関西のグルメを呑み食べ尽くし!

本日の宿泊は高松市内、高松市内のビジネスホテルは安いとこが多いのがありがたい。
高松の夜を満喫するため、先に魚の食える店に行ったのだが不満足。
本格的に美味しい魚が食えるところっちゅうことで、
以前にも訪問したことのある、この店にやって来ました。
瀬戸内の魚を中心とした、ええ小料理屋「美人亭」である。

美人亭(香川高松)

土曜の夜7時なので、座敷の方は団体さんで大賑わいだ。
ただ、冷蔵ケースを見ると、まだまだ残っていてほっとする。

とりあえず生中でかんぱーい♪
美人亭(香川高松)

美人同伴でどうぞってことで、女性連れはおかみさんに大事にされます(^^)

ここにはメニューは全くない。
カウンターの上に置かれている一品物か、冷蔵ケースに入れられている魚を、
どのように調理するか、女将さんに指定するシステムである。

まずは大皿に盛られていた、「しゃこ」をいただくことに。
美人亭(香川高松)

これを自分で剥きつつ食べるのだが、
身のぷりぷり感が美味しいんよね~

刺身類は何がいいか、おかみさんに聞いたところ、
「ヒラメ」か「たいらぎ貝」がいいとのこと。

美人亭(香川高松)

「たいらぎ貝」をいただきました。
ぎゅっとレモンを搾っていただく。
貝の刺身は新鮮なのがあると必ずいただいております。
これも新鮮なのがよく分かる。

さーて、続いては煮付け!
これもおかみさんにおすすめを聞きました。
すると舌ヒラメ、この辺りでは「げた」というんですけど、
これが子持ちのええのがあるとのこと、勿論それに♪

出来上がり!
美人亭(香川高松)

かなり大きいのでしたね。
ここのは素材のよさを大事にするので、煮付け具合はあっさりと。
鯛の子とか好きな俺としては、玉子が美味しい~♪

春なので。。。
美人亭(香川高松)

やはり春を呼ぶ魚、鰆を塩焼きでいただきました。

このさっぱりした身は日本酒に合いますね。
あ、生中は1杯だけで、そっからはずっと熱燗にしとりました。
ここの料理は絶対日本酒!!

2人で生中各1杯、日本酒全部で4合飲んでこれだけ食べて、6000円弱。
以前より少し高めかなと思いましたが、
魚料理がどれもが美味しかったので満足♪
高松で海鮮物食うには、やっぱりここですね。

今回の旅のあらすじはこちら!

住所:高松市瓦町2-2-10
電話:087-861-0275
営業時間:17:00~22:00
定休日:日曜・祝日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/312-312799e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック