入れて大正解。
濃厚バターの塩味スープとの相性は抜群!
またじゃがいも、人参も煮込めば煮込むほど、
このスープの旨みが染み込んでめっちゃ旨い。
相当、出来のいいスープです。

合わせたカヴァも、この濃厚鍋とマッチング最高。
CAVA RIGOL BRUT カヴァ リゴール(スペイン・スパークリングワイン)とじゃがバター鍋(ダイショー)

カラッと辛口のさっぱり泡が、すっと口の中を爽やかにしてくれます。

鍋の最後の〆はラーメンで。
CAVA RIGOL BRUT カヴァ リゴール(スペイン・スパークリングワイン)とじゃがバター鍋(ダイショー)

少し太めの手打ち麺が安くにスーパーで売っていました。

スープをうまく絡むよう、縮れ麺にしたので、
色んな具材を煮込んでトロトロになったスープの旨みがついてきます。
これだけ旨い塩バターラーメンもなかなか食えないぞって味。

大満足。
鍋もめちゃめちゃ美味しかったし、カヴァの実力もしっかり確認。
こういう美味しいものが安く飲み食いできると、
外でなにかしら飲食するのがもったいなくなりますね(^^)

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
その日もあっちゃこっちゃ飲み散らかしてきました。
最後に麺類ではなく、ご飯もので〆たい気分。
そういう時はファーストフード丼チェーン系がええですね。
しかし、牛丼のような濃い~系は求めておりません。
もうちょい軽くとなると、天丼がええですな。
天王寺にいてたので、検索すると、ここぐらいしかないですね。
あべちかにあります「えび頼み」です。

天丼 えび頼み(大阪天王寺あべちか)穴子天丼

ここは海老天丼が409円と安いのが魅力的。
ただ、以前にも食べて思ったのが、海老が細い・・・
全然プリプリしてなかったんですよ。

メニュー。
天丼 えび頼み(大阪天王寺あべちか)穴子天丼

なので、この一番安いのではなく別のにしようと思っていました。
となると、海老ではなくって、好物の穴子にしてもええよなと。
ちゅうわけで、穴子天丼(525円)にしました。

この横一直線に長いカウンターのみ。
天丼 えび頼み(大阪天王寺あべちか)穴子天丼

どこからでもすっと入ることができます。

こちらが完成品。
天丼 えび頼み(大阪天王寺あべちか)穴子天丼

穴子の他に、かぼちゃ、海苔、生姜、いんげんがのっています。
しかし、この天ぷらの揚げ具合を見て、なんじゃこれ・・・
なんでこんなに白いの??

食べてみても・・・
天丼 えび頼み(大阪天王寺あべちか)穴子天丼

揚げたてサクサク感がなくってもっさり。
揚げたてって、もっと衣にとげとげしさがありますもんね。
肝心の穴子ものっぺりしており、好みではない。

ワンコイン天丼もあちこちで見かけますが、
そのクラスでも、この出来はどうもって思いますね。
まあ、ここの天丼は今後食べることはないでしょう。

住所:大阪市天王寺区堀越町あべちか内
電話:06-6773-1129
営業時間:8:00~22:00
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

楽しい!オンナのヒトリメシ


えび頼み (レストラン(その他) / 天王寺駅大阪阿部野橋駅天王寺駅前駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.0
昼総合点★★☆☆☆ 2.0

京橋で泥酔・・・(^^;)
ここまで飲んでしまうと、自身のお腹の満腹度合も分からない。
それに、こういう状態になると、なぜかラーメンを食いたくなるんですね。
で、京橋でふらふらと歩いてやって来たのがここ「花京」です。

中華そば 花京 京橋店(大阪)ラーメン

相変わらずの人気店。
23時ごろ、店の前には待ち客がいてます。

メニュー。
中華そば 花京 京橋店(大阪)ラーメン

ま、酒を飲んだ後に、ここで食べるもんはいつも決まっております。
こってり背脂中華そば(600円)、こちらをオーダー。
麺は注文時に、中華麺か細麺を聞かれたので、これまたいつもどおりに中華麺で。
麺のかたさもそれぞれ、バリカタ・カタ・フツウ・ヤワからチョイス。
いつもの私の好み通り、「カタ」にしました。

出来上がり!
中華そば 花京 京橋店(大阪)ラーメン

見た目は最初に食べに来た頃からの印象と変わりありません。
天下一品にすごく似ているなって印象。
確かに天一のこってりと味も似ているんですけど、
こちらは鶏ガラではなく、豚骨。
スープ自体も背脂が目立ちますが、天一よりもさっぱりしている印象。
しかし、味自体には非常にコクを感じますし、いつ食べても美味しいですね。

チャ―シューもトロトロとしてます。
中華そば 花京 京橋店(大阪)ラーメン

こういう箸でホロっと崩れるようなタイプは大好きなわたくし。
これまた美味しい♪

中華麺。
中華そば 花京 京橋店(大阪)ラーメン

中細のストレート麺。
かためでお願いして正解。
背脂も絡んできて、シコッと感もあり、よく合っています。

スープ、麺、チャーシュー、どれもが私の好みぴったり。
もう何度も通っている店なんですけど、京橋で飲んでいると、
やっぱりここのラーメンが浮かんでくるんよな。
これからも外せないお店ですね(^^)

住所:大阪市都島区東野田町3-10-4
電話:06-6353-6620
営業時間:11:30~翌7:30
定休日:日曜
↓お勧めリンク↓

豚骨ラーメンの最新技術 スープ・タレ・トッピング…人気店の作り方と考え
スーパーで面白い鍋スープを見つけた。
シャトー・ド・フレイス 2009(赤ワイン)「CoCo 壱番屋監修 ハッシュドビーフ鍋スープ」

ココ壱が監修している、ハッシュドビーフ鍋(^^)
ハヤシライスやビーフシチューは大好きなわたしなので、
非常に興味がありましたね。
週末はこの鍋にしてみましょう。
ダイショーが販売している「CoCo 壱番屋監修 ハッシュドビーフ鍋スープ」です。

この鍋に合うアルコールはなんと言っても赤ワインでしょう!
シャトー・ド・フレイス 2009(赤ワイン)「CoCo 壱番屋監修 ハッシュドビーフ鍋スープ」

ってことで用意したのは、「シャトー・ド・フレイス」2009年。
フランス・ボルドーワインです。

アルコール度数、14.26%。
シャトー・ド・フレイス 2009(赤ワイン)「CoCo 壱番屋監修 ハッシュドビーフ鍋スープ」

ブドウ品種はメルロー80%に、カベルネ・ソーヴィニヨン20%。
非常にオーソドックスなボルドー赤ワインですね。
お味はフルボディの重厚なイメージながら、果実味もあって、
すいすい喉越しにいけるタイプ。
なので、今回あっちゅう間に空けてしまい、
別のストックしていた白ワインを出してきたくらいです。

で、今回のハッシュドビーフ鍋はこんな感じで作成しました。
シャトー・ド・フレイス 2009(赤ワイン)「CoCo 壱番屋監修 ハッシュドビーフ鍋スープ」

具材は牛肉がメインで、他に、じゃがいも、人参、しめじ、キャベツ
玉ねぎを加えております。
まず、この鍋スープだけで煮込んで食べてみると、どうにも味が薄い・・・
玉ねぎが牛肉やとこのぐらいでええかもしれんが、
じゃがいもや人参に味が染み込んでこない。

なので、これの登場。
シャトー・ド・フレイス 2009(赤ワイン)「CoCo 壱番屋監修 ハッシュドビーフ鍋スープ」

ハインツのデミグラスソース缶。
これをさらに加えてみるも、味にコクが出ない。
あっ!と思いだし、上記のボルドー赤ワインを投入。
お~っ、コクが非常に出ましたね~ワインの力はすごい。

ご覧のような感じで煮込みます。
シャトー・ド・フレイス 2009(赤ワイン)「CoCo 壱番屋監修 ハッシュドビーフ鍋スープ」

これだけコクが出ると、非常に美味しい~
しゃべりつつ、めっちゃたくさん食べました。

牛肉もたくさん投入しましたけどペロリ。
シャトー・ド・フレイス 2009(赤ワイン)「CoCo 壱番屋監修 ハッシュドビーフ鍋スープ」

さすがに腹いっぱいで、これは翌日に。。。
シャトー・ド・フレイス 2009(赤ワイン)「CoCo 壱番屋監修 ハッシュドビーフ鍋スープ」

このコクのある味のスープに、ご飯を投入、
とろけるチーズを上にのせて、レンジでチン。
このドリアもめっちゃ旨かったな~

うん、この鍋スープだけやとちょっと役不足に感じるが、
デミグラスソース、赤ワインを別に用意することで、
さらに味に深みを増せると思います。
私のような、ハヤシライス、ビーフシチュ―好きには、
是非とも試してもらいたい変わり鍋ですね。

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン
前回、一人で来て、その肉質のレベルの高さにまいったわたくし。
絶対、今度は何人かで来て、
その肉をいっぱい色んなのを食べようと思っていました。
ようやく、その夢が実現。
京橋、立ち飲みストリートにあります、立ち呑み処「多聞」です。

立ち飲み 多聞(大阪京橋)近江牛立呑処

しかし、ここのストリートは、
ホントレベルの高い立ち飲みが揃っていますね。
この通りのはしごだけで充分、満足できます。

そのドリンクメニュー。
立ち飲み 多聞(大阪京橋)近江牛立呑処

ハイボールがメインになりますね。
お値段も安く300円。

そしてなんと言ってもここはこれ!
立ち飲み 多聞(大阪京橋)近江牛立呑処

今では生の牛肉を食わせてくれる店も少なくなりました。
しかし、ここでは色んな部位の生肉、生ホルモンを食わせてくれます。
生での提供が非常にうるさくなっても、こうやって出せるのですから、
それほどまでに品質に自信がある証拠です。

まずいただいたのはチレ(脾臓)刺し、400円。
立ち飲み 多聞(大阪京橋)近江牛立呑処

こういう希少な部位でも刺しで出してくれます。
レバーを更に濃厚に血って感じで、生臭みもありません。

タン刺し(500円)。
立ち飲み 多聞(大阪京橋)近江牛立呑処

他ではこういう肉刺しは、この値段でもう食えないだろうと、
この日は生オンリーで攻めることにしました。

ミノ刺し(400円)。
立ち飲み 多聞(大阪京橋)近江牛立呑処

ミノを刺身でなんて初めて食いました。

これはハート刺し(400円)やったかな。
立ち飲み 多聞(大阪京橋)近江牛立呑処

隣で呑んでいた方とも仲良くなり、
しゃべりに夢中でどんどん時間が経っていきます。

小腸の刺し(400円)。
立ち飲み 多聞(大阪京橋)近江牛立呑処

脂の多い部位ですけど、口の中で脂がとろけていきます。
ねっとりしていなくて、あっさり脂、旨いね~

赤ワインも頼むと・・・
立ち飲み 多聞(大阪京橋)近江牛立呑処

300円でこの並々な量!!
肉が主流ですので、この赤ワインであわせるのもええですね。

ハッシュドポテト。
立ち飲み 多聞(大阪京橋)近江牛立呑処

こんなのも食べてたんや・・・
全く記憶にございませぬ(^^;)

なんと、ここ1軒で滞在時間は3時間以上!!
よー食べ、よー飲んだ。
まあ、お隣の見知らぬグループと盛り上がったのもございますが。
しかし、やっぱり肉のレベルがここのお店は段違い。
他のお店で、このレベルをこの値段で出すとこはないと思います。
今度はしっかり焼肉を食べたいですね。
これからも、ここのお店は再訪しまくるでしょう。

住所:大阪市都島区東野田町3-2-11
電話:06-6356-5506
営業時間:[月~金]16:00~22:30(L.O) [土・日・祝]14:00~22:30(L.O)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
今回、北海道に1か月弱滞在して、半時計周りで色々と巡りました。
で、その中で一番食べたものは海鮮もん!
回転寿司とかもよく食べましたが、さすがにスーパーでも、
大阪では全く味わえないような、新鮮な海産物に出会えました。

あらすじはこちらで書いています。

それはこちら!
北海道一周旅行、サロマ湖産の生ホタテ

もうこのホタテを見たときは惚れましたね~
なーんてミルキーな色合いしてるんやろと思いました。
このサロマ湖近くのスーパーで購入した生帆立です。

パックを開けてみると・・・
北海道一周旅行、サロマ湖産の生ホタテ

まあ、見てくださいな。
こんなすごい艶々のホタテに普段巡り会えます??
食べても口の中でとろけていくんですよ。
今までで食べたホタテの中で最高の味でした。

↓お勧めリンク↓

ごちぐる北海道 ご当地グルメ簡単レシピ集!
長らく、ビールの新商品を試していませんでした。
私ってあたらしもん好きなんですけど、一つに絞れば、
ずっとそればっかりになるんですね。
要は最初はフラフラしてるけど、最後は一途な性格。
恋愛もそれがあてはまってるかな?(^^;)

ここ2年くらいの新ジャンル(第3のビール)の定番は、
サントリー「金麦」です。
ただ、その前は、同じくサントリーの「ザ・ストレート」が好きでした。

で、久しぶりに今回購入しましたね。
キリンビールが出した新ジャンル「麦のごちそう」です。

キリン 麦のごちそう(キリンビール)新ジャンル・第3のビール

パッケージは、ふんわりやわらかいイメージだなって感じ。
味もそんなのかなと予想します。

裏側はこんな感じ。
キリン 麦のごちそう(キリンビール)新ジャンル・第3のビール

アルコール度数は、5%と標準的です。

とりあえず、アテに・・・
キリン 麦のごちそう(キリンビール)新ジャンル・第3のビール

551の蓬莱の豚まんとしゅうまいを購入。
私はどちらも好きであるけれど、
ビールのアテにはこのしゅうまいが最高♪

で、もひとつ。
キリン 麦のごちそう(キリンビール)新ジャンル・第3のビール

簡単にできるものを購入しました。
豚バラの蒸し鍋。
レンジでチンで出来ます。
400円程度のが見切り品3割引で購入。

添付の胡麻ダレをかけて食べてみる。
キリン 麦のごちそう(キリンビール)新ジャンル・第3のビール

野菜も、結構キャベツ、水菜など量たっぷり。
蒸すと縮みますから、生より食べやすくもなります。
一人暮らし、野菜不足の私にはこういうのが適当。

で、今回の新ジャンルビールの味ですが、
まあ、飲みやすいと言えば、飲みやすい。
しかし、私にはさっぱりし過ぎて物足りない。
キリンらしさを感じないんよな~

ってことで、浮気することなく、
「金麦」ちゃんが大本命のわたくしです(^^)

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
東京はやきとん文化の大衆飲み屋が多い地域であるが、
大阪ではなかなか、焼きとんの美味しい店はありませんでしたね。
しかし、ここの「たゆたゆ」のグループだけは、
私は唯一美味しいと思っております。
その立ち飲みの店「大阪焼きトンセンター」を訪問しました。

大阪焼きトンセンター(大阪ミナミ難波)立ち呑み

まず、こちらのお店が嬉しいのがこれ。
大阪焼きトンセンター(大阪ミナミ難波)立ち呑み

千切りキャベツが食べ放題で無料なのだ。
卓上にはドレッシングも置いてあり、
これだけで酒が呑めるくらいです。

そしてもつ煮込み(260円)。
大阪焼きトンセンター(大阪ミナミ難波)立ち呑み

さっぱりあっさりしており、これを食べると、
ここのホルモンは上質やと分かりますね。

焼きトン色々5本。
大阪焼きトンセンター(大阪ミナミ難波)立ち呑み

たしかこれお任せ盛り合わせ(780円)を頼んだように思います。
これ食べても、美味しいですね~
ただ、東京の大衆酒場と比べると、ちょっと高いのが残念。

これは豚の角煮かな。
大阪焼きトンセンター(大阪ミナミ難波)立ち呑み

トロトロに煮込まれて柔らかくって味も最高。

山芋の輪切り。
大阪焼きトンセンター(大阪ミナミ難波)立ち呑み

結構、あちこち飲んで食べて、後半に来たので、
こういうさっぱり系が美味しい。

まだまだ串系を食います。
大阪焼きトンセンター(大阪ミナミ難波)立ち呑み

これは豚バラなどの肉系ですけど、
ここはホルモン系が色々充実しているので、そういの頼むの面白い。

おでん(各種100円)。
大阪焼きトンセンター(大阪ミナミ難波)立ち呑み

誰かが頼んだ分です。
私は食ってないので、評価なし。

これなんやと思います?
大阪焼きトンセンター(大阪ミナミ難波)立ち呑み

豚レバーのたたき(360円)なんですよ。
これが今回一番美味しかったな~
表面を焼き上げることでシャキっと〆っており、
また中のレア感覚とごま油との組み合わせも素晴らしい。

ミナミも色々と立ち飲みの店が増えてきたけれど、
味、値段考えると、こちらのお店は私の評価でもかなり上位。
15時からと早い時間から開いているし、
グループ呑みもやりやすいしで、非常に使い勝手ええですよ。

住所:大阪市中央区難波千日前3-19
電話:06-4396-8109
営業時間:15:00~翌1:00(L.O.24:30)
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ