関西のグルメを呑み食べ尽くし!

十三には、かなりの数の立ち飲み屋がひしめいている。
中でも、ここは一番の人気店ではなかろうか。
立ち飲みなのにも関わらず、5,6人のグループでの訪問も多い店。
女性の姿もかなり多いのだ。
なぜ、この店がここまで人気なのか?
前にも行って気に入ってたので、また来ちゃいました。
沖縄料理の店、はながさである。

沖縄料理立ち飲み はながさ

ここの人気はなんといってもこれ!
沖縄料理立ち飲み はながさ

そう沖縄料理が、こんなお手軽値段で食えるんですよ。
なかなか、この値段で出している店も少ないであろう。

またドリンクメニューも・・・
沖縄料理立ち飲み はながさ

沖縄色がいっぱいです。

店内の様子。
沖縄料理立ち飲み はながさ

間口の広い、横にカウンターが長い、大バコ立ち飲みです。
デーブルも入って右側に2つ用意されていて、グループの場合こちらのようだが、
ここは絶えず、満杯みたいなので、開店と同時に入れないと、
なかなか無理ではなかろうか。

沖縄ビールと言えば?
沖縄料理立ち飲み はながさ

やっぱり「オリオンビール」ですね~♪

こちらがサービス品。
沖縄料理立ち飲み はながさ

イカ、キャベツ、きゅうりなどを和えた酢の物でした。
夏の一品としては、涼しげでええですね。

こちらはトーフチャンプル(320円)。
沖縄料理立ち飲み はながさ

ゴーヤチャンプルのゴーヤの代わりに豆腐が入っています。
このざっと揚げ色のついた、炒められた豆腐が美味。
オリオンビールに合いますね~

そしてグルクンの唐揚げ(480円)。
沖縄料理立ち飲み はながさ

沖縄の魚「グルクン」を唐揚げにしたものであるが、
もっと大きいのを予想していたが少し小さめ。
これなら、ガシラやカレイの唐揚げの方が好みかな。

イカスミ焼きそば(630円)。
沖縄料理立ち飲み はながさ

これが今回一番旨かった。
イカスミパスタも大好物でよく食べるのだが、
この味付け、炒め方はもう抜群!

この辺りでで泡盛ロックにスイッチ、それに合わせて、
三枚豚バラ肉煮込み(430円)をオーダ。
沖縄料理立ち飲み はながさ

豚の角煮ですな(^^)
やーっぱり、こういう味付けの濃いんが泡盛に合いますね~

で、もう一つ味が濃ゆそうなんと思い・・・
沖縄料理立ち飲み はながさ

メニューを見て、「チラガー」(380円)ってのがあったのだが、
これをピリ辛で頼んでみた。
なんやと思います?豚の顔(ツラ)の部分なんですって。
味わいや食感はほぼミミガーと一緒でした。

これだけ食べて、各々平均3杯飲んでも、
お支払いはワリカン2000円ちょっと。
この値段で本格沖縄料理は、いつも感心しますです。

住所:大阪市淀川区十三本町1-2-13
電話:06-6886-0006
営業時間:16:30~23:30
定休日:日曜日
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/340-0976a53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック