関西のグルメを呑み食べ尽くし!

昼は天満市場の蒲鉾屋・・・それが夜になると、
その店頭に椅子をおいて、屋台風に変身するのだ。
「八尾蒲鉾店頭屋台」である。

yaokamaboko0.jpg

座席は8人も座ればいっぱい。
どんなに詰めても、10人が限界であろう。
1回、「いっぱいになれば後ろで立ち飲みでもよい?」って、
マスターに聞いたことがあるが、道路上になるから駄目とのこと。
暗黙の了解で、道路に簡易テーブルおいて営業してる店もあるが、
その点きっちりしている。

ここの一番の売りはなんと言ってもその焼酎の品揃えのよさ。
yaokamaboko1.jpg

どんなレアもの焼酎でも、550円の均一料金で飲ませてくれるところがすごい。
このあたり芋焼酎好きで銘柄をよく知ってる人間には、感嘆ものであろう。

食べるものは蒲鉾といっても、おでんとかに入る練り物と思ったらよい、
1回の注文で3種類以上を頼んで、その場で揚げてくれるのだ。
今回、平天、たこしそ(各150円)と柚子えび(200円)を注文。

あと揚がってくるまでのアテにと、魚そうめんと温泉卵(400円)を頼んだ。
yaokamaboko2.jpg

夏7月に行ったので、この魚そうめんのすっきりさは芋焼酎水割りに絶妙にマッチ!
ちゅるちゅる食べて、ぐびぐびと焼酎水割りが1杯なくなっていく(^^)

yaokamaboko3.jpg

でお待たせの、揚げ物だ!
やはり注文受けてから揚げるので時間がちっといる、10分くらい待ったか。
1種類に2つずつ、ついている。
一口かじると・・・へ?練り物って揚げたてってこんな歯ざわりでさくっと来て、
じゅわって味わいが広がるんやと、これまた感動の嵐!!

ここはある程度飲んできて、焼酎2杯くらい飲みつつ、揚げ物いただくって、
利用が最適でしょうな~
味、値段、雰囲気どれもが納得のいくお店です。

八尾蒲鉾店頭屋台
大阪市北区池田町6-17(天満市場北側)
06-6251-8546
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/2-8e4d236e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック