関西のグルメを呑み食べ尽くし!

この度、楽天にてお酒を購入。
ただ、私が通販で購入する酒は、まあ大概が日本酒です。
その私が今回、浮気しました。
それはシャンパン(スパークリングワイン)♪
炭酸系が好きなので、泡系も大好き。
そのシャンパンが5本セットで安く売られているのを発見。


1本あたり800円弱ですから、
この値段でスーパーで泡を捜すのはなかなか難しいですよね。
なので、今回購入を決意。
まず1本目をご紹介しますね、
ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット(DEPREVILLE BRUT)です。

ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット DEPREVILLE BRUT(フランス・シャンパン)

フランスの白泡、コクのある辛口系です。
ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット DEPREVILLE BRUT(フランス・シャンパン)

この日の晩酌はこんなので。
ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット DEPREVILLE BRUT(フランス・シャンパン)

トマト。
味付けは黒胡椒と塩とオリーブオイルのみ。
野菜の中でもトマトは私は大好き。
特に生のまんまで食すのがいい。
あまり野菜は好んで食べない私なんですけど、
たまにフレッシュトマトは無性に食いたくなるんです。

馬刺しのたたき。
ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット DEPREVILLE BRUT(フランス・シャンパン)

こちらはスーパーの見切り品で購入。
450円のが半額で売られていました。
この値段の馬肉なんでさすがに柔らかいとは言えません。
ちょっと噛み切るのに時間がかかりますけど、
生肉を食える環境が崩壊していってる世の中ですから、
こういうのをスーパーで安く売られているのを見ると、
私は即購入してしまいます。

で、今回の白泡スパークリング。
ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット DEPREVILLE BRUT(フランス・シャンパン)

この金色ラベルは高級感ありますね。
輸入元希望小売価格は、2100円の品です。
シュナン・ブラン40%、コロンバール30%、ユニ・ブラン30%で、
白ブドウ品種だけを使ったブラン・ド・ブランです。

飲んでみた感じは非常にさっぱりとした風味。
ドゥプレヴィル ブラン・ド・ブラン ブリュット DEPREVILLE BRUT(フランス・シャンパン)

果実感や花の香りのような味わいもよく、
泡も非常にきめ細やかで飲みやすい。
ただ、その飲みやすさでぐいぐいといっちゃうと、
すぐに酔いが廻ってきます。
アルコール度数が結構高く、15%もあるんですもん。
ビールの3倍やもんな。

いや~この値段なら大満足。
美味しいし、酔いも廻る。
もし、後の4本も美味しかったら、
ここの泡ワインはリピートしてみたいと思えますね。

↓今回こちらで購入!↓

【1本あたり796円!】送料無料・64%OFF!1本あたり796円!すべて本格シャンパン5本セット
こちらはCMで大々的に宣伝されていましたから、
ビール好きならば誰もが注目していたビール(第3のビールですけどね)でしょう。
私はめんどくさがり屋なので、家での晩酌は第3のビールでしたら、
缶から直接飲むことが多いです。
なので、その缶から飲む爽快感に引き寄せられて、買ってみました。
アサヒ ダイレクトショット(DIRECT SHOT)です。

アサヒ ダイレクトショット[DIRECT SHOT](アサヒビール・第3のビール)

スーパーに行くと、いつもないか物色するんですけど、
全く見つけれることができず、コンビニにて初めて見つけ、即購入。
あ、これは別の日に、外で飲んだものですけどね。

その日の晩酌はこんなので開始。
アサヒ ダイレクトショット[DIRECT SHOT](アサヒビール・第3のビール)

ししゃもが見切り品で安く売っていたので購入。
実は、ししゃもを食うのは実に1年ぶりぐらいか。
連れに一人、ししゃも好きがいてて、
一緒に飲みに行くと必ずししゃも頼みます。
こいつと一緒やと、ししゃもは否が応もなく食わなきゃいかんので、
自分から進んで食べることのない品でした(私は海鮮好きやのにね)。

その日はできるだけヘルシーに。
アサヒ ダイレクトショット[DIRECT SHOT](アサヒビール・第3のビール)

野沢菜漬け。
ある程度、腹が満腹になってくると、こういうのポリポリしながら、
飲んでしゃべるんがちょうどええですね。

砂肝の黒胡椒焼き。
アサヒ ダイレクトショット[DIRECT SHOT](アサヒビール・第3のビール)

ホンマ、この日はさっぱりめです。
調理も、塩コショウして、フライパンでさっと炒めるだけなんで簡単。

で今回のビールですね。
その特徴は飲み口の大きさを従来比で1.3倍とし、
喉へダイレクトに当てる事で今までに無い刺激が味わえるとのこと。
うん、確かに炭酸の強さって点で、合格点。
同社の第3のビール、クリアアサヒとどうしても比較してしまうけど、
クリアアサヒよりも、絶対、私はこっちを選びますね。

ただ、私が普段愛飲している「金麦」と比較すると、コクが足りない。
どうしてもスーパードライのすっきり辛口系の出来に仕上がっているんですよ。
外で、暑い日にごくごく飲むにはぴったりやけど、
家の中でまったり飲むにはちょっと不適格かな。

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
以前来て、さすがに肉の卸をやっている店だけあるなって思った店。
大阪で今度、焼肉食う時はまたここにしようと思っていました。
お肉屋さんが店の軒先でバーベキューができるスペースがあります。
肉のオカヤマ直売所にやって来ました。

肉のオカヤマ直売所(大阪あびこ)肉卸専門店

そのシステムの説明書。
肉のオカヤマ直売所(大阪あびこ)肉卸専門店

ドリンクは、生ビールも置いていますが、
自販機が置いてあり、市販価格で購入可能。
(例えば、キリン淡麗ならば、500mlで220円です)
これはビールがばがば飲む私にはありがたい。

その日のおすすめ肉。
肉のオカヤマ直売所(大阪あびこ)肉卸専門店

まあ、この値段の肉ですから、相当、極上もん。
肉は値段で旨さは比例するもんやと思っているで、
前に食った時もそれは感じましたね。

ちゅうことで、サーロイン(100g698円)はチョイスしました。
肉のオカヤマ直売所(大阪あびこ)肉卸専門店

この肉、めっちゃ柔らか~い。
口の中で肉がとろけるとはこれのことですね。

さーて、後なんにしようかな。
肉のオカヤマ直売所(大阪あびこ)肉卸専門店

もうひとつ店内。
肉のオカヤマ直売所(大阪あびこ)肉卸専門店

選んだのは牛タン(100g698円)。
肉のオカヤマ直売所(大阪あびこ)肉卸専門店

こっちはまあ、そんなに感動はないかな。
極々、普通の牛タンです。

ホルモンミックス(100g398円)。
肉のオカヤマ直売所(大阪あびこ)肉卸専門店

こちらのホルモンは上質。
脂が相当、さっぱりしてて美味しいんですよね。

肉以外のバーベキューメニュー。
肉のオカヤマ直売所(大阪あびこ)肉卸専門店

野菜がないので、焼き野菜盛り合わせ(300円)。
肉のオカヤマ直売所(大阪あびこ)肉卸専門店

ミンチカツ(180円)。
肉のオカヤマ直売所(大阪あびこ)肉卸専門店

さすがに肉屋のミンチカツ。
このあっさり肉汁じゅわーはめっちゃ美味しい。

今回、小食の方と2人やったのと、あと何軒か行く予定やったのでこれにて。
バーベキューなので、もうちょい大人数で、
わいわいやれるメンバーの方が面白いかな。
肉はさすがに黒毛和牛をチョイスすれば、確実に美味しいので、
また、やって来たいと思わせてくれる店です。

住所:大阪市住吉区苅田7-3-10
電話:06-6693-2941
営業時間 [精肉販売]10:00~21:30
[BBQコーナー]11:30~20:00(LO)
[ミートデリ]10:00~20:00
定休日:年中無休(元日を除く)
↓お勧めリンク↓

「焼肉食べてもヤセちゃった!?」
この日は早くから飲み始め。
ミナミ界隈にいてたんですけど、時間的に開いている店は少ない。
それならば、谷九まで移動して、こちらの店にしようかと。
やっぱり安さと海鮮の旨さのバランスは抜群。
得一の谷九店にやって来ました。

得一 谷九店(大阪谷町9丁目)立ち呑み

午後3時から開いていますので、早めの呑み開始にも最適。

メニュー左半分と・・・
得一 谷九店(大阪谷町9丁目)立ち呑み

右半分。
得一 谷九店(大阪谷町9丁目)立ち呑み

相変わらずの得一メニュー。
扇町、十三、上本町とあちこちどんだけ行ってるやろ(^^;)

まず、いただいたのはがしら唐揚げ(250円)。
得一 谷九店(大阪谷町9丁目)立ち呑み

ちっちゃめのが2匹。
この大きさやから、骨までバリバリいけるかなと思ったんですが、
さすがに背骨周りはダメでした。
しかし、ガシラは唐揚げで食うのが一番旨い。

かき土手焼き(380円)。
得一 谷九店(大阪谷町9丁目)立ち呑み

結構さっぱり目の土手焼き。
牡蠣もこれでこのシーズン食い納めとなりました。

北海道ホッキ貝お造り(300円)。
得一 谷九店(大阪谷町9丁目)立ち呑み

北海道に行くと必ず食べる北寄貝。
まさか関西で、こんな活きのええのんが食えるとはね。

鯛アラ煮(300円)。
得一 谷九店(大阪谷町9丁目)立ち呑み

めっちゃたっぷりの量。
煮付けがちっと私には濃い~けど、この量には満足。

さよりお造り(230円)。
得一 谷九店(大阪谷町9丁目)立ち呑み

あっさりした白身が非常に美味しいです。

さーて、今日も海鮮をたくさんいただきました。
これだけ2人で食って、ドリンク各自3杯飲んでも、
1人頭2000円いきません。
この安さがやっぱり得一らしいんよね~
満足です(^^)

住所:大阪市天王寺区生玉町1-30 生玉ビル1F
電話:06-6771-0228
営業時間:15:00~23:00
定休日:日曜日、12月31~1月4日
私は大の炭酸飲料好き。
小さい頃から、コーラは大好物でしたし、
ジンジャーエールを一番最初に飲んだ時には、
こんな美味しいジュースがあったんかって思ったくらいです。
なので、大人になってからもビールはまあ基本ですし、
スパークリングワイン系も大好き。
で、スーパーでこんなのを見つけました。

ピエトロ ランブルスコ ロッソ[PIETRO LAMBRUSCO EMILIA](赤ワイン・弱発泡・イタリア)

なんと値段は500円台!!
弱発泡性の中甘口ワインです。
こりゃジュースっぽく飲めるし、アルコール入ってるから酔える。
その日の晩酌のメインとして購入、「ピエトロ ランブルスコ ロッソ」です。

まずは私定番の閉店間際見切り品、刺身盛り合わせ。
ピエトロ ランブルスコ ロッソ[PIETRO LAMBRUSCO EMILIA](赤ワイン・弱発泡・イタリア)

480円のが半額の240円。
これでまぐろ、鯛、サーモン、イカの4種でこの値段ですからね。

揚げだし豆腐。
ピエトロ ランブルスコ ロッソ[PIETRO LAMBRUSCO EMILIA](赤ワイン・弱発泡・イタリア)

私、豆腐系大好きですが、揚げだし豆腐はこういう酒のアテには一番ええな。

チーズ巻フライ。
ピエトロ ランブルスコ ロッソ[PIETRO LAMBRUSCO EMILIA](赤ワイン・弱発泡・イタリア)

スーパーの惣菜ですから、まあこんなもんでしょう。

で、今回の弱発泡赤ワイン。
ピエトロ ランブルスコ ロッソ[PIETRO LAMBRUSCO EMILIA](赤ワイン・弱発泡・イタリア)

アルコール度数は7.5%とちょっと低めです。
飲んでもさっぱりした甘口ですっごく飲みやすい。
ただ、逆に言うと、水臭さを感じますね。

渋味がないので、赤ワインが苦手な方でも安心して楽しめます。
これは相当冷やして飲みましたが、そうした方が正解。
もしぬるければ、非常にボケた味わいに感じると思います。

これでもし、1000円近くすれば結構厳しい評価になったと思いますが、
500円ちょっとですから、全く文句はないです。
お酒が苦手な方でも飲みやすいタイプなので、そういう方におススメですね。

↓お勧めリンク↓

死ぬ前に飲むべき1001ワイン