関西のグルメを呑み食べ尽くし!

「食欲の秋」のイメージもあるのか、
飲み食い物の秋限定バージョンって、結構見かける気がします。
まあ、日本人としては、米の収穫時期ですから、
米にあわせて、おかずの種類がいっぱいあると満足♪
その美味しい白米が大好きな、わたくしめです。
(ってそこから作られるお酒も含めてなんですけどね^^;)

で、今回の酎ハイ、「-196℃ こだわり果樹園〈秋梨〉」です。
-196℃ こだわり果樹園〈秋梨〉(サントリー)

サントリーが出しています。
酎ハイをなにしら飲む確率的にはサントリーが圧倒的。
どうしてだろ?パッケージが非常に惹かれるのが多いのかな。

今回はまず、こんなのから始めました。
-196℃ こだわり果樹園〈秋梨〉(サントリー)

麻婆茄子丼。
まあ、素から作ってるので、全く凝ってないです。
しかし、辛味とコクがどうしても足りないので、
豆板醤と黒酢でそれを補ってます。
こんな感じで、調味料一つで既製品でもええ味になりますよ♪

そしてたこ焼き~
-196℃ こだわり果樹園〈秋梨〉(サントリー)

久しぶりにやりました。
具材はタコの他に、チーズ、コーン、ツナを用意。
コーンとチーズのミックスがなかなかよかったです。
ま、しかし、結局はタコが一番旨いんですけどね。

自身の好みは、ドロソース塗って、葱を大量がけ。
-196℃ こだわり果樹園〈秋梨〉(サントリー)

ビールや、甘くない酎ハイ系によく合います。
今回、果汁たっぷりの甘い系やったので相性はイマイチ。

で、最後はほっこりとこんなの。
-196℃ こだわり果樹園〈秋梨〉(サントリー)

前日にやった「てっちり鍋」の煮た野菜が余ったので、
椎茸を加えて、ごった煮にしてみました。
前日のふぐ風味がついていて、これ見た目と裏腹に相当旨いですよ。

今回の酎ハイですが、栃木県・横山果樹園で収穫された、
人気の品種「幸水」を使用しています。
あの梨をかじった時のしゃりっと感を出しているんだそうな。
それは確かに納得ですね。
しかし、このアルコール度数クラスだと、自身には甘すぎる・・・
最近は7%以上でないと酎ハイは満足でけへんようになりましたね。

↓お勧めリンク↓

平野寿将流男のビストロおつまみ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/485-f7fcf8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック