関西のグルメを呑み食べ尽くし!

豚の生産で有名な「もくもくファーム」・・・
ここのレストランで食ったもんはどれもが旨かった・・・

農村料理のみせ「もくもく」の記事はこちら!

ここでなら、なんか買っても、絶対に旨いやろ~と、
レストランの前にある、ここのお店を利用しました。

もくもくファーム 焼豚

こちらは「焼豚」を店頭販売してるお店です。

こんな感じでショーケースに焼豚が並べられています。
もくもくファーム 焼豚

その日、ホテルで手軽に食えるもんとして、こっちをチョイスしました。
もくもくファーム 焼豚

「沖縄角煮」と「豚軟骨のやわらか煮込み」です。
これならば、レンジのあるホテル施設なら、チンして味わえますからね。

こちらが、「沖縄角煮」(100g 525円)。
もくもくファーム 焼豚

ビールをごくりといきつつ、こちらを摘む。
おおおおおおおおっ!!!!!!!
うめえええええ!!!!脂身が多くて、メタボ腹の俺には駄目な食い物であるが、
もうにゅるっとした脂身が最高に旨い。
こんなん好きやからぶくぶく太るんやろな~

「豚軟骨のやわらか煮込み」(100g 250円くらいやったか)。
もくもくファーム 焼豚

こちらもコリコリした軟骨に、その周りの肉が煮込まれており、
最高に旨い!!

この肉料理なら、赤ワインやね~
もくもくファーム 焼豚

イエロー・テイル(オーストラリア)です。
このワインはアメリカで非常に飲まれており、アメリカ市場での年間売り上げは
800万ケースを超え、世界では1,000万ケース以上という大変な規模を誇ります。

このイエロー・テイルの爆発的な人気を支えたのは、何と言っても「味」。
誰にでも好まれ、たっぷりとした果実味と確かな飲み応え、
それでいて気軽に購入できるリーズナブルな価格。
これも1000円でスーパーで購入しました。

味としてはミディアムボディです。
もくもくファーム 焼豚

いかにもオーストラリアらしいブルーベリーや、バイオレットリキュール
などのコンセントレイトされた香りがいい感じ。
ボルドー的な重みのあるカベルネではなく、むしろライトで爽やか、
華やかなフルーティーさを重視したタイプです。

あと、津市内のスーパーでこんなんも買いました。
もくもくファーム 焼豚

三重県伊勢志摩名産の「手こね寿司」です。
鰹や鮪などの赤身の魚を醤油を中心としたタレに漬け込んだ後、
寿司飯へと合わせて食べる郷土料理。
俺はあんまし美味しいとは思わないな~普通に海鮮丼にしたい。

あとは、「サーモンとチーズのトルティーヤ巻」。
もくもくファーム 焼豚

濃厚な肉料理の後やったんで、こういうさっぱりしたんが、
ええアクセントになりますね。
旨い、旨い(^^)

さーて酔っ払った、ゆっくり寝て旅を続けるぞい。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/295-9e03d9f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック