関西のグルメを呑み食べ尽くし!

冬の鍋・・・
家で色々とやってるので、今年は全く外で食べておりませんでした。
一度は食いたいな~と思っていると、
もつ鍋食べに行きましょうとのお誘いが。
ミナミにあります、もつ無奴「ゆまる」難波店にやって来ました。

もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

めっちゃめちゃ寒い日やったんで、
仕事終わり移動で冷え切った体を早くあっためたいとお店へ。
2階に位置しており、1階の別のお店も肉の焼き系のお店で、
ちょっと目立たないかな~と思いますね。

店内の様子。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

外観雰囲気と一緒で、こじんまりとしております。

そのもつ鍋のお値段。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

もうひとつ追加系。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

基本は白味噌ベースの鍋で1人前950円です。

焼き物系。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

一品系。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

そしてドリンクです。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

まあ、お値段的には高くもなく、安くもなく平均的。

とりあえずはビールで乾杯!
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

プレモルで、このグラスが400円。
あの逆三角形ジョッキでくるかなと思っていただけに、
1杯目この量は、酒飲みの私には少し不満。
しかしですね、すっごく泡のきめ細やかなプレモルで、
コクもふわっと口の中で拡がり、めっちゃ美味しいんですよ。

最初、鍋ができるまで、スピードもんで。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

ここの名物でもある「酢もつ」(480円)。
下処理がしっかりできているだけあって、
全くホルモン系の臭みがありません。
美味しいんやけど、この値段はね~あと100円頑張って欲しい。

そんではもつ鍋(2人前)いただきます!
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

濃厚な白味噌仕立てです。
まずはその鍋スープより味を一口。
白味噌の深い甘みが伝わってきます。
これは私の好みですが、
このままでは辛い物好きな私には合わない味付けです。
なので、卓上にあった、柚子胡椒、唐辛子で味を調えました。
しかし、ここの柚子胡椒、美味しいね~
こればっかり大量投入で食べてたかも?(^^)

キャベツ、もやし、ごぼうを中心に野菜もたっぷり。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

ただ、肝心のモツがこの値段やと少ないかな~と感じたの残念。
ちゃんぽん麺(320円)を〆に投入しましたが、鍋に麺は必須ですね(^^)

で、ここの名物の一つだと言われた、もつ焼き(780円)もいただく。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

プルンプルンのモツに甘めのタレがかかってます。
もっと脂がひつこいかなと思いましたが、
さっぱりと口の中でとろけていくモツ。
値段高いかなと思いましたが、その分、質のよさを感じます。

ビールばっかり呑んでましたが、ここで赤ワイン(420円)にスイッチ。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

なぜかはこれ。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

肉の焼き系も頼んだからです。
中落ちカルビ1本(160円)。
このボリュームでこの値段は、今回食べた中で一番のお値打ちもんでした。

もひとつ、牛ハラミの串焼き1本(210円)。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

カルビのお値打ちに比べると、こっちは肉に弾力性がなく、
カルビより値段が高いのが不思議。

牛テール塩焼き(1050円)。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

これも美味しいとオススメされましたので、いただいてみました。
確かにね、骨回りの肉の旨みの深さはかなりのもん。
しかし、食べるのに骨からそぎ落とすのが難しく、
かぶりついて引きちぎらなければならなかったので、
牛テールは、スープで煮込んで食べる方がええな~
するとこの肉の深い旨みもスープの旨みとして生かせるし、
柔らかくなって食べやすい。
これだけのええ肉ならそうして食べてみたい。

キムチの盛り合わせ(550円)。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

オイキムチ、カクテキ、白菜キムチの3種です。

このカクテキ、めっちゃ旨い。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

大根のシャキシャキ新鮮さを残しつつ、浅めの漬け方。
しかしですね、その調味料の旨みの配合が素晴らしいんです。
あと、奥にぼやけて写ってるオイキムチも、この浅めの漬け方ならば、
きゅうり嫌いの私なので、普段なら駄目なんですけど、これは食えた。
それだけ、味付けがしっかりできてるんですよ。

逆にこの白菜キムチは・・・
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

すっごくへなへななんですよ。
大根、きゅうりはシャキっとしてるのになぜ?

チヂミ(530円)。
もつ無奴 ゆまる 難波店(大阪ミナミ)もつ鍋

サクッと香ばしさのあるチヂミ。
こん時は、アルコールを芋のロックにしてたんですが、それと合う。
この日は同行者のアルコールチョイスに全部委ねさせてもろたんですけど、
この料理にはこれ!ってめっちゃ的確な方なんですよ。
普段から私も料理と酒の組み合わせには気を遣うんですけど、
それがきちんとできる方と飲んでると勉強になるし、すっごく楽しい。

いや~色々大量に飲んだし、大量に食った♪
お店の方の気配り方もすっごくよかったし、心地のええ空間です。
料理もほぼどれもが味のええもんばっかりでした。
ただ、値段的にこれは?ってのもありましたので、
その辺、見極めて頼むと、お得感が出てくると思います。

住所:大阪市浪速区難波中2-8-94 コスギナンバビル2F
電話:06-6643-0585
営業時間:17:00~24:00
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

香りが違う!最高の松阪牛を最高の料理で味わう!松阪牛(松坂牛)A5


ゆまる 難波店もつ鍋 / 難波駅(南海)大阪難波駅なんば駅(大阪市営)

今年のバレンタイン・・・
皆様、いくつチョコをいただきましたでしょうか?

私?
こんなむさ苦しいおっちゃんにくれる奇特な方なんてまあ皆無です(^^;)

まあ、そんな中、義理立っていただけた分で、
酒飲みにでも、味わって美味しいようなチョコがあったのでご紹介!

ホテルオークラ プレミアムトリュフ 5個入り

はい、ホテルオークラのチョコ。
生まれてこの方、未だ私は泊ったことのない高級ホテルです。

名前は、「ホテルオークラプレミアムトリュフ」5個。
ホテルオークラ プレミアムトリュフ 5個入り

まあ酒飲みの私やからアルコール混ざってるのがええと思ったんでしょうね。
アルコールの含有量は平均1.4%なんだとか。

開けてみます。
ホテルオークラ プレミアムトリュフ 5個入り

一口大の丸いトリュフが5個。
失礼ながらいくらくらいかな?と調べさせていただくと、
お値段は800円台。
1個150円以上しますから、やっぱ高い。
これなら缶ビール6本の方がまだ、私はもらって嬉しいのですが(^^;)

なぜ高いかは、これなんですね。
ホテルオークラ プレミアムトリュフ 5個入り

なんと!ドンペリを使用しているんですよ。
って、私はこれまた、生まれてこの方、
ドンペリなんて呑んだことのない貧乏人。
元々の味がどんなのかも分かりませんが・・・

さーて、いただいてみます。
ホテルオークラ プレミアムトリュフ 5個入り

黒い方は金粉もかかっていて高級感ありますね。
ふわっととろける感じで、シャンパンの香りが拡がります。
酒の入ったチョコはウィスキーボンボン大好きですけど、
それとは違って、めちゃめちゃ上品。

ホワイトの方はドンペリのロゼを混ぜているみたいですが、
こちらの方がホワイトチョコの風味が勝ってる感じ。
ビターな黒が私好みです。

アルコール度数10%以上のチョコってあるんでしょうか?
そういうのあったら教えてくださいませ。
あ、来年のバレンタインはそういうのいただけたら嬉しいです(^^)

↓お勧めリンク↓

タカコ・ナカムラのwhole foodスイーツ
天満はしご酒、以下のような感じで飲んできました。
1軒目、串カツ専門店 串泰 天満店の記事はこちら!
2軒目、イタリアンバル バルザル 天満店の記事はこちら!
3軒目、鉄板鶏料理 糀やの記事はこちら!
4軒目、たこ焼き ワナカ・デ・ワインの記事はこちら!
5軒目、ガールズバー?立ち呑み MOCO[モコ]の記事はこちら!
6軒目、180円生中、150円ハイボール、大分からあげと鉄板焼 勝男の記事はこちら!

さすがに6軒目で加速させて、150円ハイボールをぐいぐい飲みましたから、
結構、私はもうへべれけ(^^)
次、どこ行こうか~歌でも歌いたいな~♪とええ調子。
けど、同行者のお一人が女の子のいる店大好きで、
どうもそっち方面にどうしても行きたいようです。
5軒目での滞在時間ではちょっと物足りなかったようで、
ならば、そういう系の安い店、もう1軒紹介しますよと訪問したのがこちら!
Standing Bar Rire[ライアー]です。

Standing Bar Rire[ライアー](大阪天満)立ち飲み

こちらのお店は以前も訪問済みで、今回2回目。
オーナーの女性と前回お相手してくれたサリーちゃんの2人がいてました。

ドリンクメニュー。
Standing Bar Rire[ライアー](大阪天満)立ち飲み

少しお高めですね。

前と同じように、メニューにはないが、
ロングアイランドアイスティを作っていただきました。
Standing Bar Rire[ライアー](大阪天満)立ち飲み

これ何?イカ明太?
Standing Bar Rire[ライアー](大阪天満)立ち飲み

私が頼んでいないのでよくわからん。

適当にしゃべりは女の子系、行きたがってた同行者のお一人に任せて、
私は次どうしようかって思案・・・

しかーーーし!!!
店出て歩いている隙に、どっかにその方はエスケープ!!!
まあ、以前からそういうの常習犯でしたから驚きはしないですけどね。
どっかのガールズバーかキャバクラにでも転がり込んでいるんでしょう。

残された2人で、ま、これでお開きにしましょかと天満の駅へ。
朝まで行くぞ~って言ってたのにな~
ま、最終に乗れる時間やったのが幸いでした。
ってな感じの天満1人3000円はしご酒(5軒)+おまけ2軒ツアーを終幕です。

大阪を中心とするはしご酒ツアーも1ヶ月に1回ペースで企画中です。
また、参加ご希望の方は以下にまでメールお寄せくださいませ。
bkyugourmet@yahoo.co.jp

住所:大阪市北区天神橋5-6-4
電話:090-8931-5777
営業時間:平日18:00~25:00 土日祝日16:00~23:00
定休日:なし
↓お勧めリンク↓

せんべろ探偵が行く
とあるドラッグストアで見つけた黒ビール。
全く聞いたことのない、見たことのないもんやったんですね。
値段も350ml缶で100円切って、89円!!
この値段ならば、絶対、即買いでしょう。
富永貿易が出しています、「超旨仕込 黒」です。

超旨仕込 黒(富永貿易)新ジャンルビール

富永貿易といえば、神戸の人間なら知ってる人間多いと思います。
「神戸居留地シリーズ」などの激安缶飲料を扱っている会社。
これ買ったのも明石やったからな~

原産国は韓国。
超旨仕込 黒(富永貿易)新ジャンルビール

アルコール度数も5%と、ビールでは標準。

この安いビールに合わせて、アテも安く。
超旨仕込 黒(富永貿易)新ジャンルビール

スーパーの半額見切り品で揃えました。
こちらが、さんまの造り、298円が半額です。
この当時、秋やったんですけど、サンマは塩焼き、刺身ともに、
秋の魚では最強の旨さですね。

そして、じゃがいもとベーコンのピザ。
超旨仕込 黒(富永貿易)新ジャンルビール

こちらもハーフサイズ、300円が半額の150円。
ただ、こういうスーパーのピザはあんまり美味しくない。

最後に・・・
超旨仕込 黒(富永貿易)新ジャンルビール

サーロインステーキ肉。
アメリカビーフなんですけど、450円がこれも半額です。
塩胡椒、ガーリックパウダのみの味つけで、レアに焼き上げ。
このジャンキーな肉肉しさが、今回のビールにぴったり。

ってその味ですね(^^)
超旨仕込 黒(富永貿易)新ジャンルビール

2種類の麦芽を配合しているとのことですが、
うん、甘さを感じます。
芳醇な黒ビールとしては、この値段ではなかなかよい出来ではなかろうか。

富永貿易は、神戸っ子の私としては、
よく近所の自販機でも見かけていた会社なので、
激安の割にしっかりした商品というイメージ持ってます。
今回もそのイメージが損なわれずに保ちましたね。

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
冬場になると、家で飲む頻度が高くなるのが、日本酒。
純米クラス以下で熱燗にできるってのもあるんですけど、
純米吟醸の冷酒も、なんかまったり落ち着けるんですよね。
それに貯蔵が冷蔵庫に入れなくても、ベランダに出しておけばええので、
かさばらなくって楽です。

今回、海鮮物を中心に晩酌を準備したので、
それに合う純米吟醸を購入。
「よしのとも 純米吟醸 雄山錦」です。

よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

富山の酒造さんです。
デパ地下の酒屋さんで四合瓶、1500円。
北陸方面の酒は淡麗辛口傾向が強いんですが、
こちらの蔵元は、芳醇系を中心に取り揃えておられるのだとか。
しかし、この純米吟醸は淡麗辛口を意識して作ったんだそうな。
どんな味なのか楽しみ♪

まずはこちらより。
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

せこがに~
この冬全然食べていなくって、年明けてお初です。

だいたいスーパーで安いとこやと、380円で売られていますね。
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

せこがには足はほとんど食べるとこないですけど、
なんと言っても、内子ですな~
日本酒と相性抜群の珍味。
これだけは他のどんな酒にも譲れませんね。

そして、こちらも冬の定番。
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

鱈白子ポン酢です。
ただいつも思うんですが、湯がき具合加減がどうも難しい。
今回も湯がき過ぎでちょっと固くなりすぎました。

メインには手巻き寿司。
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

マグロ、カンパチ、サーモン、鰹タタキ、たらこを準備。

ボリュームたっぷりなんで、次の日の朝昼ご飯も手巻きでした(^^)
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

で、手巻き寿司にするときは、
私はたいていブロックになってる見切り品買います。
その方が量が、カットされているのよりもあるし、
手巻きするのに適当な大きさにカットできますもんね。
値段も安く、今回のこの手巻きネタだけで、800円しかしてません。

あ、あと、もう一品あった。
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

鯛のあら煮もいただきました。

そして、今回の純米吟醸。
よしのとも 純米吟醸 雄山錦(富山:吉乃友酒造)

淡麗辛口を意識して飲んでみたんですけど、意外とまったりした酒。
純米吟醸って感じはしないですね。
辛さもそれほどでもなく、どっしりと腰を落ち着けた風味です。
精米歩合も55%ですから、純米の味として楽しみました。

この酒やったら燗してもよかったかな。
また、今度は冬場の海鮮水炊き鍋に合うような、
純米吟醸クラスの日本酒をお取り寄せしてみたいな。

酒造:富山県 吉乃友酒造
原料米:富山県産雄山錦100%
原材料:米、米こうじ
アルコール度数:15%
精米歩合:55%
日本酒度:+3
酸度:1.9
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
まだまだ寒い日が続く日々でありますが、
冬の季節・・・なかなか外で飲む機会が減ります。
だーーって、冬最強な飲み方は、
なんと言っても熱々の鍋くいながらの飲みでしょう!!
飲んだ後も寒い外を通ることなく、寝床に入れますしね。
ってことで、本日は鍋やりますぜ!

今回選んだのは、カゴメの甘熟トマト鍋。
甘熟トマト鍋(カゴメ)とジャクリーヌ ブリュット(フランス・スパークリングワイン)

今はこういう変わった鍋も色々あるんで、
毎週違った味で晩酌なんてのも楽しみです。

〆はオムライスってのもええな~
甘熟トマト鍋(カゴメ)とジャクリーヌ ブリュット(フランス・スパークリングワイン)

野菜はこんな感じで・・・
甘熟トマト鍋(カゴメ)とジャクリーヌ ブリュット(フランス・スパークリングワイン)

キャベツ。

しめじ。
甘熟トマト鍋(カゴメ)とジャクリーヌ ブリュット(フランス・スパークリングワイン)

あと、じゃがいもに人参です。
甘熟トマト鍋(カゴメ)とジャクリーヌ ブリュット(フランス・スパークリングワイン)

今回用意した、スパークリングワイン。
甘熟トマト鍋(カゴメ)とジャクリーヌ ブリュット(フランス・スパークリングワイン)

フランスのジャクリーヌ ブリュット、白のスパークリング。
甘熟トマト鍋(カゴメ)とジャクリーヌ ブリュット(フランス・スパークリングワイン)

辛口さっぱりのドライ系で、濃厚系のトマト鍋ともぴったり。

あ、あと、肉系は鶏肉とソーセージが入ってます。
甘熟トマト鍋(カゴメ)とジャクリーヌ ブリュット(フランス・スパークリングワイン)

いただきます。
甘熟トマト鍋(カゴメ)とジャクリーヌ ブリュット(フランス・スパークリングワイン)

煮込みが少ないとちょっとあっさりし過ぎな感も、
長くコトコト煮込んでいると、ジャガイモなんぞは非常に旨い。
鶏肉もこうしてトマト煮になんてしてると、
フレンチっぽくなりますね。

最後にお楽しみのオムライス作るぞ!
甘熟トマト鍋(カゴメ)とジャクリーヌ ブリュット(フランス・スパークリングワイン)

で、これが完成品・・・・
甘熟トマト鍋(カゴメ)とジャクリーヌ ブリュット(フランス・スパークリングワイン)

んん~思ってたのと全然違う・・・
これじゃあ、トマトリゾットですね。
書いてたとおりの作り方でやったんやけどな~

最後は、いちごショートケーキで〆。
甘熟トマト鍋(カゴメ)とジャクリーヌ ブリュット(フランス・スパークリングワイン)

甘い物嫌いだが、生クリーム好きな私(^^)

スーパーでも市販されている変わり種の鍋スープっていっぱいありますよね。
冬は、そういうの買って、それをアテに飲むのが安上がりやし、
快適やと思いますよ。

↓お勧めリンク↓

水炊き料亭「博多華味鳥」のスープと素材をご家庭で楽しめるようセットに!【送料無料】
梅田で夕方早い時間からの飲み始め。
って、ビールは他でもう済ませてきたんですけどね(^^;)
以前に行った時にも、その安さと旨さで虜になった、
ワインの飲める、イタリアン・フレンチ系のお店。
立ち飲みワイン 赤白(KOHAKU)にやってきました。

立ち飲みワイン 赤白[KOHAKU](大阪梅田)

場所はヘップファイブの近く。
まさかこんな所に立ち呑み屋ができるなんてって思いましたね。

ワインメニュー。
立ち飲みワイン 赤白[KOHAKU](大阪梅田)

280円~780円まで様々な種類置いています。
って、私はいつも280円、380円のをチョイスしますけどね。
280円ワインからこの日もいただきます。

アテメニュー。
立ち飲みワイン 赤白[KOHAKU](大阪梅田)

380円の料理も多くて、バル系のお店も最近あちこち増えてきたが、
その中でもこの安さは突出しています。

3人で来ていたので、プレートメニューにしました。
立ち飲みワイン 赤白[KOHAKU](大阪梅田)

生ハムとサラミのおつまみプレート(580円)。
カマンベールチーズにボロニアソーセージもついてました。
しかし、この量でこの値段はあまりお得感ないな。
ただ、単に切って盛りつけただけやし、魅力ナシ。

なので、前にここに食べに来て気に入った品。
立ち飲みワイン 赤白[KOHAKU](大阪梅田)

プリプリの海老マヨ(380円)です。
ソースもハーフで選べたので、フレンチとイタリアン両方で。
この値段で4つありますからやっぱりお得。
それとソースはタルタルタイプより、バジルソースの方が美味しい。
揚げたてさっくりした海老とよく合います。

ビールが飲み足らなかったので。
立ち飲みワイン 赤白[KOHAKU](大阪梅田)

一番搾りが350円です。
ただ、グラスでこの量。
やっぱりこの店はワインだな。

凝った料理の方がここはいい。
立ち飲みワイン 赤白[KOHAKU](大阪梅田)

ってことで、オレキエッティ(680円)。
小だことにんにくの芽のトマト煮ソース。
耳たぶ型のパスタを使っており、さっぱりしたトマトソースとよく合う。
うん、これも美味しい。

泡とロゼもいただきましょう。
立ち飲みワイン 赤白[KOHAKU](大阪梅田)

これでグラス480円です。

うん、結構凝ったタイプの料理がお値段の割りに美味しい。
あまり色々と食べ過ぎるとお値段かさみますけど、
2人やと手打ちパスタ系を1つ、あともう1品ぐらいで頼むのがええかな。
うん、はしご酒の1店として非常に使いやすいですね。

住所:大阪市北区角田町5-1 梅田楽天地ビル1F
電話:06-6367-5089
営業時間:【平日】16:00~翌2:00【金・土・祝前】16:00~翌5:00
定休日:不定休、12月26日、12月31日、1月1日

↓お勧めリンク↓

関西関西名酒場 居酒屋、立ち飲み、バルまで関西ホントいい店/家飲み絶品お取り寄せ