関西のグルメを呑み食べ尽くし!

またまた、今回もワイン・・・
最近非常に、家呑みではワイン比率が高まってきました。
冬は熱燗ができる日本酒が多かったんですけどね。
夏は赤ワインでもきりりと冷やしたのが飲みたいです。
今回のこの赤ワインも、常温が常識ですが、相当冷やしました。
「カベルネソーヴィニオン・ヴァンドペイドッグ」です。
イオンで650円で売っていた、激安部類の赤ワインです。

カベルネソーヴィニオン・ヴァンドペイドッグ(フランス)赤ワイン

カベルネソーヴィニオン・ヴァンドペイドッグ(フランス)赤ワイン

まずは「かつおのたたき」。
カベルネソーヴィニオン・ヴァンドペイドッグ(フランス)赤ワイン

刺身系はやっぱり白ワインに合わすイメージですが、この魚だけは違いますね。
葱を大量にぶっかけ、おろしにんにくをまぶすとその味は濃厚。
このフルボディの赤でも充分に受け止めてくれます。

そしてやっぱり肉料理♪
カベルネソーヴィニオン・ヴァンドペイドッグ(フランス)赤ワイン

鉄板焼きです。(焼肉とも言う・・・)
用意した肉は、和牛でもヒレの部分と鹿児島産黒毛和牛のロースを購入。
あとは鶏軟骨付近の塩焼きとウィンナー、厚揚げを用意。

やっぱり旨いのはこのお肉。
カベルネソーヴィニオン・ヴァンドペイドッグ(フランス)赤ワイン

サシがしっかり入った鹿児島産黒毛和牛は赤身と脂のマッチングが絶妙。
ほんの少し塩だけでいただくのが最高です。

今回の赤ワインですが、さすがのフルボディでズシンと重厚さが伝わってきます。
今回のアテでは、このワインでも大丈夫でしたが、
もし魚系やサラダなどのさっぱりした料理では合わないでしょう。
最近、赤ワインに凝っておりますが、白ばっかりの時より、
料理に幅ができるチョイスができるようになったなと思います。

↓お勧めリンク↓

旨安ワイン総集編絶対的本物の旨安ワイン極めつけのおすすめ30本
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/440-f45cf71b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック