関西のグルメを呑み食べ尽くし!

JR環状線福島駅のガード下を歩いていると気になる文字が・・・
ん?生ビール190円ですと!!!
1軒目で普通に生中4~5杯飲む俺としてはこんなありがたい文字はない。
それも大好きなキリン1番搾り♪
ジョッキ500円やと2000円~2500円、それが1000円足らずで飲めるわけですからね。
そんな焼き鳥屋「りときや」を今回の1軒目使いとして利用しました。

焼き鳥 りときや

結構広めの店内。
会社帰りサラリーマンでごったがえしています。

190円ビールでかんぱーい♪
焼き鳥 りときや

もやしが付け出しでした。

メニューを拝見。こちらがお造りとスピードメニュー、焼き鳥串。
焼き鳥 りときや

串は1本の値段で書かれているが、3本単位での注文です。
これは2本にして欲しいところ。

他にも一品、鍋など種類が豊富。
焼き鳥 りときや

この規模の焼き鳥屋としてはすごい。
焼き鳥 りときや

揚げ物、鉄板焼きまであります。

まずは「きもお造り」(440円)。
焼き鳥 りときや

この値段で、この量は結構良心的。
ただ、ちょっと苦味が感じられたのが残念なところ。

大好物の「こころ」(1本130円)を塩で。
焼き鳥 りときや

これは、ええ感じで焼かれてはいるのだが、
素材自体として、この値段ではこんなもんかなってところ。

野菜も食べなきゃねって、玉ねぎ(1本120円)。
焼き鳥 りときや

なんこつ(1本160円)も塩で。
焼き鳥 りときや

普通になんこつだけでなく、その周りの身付きで出てきました。
ジューシーなのだが、何かが物足りない。

最後にあっさりと山芋たんざく(380円)で〆。
焼き鳥 りときや

ってまだまだ次の店行きますけどね(^^;)
けど、鶏のジューシーさの後にはこのぐらいがええです。

これだけ食べて、2人で合計ビール7杯飲んで、4000円ちょっと。
焼鳥の味は、まあまあ、ごく普通ですね。
生中の値段が魅力なだけと言えばそうです。
付け出しもついているので、生中をがばがば4,5杯飲む人間以外は、
あまり利用価値はないかなって思います。

住所:大阪市福島区福島6-1-26 OK一番街
電話:06-6452-5453
営業時間:17:00~24:00
定休日:日祝

りときや (焼鳥 / 野田、新福島)
★★★☆☆ 3.0

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/223-ff65aa13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック