関西のグルメを呑み食べ尽くし!

冬場はどうしても鍋が多くなります。
前準備も野菜を切るだけって鍋が多くて簡単やし、
野菜もしっかりとれるし、栄養的にもバランスいいもんね。
ただ、いっつも水炊きでは、飽きがきます。
ちょうど、スパークリングワインも買ってきていたので、
今日は洋風の鍋にしましょうか、「トマト鍋」です。

まず前菜は「サーモンマリネ」。
スパークリング・ワイン「フランソワ・フッシェ ブリュット ブラン・ド・ブラン」(トマト鍋)

魚系が鍋の中に入りませんから、こういう生魚はちょうど、
食べ始めるにはええ感じです。

そして、IkEA(イケア)で買ってきたミートボール。
スパークリング・ワイン「フランソワ・フッシェ ブリュット ブラン・ド・ブラン」(トマト鍋)

マッシュポテトも脇に添えております。

アップ!
スパークリング・ワイン「フランソワ・フッシェ ブリュット ブラン・ド・ブラン」(トマト鍋)

スウェーデンではよく食べられているらしいですが、
冷凍品にしては、結構ジューシーなお味でした。

さーて、メインの鍋の具材は?
スパークリング・ワイン「フランソワ・フッシェ ブリュット ブラン・ド・ブラン」(トマト鍋)

豚肉、鶏肉のミックスに、ソーセージ、ブロッコリ、しめじです。

あと、野菜もたっぷり獲りましょう。
スパークリング・ワイン「フランソワ・フッシェ ブリュット ブラン・ド・ブラン」(トマト鍋)

キャベツに、もやし。

出来上がり!
スパークリング・ワイン「フランソワ・フッシェ ブリュット ブラン・ド・ブラン」(トマト鍋)

スープは出来合いのものでなく、きちんとホールトマトから作っています。
寒い冬場に体を燃焼させるため、にんにくもたっぷりです♪

こんな感じ。
スパークリング・ワイン「フランソワ・フッシェ ブリュット ブラン・ド・ブラン」(トマト鍋)

ただ、ちょっと煮込みが少ないと具材がさっぱりしてたので、
タバスコをさらに加えてやるとええ感じになりました。


ファミリー居酒屋奥薗ごはん

そして、ビールの後には、このスパークリング・ワイン。
スパークリング・ワイン「フランソワ・フッシェ ブリュット ブラン・ド・ブラン」(トマト鍋)

西友で600円台で売られていたスパークリングです。
「フランソワ・フッシェ ブリュット ブラン・ド・ブラン」
飲んでみた感じは、さらっとドライな感じ。
ビールでもアサヒ・スーパードライよりキリン・ラガーがお好みな私には、
これはちょっとイマイチだったかな。

ここ最近の円高で、洋酒、ワインはお手頃値段になりつつあります。
800円だせば、そこそこええ、フルボトル飲めますからね。
外で飲むと、その円高還元しとるとこって少ないですから、
今、ワインは家で呑むのが絶対お得ですよ。
洋風の美味しい料理をお取り寄せグルメでもすれば、
家の食卓も非常に彩ると思います。

↓お勧めリンク↓

できる男の手づくり居酒屋料理
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/390-94d56a03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック