関西のグルメを呑み食べ尽くし!

大阪地下鉄フリーきっぷ、はしご昼酒7軒目。
(ジャンカラ含めれば8軒目)
本日最後のお店となりました。
2時間ジャンカラで歌ったのはええが、あまりお腹の満腹感は減らず、
呑むのもそこそこでええ感じ。
あまり泥酔もしていなかったので、ターゲットをこちらの店に。
本来ならば1人で呑みたい店なんですけど、
同行者にもこの店の雰囲気を味わってもらいたいと思いまして。
「虎徹」にやって来ました。

独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

こちらのお店、2人まででの入店制限があります。
3人以上のグループ団体はお断りの店。
なので、一見お断りのような店構え。
全く中の様子が見えず、隠れ家ちっくになっています。

その店内。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

今回ちょうど入り口そばの2人立ちテーブルが空いてました。
あとは逆L字の立ちカウンターのみ。
BGMも全くもってなく、めちゃめちゃ静かな店内です。
なので、酔っ払うと声がでかくなる私は、
ここへ来るのは躊躇しますね。

ドリンクメニュー。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

まあ、基本、日本酒、焼酎を飲む店やと思って下さい。
このメニュー以外にも、いくつか銘柄揃えておられます。

頼んだのは大虎(600円)と、チェイサー代わりに酎ハイ(350円)。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

山形の大辛口純米酒です。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

精米歩合が70%、日本酒度が+10度なんで、さほどの辛さはなく、
ちょっと粗めの純米酒やなって印象。
あまり私の好みではなかったな。

壁のメニュー。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

うん、これなんですね~
このいかにも日本酒に合いそうなアテの数々。
あまりもう食えない状態やったんで、どれ頼むか非常に迷いました。

そんな中、これ。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

鯛わたの塩辛(350円)。
こういう魚の内臓系つまみと言えば、酒盗が有名ですよね。
鰹ではなく、鯛でどんな味になるんやろ?と興味があったのと、
お腹いっぱいの私には、こういうのちびちびやりながら、
日本酒飲むのがちょうどいい。
味わいとしては、まあ、鰹の酒盗とはあまり変わらない感じ。

もう一品。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

新じゃがと豚ミンチの和風煮(350円)
この店、丑寅とは姉妹店になるんですけど、
こちらの系列店ではなんと言っても煮物!!
大阪裏なんば「丑寅」の記事はこちら!

その煮付け具合が、薄味好きな私にはちょうどいい。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

じゃがいものほくほくした新鮮さが、ダイレクトに伝わってきます。

やっぱり雰囲気ええよね~
しかし、今回2人で来たが、1人の方が似合う店。
またミナミでの呑みで、先に一人でって時に利用するでしょう。

これにて今回のはしご酒も終了。
こんな感じであちこち巡っておりますので、
もし興味がある方おられましたら、ご一緒してくださいね。
bkyugourmet@yahoo.co.jp
メールくださいまし(^^)

住所:大阪市中央区千日前2-3-1
電話:非公開
営業時間:17:00~23:00
定休日:日曜・月曜 + 不定休
↓お勧めリンク↓

割烹うまいもん 酒菜、酒肴、旬菜いろいろ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurume69.blog84.fc2.com/tb.php/683-88459420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック