関西のグルメを呑み食べ尽くし!

私がまだ夜勤で仕事をしていた頃・・・
その明け休みによく利用していたお店が新世界にある。
今回、ちょっとゆっくり座ってじっくりしゃべりたい同行者であったので、
天王寺におりましたが、こちらのお店まで移動。
新世界のキンキラ串かつとは対照的なお店「酒の穴」である。

酒の穴(大阪新世界恵美須町)大衆酒場

裏通りにありますので、あまり観光客は来ませんね。
地元、常連客がほとんどである。

店内の様子。
酒の穴(大阪新世界恵美須町)大衆酒場

ぐるりとカウンターのみ。
しかし、この店のよさを分かっている常連は非常に多い。
早い時間から、いつも満杯状態だ。
座って、しみじみ落ち着いて飲めるもんな~

メニュー、ドリンクと串かつ。
酒の穴(大阪新世界恵美須町)大衆酒場

立ち飲みではないんで、若干そういう店と比較すると高いか。
しかし、座りで長居できる店であるから、その点差し引かないとですね。

メニュー、続き。
酒の穴(大阪新世界恵美須町)大衆酒場

一品ものも非常に揃っているし、お好み焼きまであります。
この品数の多さもこの店の魅力。

生中(450円)を注文。
酒の穴(大阪新世界恵美須町)大衆酒場

昔ながらの中ジョッキ。
やっぱりこのぐらいの大きさやないと、ビール飲んだ気しないですね。

串かつを注文。
酒の穴(大阪新世界恵美須町)大衆酒場

牛串(80円)、いわし(100円)にチーズ(100円)です。
ここは2度づけ禁止のソースではありません。
卓上にある2種類のソースをかける方式。
このソースがあまり工夫感がないですね。
この点、この地域、他の串かつ専門店に行ったほうがええです。

こちらが同行者の串かつ。
酒の穴(大阪新世界恵美須町)大衆酒場

鶏唐揚げ(100円)と青とう(80円)が加わっています。
この鶏唐揚げが非常にジューシーそうで美味しそうでした。

さらに生中飲んだ後は酎ハイライム(280円)に。
酒の穴(大阪新世界恵美須町)大衆酒場

ただ、これは炭酸抜けまくりで全然ダメ。
あとはまた再びビールに戻しました。

最後の〆はいつもの八宝菜(200円)。
酒の穴(大阪新世界恵美須町)大衆酒場

さんざん飲んだ後にほっこりできる味なんですね~
味は化学調味料たっぷりの昔ながらの味なんですけど、
なんかホッとします。

色々しゃべっていたら、なんと滞在時間は4時間!!
しかし、この店ってそういう雰囲気なんですよね。
食べるものあまり食べずに、生中5杯、酎ハイ1杯、
芋水割り1杯も飲めばへべれけ。
楽しい夜を過ごさせてもらいました。

住所:大阪市浪速区恵美須東2-4-21
電話:06-6631-1845
営業時間:【酒処】10:00~21:00【お好み焼】10:00~21:00
定休日:酒処・木曜日/お好み焼き・金曜日

↓お勧めリンク↓

わが家で居酒屋つまみ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/586-ca986753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック