関西のグルメを呑み食べ尽くし!

松山から高知の行程には、高速道路なんてもんはない。
まあ、一旦、瀬戸大橋方面まで戻って、高知道って経路はあるが、
高速代が馬鹿にならんくらいにかかります。
そのため、ずっと下道を通って、移動してきました。
3時間ぐらいかけて、高知のかわうそ道の駅に到着、
ここで少し休憩しましょう。

高知の名物デザートといえば、「アイスクリン」。
アイスクリーム類乳製品に比べ、乳固形分・乳脂肪分の割合が小さく、
氷菓に分類されます。
全体的にシャリシャリとしたシャーベット状の食感となるほか、
乳製品独特のコクがしつこくなく、あっさりとした味わいが楽しめる。
昔はアイスクリン(白)バナナ風味しかなかったのだが、今では、
抹茶・ゆず・あずき・いちご・メロン・みかん・ソーダ・チョコレート
などが加わりバラエティ豊か!

こういうさっぱり甘いものが運転の疲れを癒してくれます。
一番さっぱりしてそうな、ソーダにしました。220円。

アイスクリン&ごっくん馬路村

このシャキシャキ感がええですね~
またアイスクリームのように口の中に甘さが残らないのもいい。

そして、高知の名物果物と言えば、「ゆず」。
この「ゆず」を使った、ドリンク飲料がこれ。
「ごっくん馬路村」です。180mlで120円です。

アイスクリン&ごっくん馬路村

馬路村農協の方が、昭和63年に自分の子供や村の子どもに飲ますために、
開発したのが「ごっくん馬路村」だそうな。
おいしくないと子ども達が飲んでくれない、安全でないと飲ます気になれない。
そう考えて作られているだけに、原材料は「ゆず」に「はちみつ」だけ。
一切の添加物はありません。
それなのに、すっきりとした爽やかさを残している、旨さ。

またこの「ごっくん馬路村」をスポーツドリンクにした、
「すーぱーごっくん」ってのもあります。
ゆずとはちみつの自然の力で体力を回復っていいですね。


★「ごっくん」はもちろん通販でも買えます、ここが安い!★

高知は飲むもの、食べるもの・・・なんて魅力のある街なんでしょうか。

住所:高知県須崎市下分甲263-3
電話:0889-40-0004
営業時間:青空市:午前7時30分~午後6時30分
特産品販売所:夏 平日 午前9時~午後6時  祝祭日 午前9時~午後7時
冬 平日 午前9時~午後6時  祝祭日 午前9時~午後6時(季節により変動あり)
休館日:年中無休

道の駅 かわうその里すさき (レストラン(その他) / 土佐新荘駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/231-b5d47c6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック