関西のグルメを呑み食べ尽くし!

大阪昼酒はしご酒6軒目、って既に太陽は沈みかけています(^^;)
前の日本酒系の立ち飲みで、少々欲求不満なわたくしめ。
こちらのお店です。

本来は難波を離れ、別の地に飲みに行く予定でしたが、
なんか気分がすっきりしない。
美味しいアテに美味しい日本酒を確実に合わせたいって我が儘言って、
すぐ近くのこちらのお店に飛び込みました、「丑寅」です。

丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

さーて、今日も何食べようかな~
丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

ここのメニューを見ると、どれもが食べたいものだらけなので、
めちゃめちゃ迷います、それにハズレもない。

まずは日本酒。
丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

紀土 夏ノ疾風、特別純米(和歌山)をまず私がチョイス。
そして、店員のおねえさんにこれとは味の違う純米吟醸系ってリクエストで、
渓流「楯野川」の純米大吟醸(山形)をチョイスしてくれました。
こういうええ日本酒を飲むと、ほっとするよな~

アテにはバーナーで炙る姿が非常に美味しそうやったんで・・・
丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

カツオ炙り(450円)。
ついそこで炙られた風味が非常にええ鰹。
さらに、にんにく加えて食べてみたい。

炙りええね~ともう一つ炙りもんを頼む私。
丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

貝柱炙り(350円)。
日本酒に合わすとなるとこの辺りが至福ですね。

もう1杯いきましょうか。
丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

一つは広島「雨後の月」の純米吟醸やけど、もう一つは何?
これは両方チョイスしてもらったのでよくわからん。
おそらく一つが純米吟醸やから、辛口系の純米をリクエストした気が。

白貝酒蒸し(350円)。
丑寅(大阪ミナミ難波)立ち飲み

貝はなぜか日本酒飲むと頼む頻度が高まります。
元々、貝のお刺身系大好きな私だからな。

さすがに、今回のはしご後半、日本酒をぐびぐび空けているので、
酔いがめっちゃ廻ってきてました。
喧嘩でもしたか、同行者とはここでお別れ~
(あ、すぐにごめんねってメール入っていたし、
ここがどこかわからんとも書いてあったので、ほんの些細なことで
泥酔状態にあったのでしょう・・・)

さーて、どうしようか・・・続けようか・・・
こちらのブログで明日続かせようかな・・・

住所:大阪市中央区難波千日前15-19
電話:090-8449-8530
営業時間:[月~金]17:00~23:00 [土]16:00~23:00 [日]16:00~22:00
定休日:祝日
↓お勧めリンク↓

せんべろ探偵が行く
大阪昼酒はしご2軒目。
1軒目はこちら針中野で寿司を食いました。

ちょっと抑えめにドリンクは飲んだので、
こっからピッチを上げていきます。
それにはアテが安くて美味しい店がええ。
ってことで針中野にいましたので、駒川中野までてくてく北上。
テイクアウト、立ち飲みのホルモン屋さん、「駒川ホルモン」にやって来ました。

駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

以前にテイクアウトはしたことありますが、店内で食べるのは初めて。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

10人は横並びで立てそうなカウンターがあります。
またお昼13時からやっているので、昼酒にも最適。

ドリンクメニュー。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

まあホルモンでは生ビール(350円)でしょう(^^)
ただ、こちらのお店、非常にドリンクの揃え方素晴らしいですね。
焼酎も魔王(600円)を始め、レアもん揃えているし、
日本酒も地酒が500円程度で、いくつか黒板に書いている。
ワインもフルボトル2000円~十何種類くらいありました。

料理メニュー。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

って言ってもシンプル。
豚のホルモン串のみです。
あ、ホルモン焼きそばも平日限定であるとは書いていましたけどね。
1本は60円~

まだまだビール飲めますぞ。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

生中(350円)を頼み、ホルモンを待ちます。

まずはアブラ(60円)。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

その名の通り、脂身のようなのっぺりとした食感。

基本のホルモン(60円)。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

こっちの方が味はありますね。

その日のサービス品、ガツミノ(60円)。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

コリコリっとした味わいが今回食べた中でナンバー1ですね。

もう1杯飲みましょう。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

気分転換に、トマト酎ハイ(300円)があったのでそれに。
しかし、氷たっぷりなんで、実際の量が少ないな・・・
さらにレモン酎ハイ(300円)も追加しました。

最後にキモ(60円)。
駒川ホルモン(駒川中野)立ち呑み

もうちょいレア気味ならばなお可ですが、今の時代、ムリかな。

大阪はこういう店頭での鉄板焼き、
テイクアウトと立ち飲みのホルモン屋さん多いけど、
中でも、酒を充実させているし、串の値段も手頃なんで、
こちらの駒川中野をはしごの1角に加えるならば、
利用価値は非常に高いと思います。

またこちらのブログに戻り、明日続けます。

住所:大阪市東住吉区針中野1-4-3
電話:06-6700-2912
営業時間:13:00~22:00
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

せんべろ探偵が行く
スーパーで買い物をしていると目についたスナック菓子。
特売のコーナーに山積みにされておりました。

ベビースタードデカイラーメン「天下一品 こってりラーメン味」とルートビア(root beer)

まず、見た目は天下一品がレトルトのラーメンでも出したのかって思いました。
天下一品こってりラーメンは私の大好物ですからね~
そんなのあったら即買いです。
しかし、どうも違う。
おやつカンパニーと書いているし、パッケージを細部まで見るとスナック菓子のようだ。
そう、ベビースターのドデカイラーメンシリーズです。
値段は100円切っていたので、どこまでその味わいが再現できているのか食べてみたい。
ってことで、「天下一品 こってりラーメン味」を購入しました。

で、この日はアルコール飲料を飲んでおりません。
ベビースタードデカイラーメン「天下一品 こってりラーメン味」とルートビア(root beer)

これなんだか分かります?
ルートビア(root beer)です。
よくアメリカ映画見てると、コーラと並び、結構登場している炭酸飲料である。
私はアルコール含まれていなくても炭酸飲料は大好きなので、
こちらも別のスーパーで見つけ、即購入しておりました。

さーて、中身の成分表は?
ベビースタードデカイラーメン「天下一品 こってりラーメン味」とルートビア(root beer)

これを見る限り、どんな味か全く分かりませんね。
いったい、どんな香料使ってるねん。
でネットで調べたところ、草木の根などの汁を発酵させて造った炭酸飲料なんだそう。
全くそれでも、味は見当もつかないので、飲んでみる。

うっげ~まずぅ~ってのが第一印象。
甘ったるい漢方薬に炭酸混ぜたってなような複雑な味。
私はドクターペッパー(Dr.Pepper)って、
日本ではあまり売られていない炭酸飲料は結構お気に入りなのだが、
あの味とも全然違いますね。

そのつまみに今回のベビースターラーメン。
ベビースタードデカイラーメン「天下一品 こってりラーメン味」とルートビア(root beer)

食べてみてのこれも第一印象。
どこが、天一のこってりやねん!!!
どういう味覚でもって、これを天一の味だと思った開発者は感じたのだろうか。
確かにマイルドな濃厚な味って感じやけど、
これをクリームシチュー味やって食べても全く違和感ないぞ。

こういう有名店の味再現シリーズは、カップ麺とかでもなんじゃこれ?って多いが、
このスナック菓子も同様。
よくぞ天一さんはこの味で、許可を与えたもんだ。

カールのチーズ味で、コーラでも飲んでいた方が、満足してたやろ~な。

↓お勧めリンク↓

平野寿将流男のビストロおつまみ
「アサヒスパークス」って酎ハイアルコールドリンクをご存じでしょうか。
酒飲みの私としては、いつも重宝している酎ハイなんですよ。
なんといっても、アルコール度数9%!!!!
3%の低カロリアルコール飲料も今、結構店頭に並んでいますが、
そんなの飲むより、3倍は酔える(^^)
シャア専用ザクのようなありがたい酎ハイなんです。

その「アサヒスパークス」に新製品が誕生してました。
白ワインを配合し、炭酸度を30%アップ、それに糖質70%オフという、
私を非常に魅了するお言葉ばかり♪
炭酸飲料はソフトドリンク含め、めっちゃ好きな私ですし、
また血糖値もやばいゾーンに入りつつあるので、
糖質オフもありがたいお言葉です。
迷わず購入しました、アサヒスパークス 刺激的ワインスパークリングです。

アサヒスパークス 刺激的ワインスパークリング(アサヒビール)

500mlロング缶でコンビニ価格、200円を切る値段でした。

その日の晩酌は、おでんを作成。
アサヒスパークス 刺激的ワインスパークリング(アサヒビール)

冬には絶対食べたくなる食い物ナンバー1。
立ち飲みに行っても、注文する頻度が格段に上がりますね。

まずは、マイおでん3種の神器より。
アサヒスパークス 刺激的ワインスパークリング(アサヒビール)

アサヒスパークス 刺激的ワインスパークリング(アサヒビール)

アサヒスパークス 刺激的ワインスパークリング(アサヒビール)

大根、厚揚げ、玉子はもう定番ですね。
立ち呑みでも必ず頼む品の3つ。
「おでん、大根、厚揚げ、玉子!一つずつ!」って呪文のように唱えます。

それにこれも外せない。
アサヒスパークス 刺激的ワインスパークリング(アサヒビール)

じゃがいもです。
じゃがいもは崩れるくらいにトロトロに煮込んだ方が好き。
なので家では崩れたのを、最後までとっておくようにしています。

そして牛すじ。
アサヒスパークス 刺激的ワインスパークリング(アサヒビール)

牛すじは立ち呑み屋ですと、少しお値段お高めになってるとこ多いですが、
他のネタとほぼ均一価格の店があると、これも必ず頼むな~

練り物系では、唯一好きな餅巾着。
アサヒスパークス 刺激的ワインスパークリング(アサヒビール)

私、おでんの中でも、竹輪やごぼ天、平天などの練り物は好んで食べません。
このもち巾着のみ。

で、今回の高濃度アルコール9%、アサヒスパークスですね。
アサヒスパークス 刺激的ワインスパークリング(アサヒビール)

他のラインナップと一緒で、ウォッカがベースとなっております。
白ワインをベースにかと思ったが、
それじゃ絶対、このアルコール度数にはなんないですもんね。
なので、白ワインの味する?っていうくらいにその味わいはありません。
しかし、全く甘くなく、炭酸がすっごくきつめなので、
私にはぴったりくる酎ハイ。

この前にビールロング缶1本、そしてこの刺激的ワインスパークリングの2本で、
結構ええ感じで酔っぱらうことができました。
久々に定期的に購入したいと思う品です。
アサヒビールさん、販売終了にしないでね(^^)

↓お勧めリンク↓

平野寿将流男のビストロおつまみ