関西のグルメを呑み食べ尽くし!

前回、このシリーズのドイツタイプを飲んで、
その出来のよさに、次回も出たら購入しようと決意しておりました。
アサヒ 世界ビール紀行「ドイツ メルツェンタイプ」の記事はこちら!

その第二弾はベルギービール。
エールビールはコクを感じられるので、ドライなタイプが好みでない私には、
この登場は非常に楽しみにしておりました。
アサヒ 世界ビール紀行 ベルジャンエールタイプです。

世界ビール紀行 ベルジャンエールタイプ(アサヒビール)

お値段は、プレミアムビールと同じ値段帯。
大体、350ml缶で、230円前後ぐらいでしょうか。

その日の晩酌はこんな感じで。
世界ビール紀行 ベルジャンエールタイプ(アサヒビール)

鶏の鉄板焼きにしました。
鶏もも肉に、鶏軟骨、砂肝の3種類に、ニラ、もやしを用意。

焼き鳥はタレよりも塩を好む私なので、味付けは塩胡椒のみ。
世界ビール紀行 ベルジャンエールタイプ(アサヒビール)

この3種類の中では、砂肝が一番旨かったですね。
焼き鳥屋さんで食べるのと比較しても遜色ありません。

最後の仕上げの〆は焼きうどん。
世界ビール紀行 ベルジャンエールタイプ(アサヒビール)

味付けはビールに合うように、ソースはどろソースを使用。
辛いもの好きの私の家では、こういう粉もん系用に、
どろソースが常備されております。

今回のビールは、ベルギービールをイメージ。
上面発酵酵母を使っており、華やかで豊かな香りが特徴とのこと。
アルコール度数は6.5%と少し高めで、コクと飲みごたえがある
プレミアムビールという謳い文句だ。

飲んでみて・・・そのコクに納得、なんて深みのあるビールなんでしょうか!
アルコール度数の高さも、低アルコールでは酔えない私に絶好である。
日本のプレミアム系ビールよりも、私は絶対こっちをチョイスします。
(って、これもアサヒビールですね・・・^^;)
ただ、今回の鉄板焼きには少々合わなかったような気がします。
こういう焼肉系にはドライタイプのほうがいい。
逆にええなと思うのは、出汁風味のある和食の方がよさげだ。
特に今からの季節なら、鍋と合わすのが最適なビールだと思う。

アサヒビールさん、このシリーズ続けられるのかな?
私は是非とも出して欲しいと思いますね。
特に、メキシコ「コロナ」系の味を飲んでみたいな(^^)

↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/510-e1832a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック