関西のグルメを呑み食べ尽くし!

微発泡の低アルコール日本酒として、真っ先に思い浮かぶのは、
一ノ蔵の「すず音」ですよね。
「すず音」の記事はこちら!

美味しくて、女性受けしやすいお酒です。
しかし、結構お値段は高い・・・
店で飲んだりすると、軽く1本1000円超えるようなとこもあります。

灘の大手蔵元「大関」も微発泡日本酒を扱っているのだ。
250mlで367円というお値段で、スーパーで売られています。
この値段ならばお試ししてみましょうか。
「花泡香」という名前でした。

微発泡日本酒 花泡香(大関)

その名前どおり、花をイメージしたピンク色の瓶。
「女性たちが造ったカフェで飲みたいお酒」がコンセプト。
このデザインは、女性心をくすぐると思います。

そんなさっぱり微炭酸日本酒に合わせたアテは?
微発泡日本酒 花泡香(大関)

まずは「アジの南蛮漬け」
酢を多めに、かなりすっぱめに味付けしました。
私は海鮮好きなので、いろんな魚食べてきておりますが、
鰺が一番、値段と味のCP値が高いと思いますね。
なので、よく家での食卓で使っています。

ゴーヤチャンプル。
微発泡日本酒 花泡香(大関)

ゴーヤの苦みもまた今回の日本酒のアテにはぴったりでしょう。

子持ちカレイ煮付け。
微発泡日本酒 花泡香(大関)

こちらの煮付け具合はあっさりと。
濃い醤油色の強い煮汁は今回の日本酒には合いませんからね。

魚の卵は大好物です♪
微発泡日本酒 花泡香(大関)

いくら、明太子、数の子・・・
卵たっぷり持ったししゃももええなあ~

で、飲んでみた印象はすっきりさっぱり。
さすがのアルコール度数6%の軽さですね。
なので、ソースの濃い~料理なんてもんは合いません。
上記のような和系の料理で合わせましょう。
ただ、やはり「すず音」の出来には敵わないか・・・
値段が違いますから仕方ないですけどね。

↓こちらのすず音をぜひとも買いたいです!↓

「すず音」の限定バージョン!一ノ蔵 花めくすず音
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/429-431b3e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック